【2022年最新】給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事とは?探し方も

近年、ライフスタイルは多様化し、一昔前のような成功志向のライフスタイルはやや薄れつつある。自由な時間がたくさん欲しい」「給料が安くてもいいから、とにかく精神的に楽な仕事がしたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、給料が安くても精神的に楽な仕事について解説していきます。具体的な仕事の種類を紹介するだけでなく、仕事を見つけるための手順や方法についても解説していきます。

目次

給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事の特徴・条件とは?

給料が安いけど精神的に楽な仕事には、いくつかの特徴や条件があります。ここでは、これらの特徴や条件について、4つのテーマで解説していきます。

1.人間関係の負担が少ない


人間関係の負担が少ないほど、精神的に楽な仕事といえます。近年普及しているリモートワークも、他人と適度な距離を保つことができるため、精神的に楽とされています。

人間関係の負担は、仕事をする上で重要な要素です。厚生労働省の「平成20年度労働安全衛生調査結果の概要」によると、全体の54.2%が「ストレスの原因となる事項がある」と回答しています。

そのうち、「対人関係(セクハラ、パワハラを含む)」が27.0%、「顧客、取引先等からの苦情」が18.9%と、人間関係でストレスを感じている労働者が多いことがわかります。

2.ルーティンワークが多い

ルーティンワークが多い仕事は、精神的な負担が少ないと言われています。例えば、常に新しいことにチャレンジする仕事は新鮮ですが、人によっては精神的な負担になることもあります。

決められた作業を決められた方法で行う」ルーティンワークは、大きな失敗や挫折が起こりにくいため、精神的に楽だと言われています。

3.責任の少ない仕事

責任の少ない仕事も、精神的に負担が少ないと言われています。前述の厚生労働省の調査によると、「仕事での失敗や責任」が大きなストレスになっていると回答した人は35.0%にものぼります。

例えば、管理職は大きな責任を任され、仕事に対するモチベーションが高い反面、精神的な負担も大きいようです。責任の少ない仕事は、給料が高くなりにくいというデメリットがありますが、その分、仕事の自由度も高いようです。

4.スキルや専門的な資格が必要ない

精神的に楽な仕事の条件として、特定のスキルや専門的な資格が必要でないことが挙げられます。高度なスキルや専門的な資格が必要な仕事は、高いパフォーマンスを求められ、責任も大きいため、精神的に圧迫されがちです。

資格を必要としない仕事は、給料が安くても精神的に楽な場合があります。

給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事11選

ここまでは、給料が安くても精神的に楽な仕事の特徴や条件について確認してきました。ここからは、実際に楽な仕事について紹介していきます。仕事内容や精神的に楽な理由などを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1.事務職(クラーク)

事務職の特徴
事務職のなりやすさ 〇
リモートワーク可能
平均年収 300万円~500万円
資格 特になし
事務職は、会社の書類作成や電話応対、備品の発注など、会社の事務的な仕事を幅広く行います。

お客様対応など、ある程度人と接することもありますが、ほとんどの仕事は手作業で処理することができます。ルーティンワークが多いので、精神的に楽な仕事といえるでしょう。

2.受付・秘書

受付・秘書
受付のなりやすさ ◯
リモートワーク一部可能。
平均年収 300万円~400万円
資格 なし

受付は、オフィスの入口で接客をする仕事です。また、秘書は社長やマネージャーなどの役員をサポートし、働きやすい環境を整えるのが仕事です。どちらもある程度人と接することが必要な仕事ですが、ルーティンワークが多いのが特徴です。就職に際して特別なスキルは必要ないこともポイントです。

3.営業事務・販売代理店

営業担当者になりやすさ ◎
リモートワーク不可
平均年収 320万円~350万円
資格 特になし

販売員は、小売店に勤務し、商品の売買に携わる仕事です。業務内容は接客やレジ打ちがほとんどで、場合によっては発注を任されることもあります。

販売員は接客業であるため、人間関係のストレスは避けられません。しかし、接客の仕事はマニュアル化されているものが多いので、ルーティンワークに対応しやすいのが特徴です。

4.ビル管理士(ビルメンテナンス職)

ビルメンテナンス職
ビルメンテナンス職になりやすさ 〇
リモートワーク不可
平均年収:300万円~400万円
必要な資格 有


ビル管理士は、建物の設備をチェックする仕事であり、「ビルメンテナンス」「ビルメンテナンス」と呼ばれることもあります。ビル管理士はテナントや入居者と接することもありますが、基本的には点検やメンテナンス作業など、一人で行うルーチンワークがほとんどで、自分のペースで働きやすい仕事といえます。

5.工場作業員

工場作業員のなりやすさ ◎
リモートワーク不可
平均年収 200万円~400万円
資格 なし

工場作業員は、文字通り工場内で一定の作業を行う仕事です。例えば、ライン作業ではベルトコンベアから流れてくる製品を組み立て、検品します。単純作業やルーチンワークが多いため、精神的に楽といえるでしょう。また、工場という性質上、人間関係が発生しにくいので、黙々と仕事をしたい人におすすめの仕事です。

6.検針員


検針員へのなりやすさ◯。
リモートワーク不可
平均年収:200万円~360万円
資格 特になし

検針員の仕事は、ガスメーターなどの計量器を読み、検針票を作成することです。ルーティンワークが多く、検針ルートもあらかじめ決まっているため、精神的に楽な仕事と言えます。また、計量器を読み取る仕事なので、対人関係がないこともポイントです。就職に必要なスキルや資格もないため、比較的入りやすい仕事といえるでしょう。

7.警備員

警備員へのなりやすさ ◎
リモートワークなし
平均年収 300万円~500万円
資格 なし


警備員とは、施設の警備を行う仕事です。立ち仕事ではありますが、ルーティンワークがほとんどなので、新しい仕事が苦手な方でも簡単です。施設を巡回する仕事なので、お客様と接することもなく、対人関係のストレスも少ないです。コミュニケーションが苦手な方でも、無理なく取り組める仕事です。

8.学習塾の講師

学習塾の講師のなりやすさ〇
リモートワーク可能
平均年収 350万円~400万円
資格 特になし

学習塾の講師はその名の通り、生徒に勉強を教える仕事です。個人授業や集団授業など程度は様々ですが、基本的には「あらかじめ決まっていることを生徒に教える」仕事です。生徒やその親御さんとの対人関係も多くありますが、仕事のほとんどはルーティンワークです。対人関係に抵抗がなければ、比較的楽な仕事といえるでしょう。

9.清掃員

清掃員へのなりやすさ◯
リモートワーク不可。
平均年収 300万円~350万円程度
資格 特になし

清掃員は、ビルなどの施設の清掃を行う仕事です。仕事の性質上、汚れた場所に触れるケースも多く、人によっては不快に感じることもあるかもしれません。しかし、仕事内容があらかじめ決まっており、対人関係も少ないため、コミュニケーションが苦手な方でも問題なく働けるでしょう。

10.ライター

ライターへのなりやすさ ◯
リモートワーク可能
平均年収:約450万円
資格 特になし


ライターは、紙媒体やWeb媒体の取材を行い、記事を執筆する仕事です。執筆だけでなく、構成案や画像の選定を担当することもあります。マニュアルや規定に従って仕事をすることもあり、ルーティンワークがほとんどです。また、取材以外の時間は黙々と作業をすることが多いため、対人関係が発生しにくく、精神的な負担が少ない仕事です。

11.イラストレーター

イラストレーターのなりやすさ△
リモートワーク可能。
平均年収:約350万円
資格 特になし

イラストレーターはその名の通り、イラストを作成する仕事です。ドローソフトを扱う一定のスキルは必要ですが、ルーティンワークがほとんどなので、比較的楽な仕事といえます。クライアントとのやり取りなど、ある程度の対人関係はありますが、接客業や販売業に比べると少ない傾向にあります。

給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を選ぶメリット

どうせ働くなら、少しでも多くの給料を受け取りたいと思う人は多いでしょう。そんな中、給料が安くても精神的に楽な仕事を選ぶメリットについて、以下の3つのテーマで解説していきます。

精神的にリラックスできる時間が持てる

給料が安くても精神的に楽な仕事であれば、精神的にリラックスする時間を持つことができます。この時間を使って、休んだり他のことをしたりすることができます。

精神的にリラックスできる時間が全くないと、次第に精神的に追い詰められ、最悪の場合、精神疾患を発症する可能性もあります。精神的に落ち着く時間」がもたらすメリットは、想像以上に大きいでしょう。

やりたいことをやる時間が増える

精神的に落ち着く時間が増えれば、いろいろなことを考えることができるようになります。そうすると、考えているうちに自分のやりたいことが実現できる可能性が出てきます。

やりたいことがわかり、実際にやってみると、人生が豊かになるかもしれません。

仕事が見つけやすくなる


給料が安くて精神的に楽な仕事は、特定のスキルや資格が必要ないものがほとんどです。多くの業界が売り手市場であるため、仕事を見つけるのは比較的簡単です。

また、自分に合わない仕事であっても、再就職がしやすい。もちろん、転職を繰り返せば繰り返すほど、転職活動が不利になるケースもあるので注意が必要です。

給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を選ぶデメリットと注意点


給料が安くても精神的に楽な仕事を選ぶ場合、メリットだけでなくデメリットも意識しておく必要があります。ここでは、そのデメリットと注意点を3つ紹介します。

スキルアップや成長が止まってしまうリスク

低賃金で精神的に楽な仕事には、スキルアップや成長が止まってしまうというリスクが伴います。例えば、ルーティンワークが多い仕事では、新しいチャレンジが少ないため、スキルアップが望めません。

スキルアップや成長が望めないのであれば、今の仕事にしがみつくしかなく、結果的に精神的な負担が大きくなる可能性があります。

給料が上がらない可能性がある


誰でもできる簡単な仕事」であることは、他人と差別化することが難しいことの裏返しでもあります。そのため、特定のスキルが身につかず、給与が低いままである可能性があります。

高い給料を得るためには、専門性を身につけ、他の人ができないような仕事をする必要があります。将来、より高い給料を得たいのであれば、自分のスキルアップについてよく考える必要がある。

将来性の低さ・失業の不安


低賃金で精神的に楽な仕事は、将来性が低く、失業のリスクが高いものが多い。誰にでも簡単にできる仕事は、奪われる可能性が高い」と認識することが大切です。

近年の急速な技術の発達により、人間ができる仕事の領域は狭まっている。失業のリスクは常に念頭に置いておく必要がある。

給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を探すためのステップ

給料は安くても精神的に楽な仕事を見つけるためには、いくつかのステップを考慮する必要があります。闇雲に仕事を探すと、仕事が決まってから後悔することになりかねません。ここでは、仕事探しのステップを紹介します。

自分の過去と現在のストレス要因を整理する

まず、自分の過去と現在のストレス要因を整理しましょう。何がストレスになっているのか」がわからないと、就職活動の方向性がずれてしまいます。よく挙げられるのは、「人間関係」「仕事量」「責任の重さ」などです。自分が何にストレスを感じているのかを確認しましょう。なお、ストレスフリーな仕事の条件や種類は、以下の記事で紹介しています。

自分の長所や適性を見極める

自分の長所や適性を見極めましょう。例えば、「対人関係は苦手だが、一人でコツコツと仕事をするのは得意」「ルーチンワークとともに接客業も得意」「人に何かを教えるのは得意」などです。人の中にはさまざまな適性があります。

自分の長所や適性を知っていれば、仕事選びに生かすことができます。

まとめ

本記事では、給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事について解説しました。
メリットデメリットはありますが、本記事で挙げた職業などを参考にして、自分に合った仕事や働き方を見つけてみましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる