資金のいらない商売10選!自己資金なしでできるビジネスモデルと稼ぎ方

貯蓄がない場合、事業に必要な資金を準備する必要があるため、スタートするまでに時間がかかります。また、貯蓄があっても、事業が失敗したときのリスクを考えると、なかなか一歩を踏み出せないかもしれません。

そのため、資金を必要としないビジネスで儲ける方法はないだろうか…とお考えの方も多いのではないでしょうか?できれば資金がなくても稼げる方法から始めたい!というのが本音でしょう。この記事では、資金が不要なビジネス10選と、資金なしで稼ぐ方法について解説しています。

目次

資金のいらない商売・ビジネスとは

資金不要のビジネスとは、資金がなくても始められ、世の中にサービスや商品を提供することでお金を稼ぐことができるビジネスです。そして、資金の出費がゼロか最小限で済み、借り入れを必要としないビジネスです。

例えば、自分の得意なことを人に教えたり、経営コンサルティングを行ったりすることが、資金を必要としないビジネスの例でしょう。自分のスキルや知識で運営できるため、設備や店舗、人材などの投資コストがかからないことが多いです。

最近では、インターネットを利用して、資金ゼロでビジネスを始める人も増えています。インターネットを利用する場合、パソコンや携帯電話などの通信設備は必要です。しかし、高価な道具や材料、店舗、人材などは必要ない場合が多く、最小限の資金で始められるのが魅力のビジネスです。

資資金のいらない商売・ビジネス10選

現在、企業の案件を紹介するクラウドソーシングサービスは様々なものがあります。パソコンとインターネット環境さえあれば、ほぼ無資金で簡単にビジネスを始めることができます。ここでは、パソコン1台と最小限の資金で始められる仕事をご紹介します。

  • Webライター
  • ビデオエディター
  • イラストレーター
  • フォトグラファー
  • ブロガー
  • プログラマー
  • コンサルタント
  • オンライン製品販売
  • 講師
  • ウェブマーケター

Webライター

Webライターとは、Webサイトに記事を提供するビジネスで、パソコン1台で始められます。
Webライターは、企業や個人からさまざまな仕事を請け負うことができます。受注する仕事の大半は、Webサイトに掲載する記事の執筆です。

SEOライティング、セールスライティング、シナリオライティング、インタビューライティングなど、Webライティングにはさまざまなジャンルがあります。あらゆるジャンルの記事を書く機会があるため、文章力だけでなく、知らないことに興味を持ち、調べる力が必要なビジネスです。

ビデオエディター

映像編集者は、コンピュータのソフトを使って、クライアントの希望に沿った映像をカットしたり、つなぎ合わせたりする仕事です。

パソコンとビデオ編集ソフトがあれば始められます。ビデオ編集ソフトは無料のものもあります。パソコンが1台あれば、お金をかけずにビジネスを始めることができます。一方、動画編集用のパソコンは、容量が大きい、処理速度が速いなど、それなりのスペックが必要です。

そのため、動画編集ビジネスを始める前に、現在所有しているパソコンが動画編集に対応しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

イラストレーター

イラストレーターは、Webサイトやゲーム、雑誌などに掲載するイラストを制作する仕事です。
お客さんの要望に応じてイラストを作成し、納品することで収入を得ることができます。パソコンと無料のイラスト作成ソフトがあれば、資金不要で独立開業も可能です。イラストレーターの活躍の場は、さまざまなイラスト媒体です。

例えば、医療や医学の情報をわかりやすく描くメディカルイラストレーターや、スマートフォンやパソコンの壁紙を制作するイラストレーターがいます。イラストレーターとして活躍するためには、色彩感覚や造形感覚が重要になります。

フォトグラファー

フォトグラファーとは、写真を職業とする人の総称です。

最近では、ストックフォトサイトに写真を投稿して収入を得ているフォトグラファーもいます。ストックフォトサイトに投稿された写真はストックフォトと呼ばれ、1枚ダウンロードされるごとに数円から数十円の報酬が支払われます。カメラマンを無料で始めるなら、ストックフォトはおすすめです。ただし、写真のクオリティはカメラの性能にも左右されます。

カメラマンとして稼げる金額を増やしたいのであれば、仕事に適したカメラを購入することも必要です。そして、高画質な写真を撮ることができれば、高単価な収入も期待できますよ。

ブロガー

ブロガーは、自分のブログに広告を掲載し、広告収入を得るビジネスです。

無料ブログなら、パソコンが1台しかなくても稼ぐことができます。ただし、無料ブログは運営会社の規定で広告の掲載に制限があります。そのため、ブロガーとして本格的に稼ぎたいのであれば、自分で所有できるホームページを構築することをおすすめします。

WordPressなどのサービスを利用すれば、月額1,000円~2,000円のサーバー代、年間1,000円~2,000円のドメイン代で自分のホームページを構築することが可能です。ブログをビジネスにするためには、ブログを読んでくれる人を増やす必要があります。

そのため、収入を得られるようになるまで書き続ける根気強さが必要です。また、SEO対策などのWebマーケティングの知識や文章力も必要です。

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を使ってコンピュータを動かし、システムやソフトウェアを作る専門家です。

現在、あらゆる業界でコンピュータシステムやソフトウェアを使って業務を行っているため、プログラマーの需要は高いです。プログラマーは、パソコン1台で始められるビジネスです。

しかし、専門的で高度な知識や技術が必要なため、初心者が始めるには少々ハードルが高いです。そのため、初心者がプログラマーになるためには、まず勉強をする必要があります。無料で基礎から学べるサイトもあるので、お金をかけずにプログラマを始めたい方は、一度試してみることをおすすめします。

コンサルタント

コンサルタントとは、顧客の問題を解決するためにコンサルティングを行うビジネスのことです。一般的には、企業の経営改善や業務効率化を提案するのがコンサルタントです。

自分一人だけで運営できるため、資金を必要としないビジネスでしょう。ただし、実際には顧客のデータを管理したり、資料を作成したりするためにパソコンが必要になります。

例えば、経営コンサルタントは、企業の経営戦略や資金繰りなどのコンサルティングを行う仕事です。そのため、経営に関する深い知識と卓越したプレゼンテーション能力が必要とされます。また、IT、人事、事業再生など、コンサルタントの関わる領域は多岐にわたります。

インターネット物販

インターネット物販とは、インターネット上で商品を販売するビジネスです。

一般的には、実店舗やインターネット上で購入した商品を仕入れ値よりも高く販売し、その差額を利益とします。できるだけ少ない資金でネット物販を始めたい場合は、家にある不用品や修理したジャンク品、自分で作ったオリジナル商品などを販売すると良いでしょう。

しかし、ネット物販で本格的に稼ごうとすると、大量の商品を仕入れ、在庫を管理する必要があります。また、オリジナル商品を販売し続けるためには、材料費も多く必要になります。集客のためのマーケティングの知識も欠かせません。

講師ビジネス

講師ビジネスは、自分の知識やスキルをお客さんに教えることで収入を得るビジネスです。

本業や趣味で培った知識やスキルを活かせるので、新たに何かを学ぶ必要はありません。また、道具や材料も必要ないため、ほとんどコストをかけずにビジネスを行うことができます。最近ではビデオチャットの普及により、全国どこにいても家庭教師として働くことができます。

また、インターネットを介して家庭教師と生徒をマッチングさせるサービスもあります。ただし、マッチングサイトで家庭教師として働くには、実名と顔写真を登録する必要があります。会社にバレずに副業を始めたい人にとっては、リスクが高いビジネスかもしれません。

Webマーケッター

Webマーケターとは、企業サイトやオウンドメディア、メルマガ、チャット、SNSなど、インターネット上で展開するマーケティング全般に携わる人のことです。

パソコン1台で取り組むことができ、資金も必要ないビジネスです。マーケティングとは、企業の商品やサービスの販売を促進する活動です。そのため、Webマーケッターは市場調査や広告宣伝にも携わることになります。インターネット上での人々の行動パターンを分析し、商品やサービスを購入する顧客の心理を考察することが求められます。

マーケティングに必要な知識は多岐にわたるため、初心者から始めると十分に稼げない可能性があります。まずは本を読んで、Webマーケティングの知識を深めることから始めてみてはいかがでしょうか。あるいは、Webマーケティングスクールで体系的に学ぶのもおすすめです。

資金のいらない商売で起業するメリット

資金ゼロで起業するメリットはいくつかあります。

  • すぐにでもスタートできる
  • 自分の得意な分野で仕事ができる
  • やり直しがしやすい

資金ゼロで起業すると、資金調達の必要がないため、すぐに事業を開始することができます。また、自分の好きなように仕事ができ、仮に失敗しても心理的負担が少なく、再出発がしやすいというメリットがあります。

それぞれのメリットについては、以下の項目で詳しく解説していますので、参考にしてください。

すぐにでも始められる

起業には初期投資が必要ないため、すぐに事業を開始することができます。
また、リスクなくビジネスを経験することができます。

お金をかけずに始めて、稼げるようになってから投資を検討することも可能です。

自分の得意な分野で仕事ができる

資金を必要としないビジネスの場合、仕事の内容やジャンルを自分で決められるので、自分の好きな働き方を実践しやすくなります。また、需要のあるスキルを持っていれば、それを活かして仕事を獲得しやすくなります。

多くの企業では、仕事の時間配分をある程度自由に決められるので、自分のライフスタイルに合わせて仕事のペースを調整しやすい。

再出発がしやすい

資本金0円での起業は、たとえ失敗してもダメージが少なく、再出発がしやすいという特徴があります。失敗がつきもののビジネスの世界では、これは大きなメリットと言えるでしょう。

借金をする必要がないため、成功が難しいと判断したら、すぐに撤退して別のことを始められます。失敗を恐れる必要がないため、再発明が容易であることは、経験の浅いビジネスパーソンにとって心理的負担を軽減するでしょう。

資金のいらない商売で起業するデメリット

資金ゼロで起業するデメリットとして、価格競争に巻き込まれやすく、利益が出にくいことが挙げられます。ビジネスは、ハイリスク・ハイリターンだけでなく、ローリスク・ローリターンとも言われています。資金がゼロだとリスクがゼロなので、参入障壁が低く、価格競争に巻き込まれやすいことがあります。

また、投資できないので、稼げるようになるまでに時間がかかり、利益率も低くなります。

以下では、資本金ゼロで起業するデメリットを詳しく解説します。

価格競争に巻き込まれやすい

誰でも始められる参入障壁の低いビジネスは、ライバルが多いため価格競争に巻き込まれやすい傾向にあります。
価格競争の結果、製品やサービスの単価が低くなり、利益が出なくなる可能性があります。

価格競争に巻き込まれずに高単価の製品やサービスを買ってもらうためには、他社にない特徴や能力で差別化する必要があります。自分の強みをアピールし、自分にしかできない仕事を請け負うのが良いのではないでしょうか。

お金を稼ぐのが難しい

資金がゼロのビジネスは、儲かり始めるまでに時間がかかるので、儲けるのは難しいでしょう。これは、集客や投資が難しいからです。

広告費にお金をかけられないので、商品やサービスを知ってもらうためには、知人やSNSに頼らざるを得ません。また、設備や人材にお金をかけられないので、経理や書類管理は自分でやらなければなりません。伝票整理や請求書の送付など、ビジネス以外の仕事もしなければならないので、稼ぐための時間が少なくなってしまうのです。

資金のいらない商売で収入を増やす方法

資金を必要としないビジネスで収入を増やす方法を紹介します。

  • 高い目標を設定する
  • 教材を販売する
  • 自分のスキルを伸ばす


資金を必要としないビジネスはローリスク・ローリターンで稼ぎにくいですが、全く稼げないというわけではありません。下記にてそれぞれ詳しく解説します。

目標金額を高く設定する

ビジネスで稼ぐための目標金額を高く設定することで、稼ぐためのモチベーションを高めることができます。目標金額を考える際は、時給に換算して考えることをおすすめします。

例えば、フリーランスとして年収600万円を稼ぎたい場合、以下のように時給に換算してみましょう。

目標金額を時給に換算する

600万円÷12ヶ月=50万円/月
50万円÷25日=2万円/日(月25日稼動とした場合)
2万円÷8時間=2,500円/時間(1日8時間稼動とした場合)

上記を時間給に換算することで、目標達成のために製品やサービスの単価としていくら設定すればよいかがわかりやすくなります。

また、業務の効率化にも有効で、1つの製品やサービスをどのように完成させるか、より計画的に進めることができます。

教材を販売する

自分のスキルや知識を盛り込んだ教材を作成し、販売することも収入を増やす方法の一つです。

教材を作れば、多くの人が購入してくれるので、働かなくても収入を増やすことができます。最近では、Amazonの電子書籍や有料noteを利用すれば、自分の専門知識を文章化した商品を簡単に作成することができます。

また、動画教材を作るにはUdemyを利用するのも一つの手です。

スキルを身につける

ライバルに差をつける、あるいは競合が少ない分野で活躍できるようなスキルを身につけるのもおすすめです。あるいは、ある程度の収入が見込める業種で起業するのも良いでしょう。例えば、Webマーケターは、パソコン1台とインターネット環境があれば始められるビジネスです。

まとめ|資金のいらない商売は初心者におすすめ

本記事では資金のいらない商売・ビジネスについて紹介しました。企業や独立、フリーランスを目指す場合、リスクは最小限に抑えたいものです。この記事で紹介した商売やビジネスを参考に、スモールスタートから始めてみましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる