WordPressのSEO対策で成果を出すには?外注のメリットと注意点

「WordPressで作成したサイトのSEO対策の成果がなかなか出ない」

上記のように、WordPressのSEO対策に行き詰まっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。とくに会社のサイト運営を担当していると、予算の関係からSEO会社への外注を踏み切れないこともあるかと思います。

そこでこの記事では、WordPressのSEO対策を外注したい方に向けて、外注するメリットや外注時の注意点、外注の費用相場をご紹介します。

より効果的な対策をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

そもそもWordPressはSEOに強い?

結論から言うと、WordPressはSEOに強いです。

元Googleの社員で、検索品質グループの責任者であったマット・カッツ氏は、2009年のWordPressの公式イベント「WordCamp San Francisco 2009」にて、以下のように発言しています。

意訳:「WordPressは、検索エンジン最適化(SEO)の施策の80%~90%に対応している」(スライドから抜粋)

Googleの責任者が、WordPressはSEOに最適化されたツールであると賞賛しました。

また、WordPressは、SEO対策に有用なテーマやプラグインが豊富に揃っていることもSEOに強い要因となっています。現在では世界のサイトの6割以上がWordPressを使っており、検索上位に表示されるサイトもWordPressが多いです。

これらのことから、「SEOに強い」と言われるWordPressですが、WordPressを使えば必ず検索上位にくるというわけではありません。サイトの上位表示やアクセス数アップ、集客数アップに繋げるためには、SEOを考慮した施策を行うことは必須でしょう。

WordPressのSEO対策とは?

WordPressのSEO対策は、一般的なSEO対策と大きな違いはありません。

WordPress独自の施策は必要なく、適切な内部対策と外部対策を施した上で、質の高いコンテンツを投稿することが重要になります

内部SEO対策

内部SEO対策とは、サイトの内部に行う施策のことです。サイト内のマークアップを改善したり、サイトの階層構造を最適化したりして、サイトの内側から対策を行います。

自社サイトを検索上位に表示させるためには、内部対策を行って、検索エンジンにコンテンツの質を正しく評価してもらうことが重要です。

外部SEO対策

外部SEO対策とは、外部リンクを獲得するために行う施策のことです。

サイトは、リンク数が多いほど良質なサイトと判断されます。そこで、質の高いコンテンツを発信して、外部のサイトから評価を得ることを目指します。

自作自演で被リンクを増やすなどの行為はペナルティを受けてしまうので、自然に被リンクを増やしていくことが必要です。

WordPressのSEO対策を外注するメリット

Googleは、独自のアルゴリズムで200種類以上の項目においてサイトを評価し、検索順位を決定しています。自社サイトを上位に上げるためには、Googleの動向を常にチェックして、最適な施策を考える必要があります。しかし、個人レベルで対策を続けるのは大変ですし、限界がありますよね。

そこで、ここではWordPressのSEO対策を外注するメリットについてご紹介します。外注しようか悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressのSEO対策を外注するメリットは、以下の通りです。

・知識とノウハウをもとに対策ができる

・成果が出るまでの時間を短縮できる

知識とノウハウをもとに対策ができる

さまざまな企業のSEO対策を行ってきた実績のある企業であれば、豊富な知識とノウハウがあります。今までの経験をもとに、自社サイトの状況に適したSEO対策を行うので、より高い効果が見込めます。

また、GoogleやYahooなどの検索エンジンは、日々細かな変更を繰り返しています。

アップデートに合わせて、その都度施策を行う必要がありますが、個人レベルで対応するのは困難です。SEO対策専門の会社は常にGoogleの最新動向をチェックしているため、そのときにできる最善の対策を行ってくれます。

成果が出るまでの時間を短縮できる

SEO対策は、効率的な対策をしなければ、成果が出るまでとてつもない労力と時間がかかります。長い時間をかけて行ったSEO対策も、成果が出なかったらきついですよね。場合によっては、一つの過ちで今までやってきたことが水の泡になることも。

SEO対策の外注は、SEOのプロが豊富な知識とノウハウに基づいた施策を行うので、自分で対策を行うよりも、効率的に成果を出せます。なかには、SEO対策だけを目標とするだけではなく、顧客にSEO対策のノウハウを教えてくれる会社もあります。SEO対策の事例がなく、右も左もわからない場合は、最初だけ外注してやり方を学んでいくのもいいでしょう。

WordPressのSEO対策の外注時に注意すべきこと

ここでは、WordPressのSEO対策を外注するときに注意すべきことを2つご紹介します。

ただ外注するだけでは思ったような成果が出ないこともありますし、なんといってもSEO対策の外注費用は安くはありません。

外注する際には、お金と時間を無駄にしないようにしましょう。

WordPressのSEO対策の外注時に注意すべきことは、以下の通りです。

・依頼内容と予算を明確にする

・業者に任せきりにしない

依頼内容と予算を明確にする

事前に依頼内容と予算を決めておかないと、時間とお金だけを浪費し、期待した成果が出なかったということになりかねません。

依頼する際は、自身もSEOの知識をある程度身につけて、依頼内容と予算は明確にしておきましょう。具体的な目標の数値が提示できれば、打ち合わせもスムーズに進みます。

業者に任せきりにしない

業者の中には、一方的にプランを提案して、無駄に費用がかかることも少なくありません。

SEO対策の依頼をしたあとは、業者に任せきりにするのではなく、対策内容や進捗状況を逐一聞いて、一緒に取り組むようにしましょう。ノウハウを身につけられれば、今後は自分でも対策ができるようになります。

WordPressのSEO対策外注の費用相場

SEO対策の料金体系として、固定報酬型と成果報酬型の2種類があります。固定報酬型は、成果に関係なく期間に応じて料金を払うのに対し、成果報酬型は成果が出たときに料金を払います。

成果報酬型は、成果が出ない場合のリスクを抑えたい方に向いていますが、どちらがいいかは状況に応じて違いますので、外注先のプランをしっかり確認してみましょう。

施策ごとの費用相場は、以下の通りです。

固定報酬型内部対策月額10万円~100万円
外部対策月額1万円~15万円
SEOコンサルティング月額10万円~30万円
コンテンツSEO1記事5千円~10万円
成果報酬型1キーワード月額1万円~30万

まとめ

この記事では、WordPressのSEO対策を外注する際のメリットや注意点、費用相場をご紹介しました。

SEO対策に悩んでいる方は、プロに任せるのも選択の一つです。

実際に依頼するときは、自分もSEOの知識をある程度つけてから交渉しましょう。

「WordPressで作成したサイトのSEO対策の成果がなかなか出ない」

上記のように、WordPressのSEO対策に行き詰まっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。とくに会社のサイト運営を担当していると、予算の関係からSEO会社への外注を踏み切れないこともあるかと思います。

そこでこの記事では、WordPressのSEO対策を外注したい方に向けて、外注するメリットや外注時の注意点、外注の費用相場をご紹介します。

より効果的な対策をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもWordPressはSEOに強い?

結論から言うと、WordPressはSEOに強いです。

元Googleの社員で、検索品質グループの責任者であったマット・カッツ氏は、2009年のWordPressの公式イベント「WordCamp San Francisco 2009」にて、以下のように発言しています。

意訳:「WordPressは、検索エンジン最適化(SEO)の施策の80%~90%に対応している」(スライドから抜粋)

Googleの責任者が、WordPressはSEOに最適化されたツールであると賞賛しました。

また、WordPressは、SEO対策に有用なテーマやプラグインが豊富に揃っていることもSEOに強い要因となっています。現在では世界のサイトの6割以上がWordPressを使っており、検索上位に表示されるサイトもWordPressが多いです。

これらのことから、「SEOに強い」と言われるWordPressですが、WordPressを使えば必ず検索上位にくるというわけではありません。サイトの上位表示やアクセス数アップ、集客数アップに繋げるためには、SEOを考慮した施策を行うことは必須でしょう。

WordPressのSEO対策とは?

WordPressのSEO対策は、一般的なSEO対策と大きな違いはありません。

WordPress独自の施策は必要なく、適切な内部対策と外部対策を施した上で、質の高いコンテンツを投稿することが重要になります

内部SEO対策

内部SEO対策とは、サイトの内部に行う施策のことです。サイト内のマークアップを改善したり、サイトの階層構造を最適化したりして、サイトの内側から対策を行います。

自社サイトを検索上位に表示させるためには、内部対策を行って、検索エンジンにコンテンツの質を正しく評価してもらうことが重要です。

外部SEO対策

外部SEO対策とは、外部リンクを獲得するために行う施策のことです。

サイトは、リンク数が多いほど良質なサイトと判断されます。そこで、質の高いコンテンツを発信して、外部のサイトから評価を得ることを目指します。

自作自演で被リンクを増やすなどの行為はペナルティを受けてしまうので、自然に被リンクを増やしていくことが必要です。

WordPressのSEO対策を外注するメリット

Googleは、独自のアルゴリズムで200種類以上の項目においてサイトを評価し、検索順位を決定しています。自社サイトを上位に上げるためには、Googleの動向を常にチェックして、最適な施策を考える必要があります。しかし、個人レベルで対策を続けるのは大変ですし、限界がありますよね。

そこで、ここではWordPressのSEO対策を外注するメリットについてご紹介します。外注しようか悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressのSEO対策を外注するメリットは、以下の通りです。

・知識とノウハウをもとに対策ができる

・成果が出るまでの時間を短縮できる

知識とノウハウをもとに対策ができる

さまざまな企業のSEO対策を行ってきた実績のある企業であれば、豊富な知識とノウハウがあります。今までの経験をもとに、自社サイトの状況に適したSEO対策を行うので、より高い効果が見込めます。

また、GoogleやYahooなどの検索エンジンは、日々細かな変更を繰り返しています。

アップデートに合わせて、その都度施策を行う必要がありますが、個人レベルで対応するのは困難です。SEO対策専門の会社は常にGoogleの最新動向をチェックしているため、そのときにできる最善の対策を行ってくれます。

成果が出るまでの時間を短縮できる

SEO対策は、効率的な対策をしなければ、成果が出るまでとてつもない労力と時間がかかります。長い時間をかけて行ったSEO対策も、成果が出なかったらきついですよね。場合によっては、一つの過ちで今までやってきたことが水の泡になることも。

SEO対策の外注は、SEOのプロが豊富な知識とノウハウに基づいた施策を行うので、自分で対策を行うよりも、効率的に成果を出せます。なかには、SEO対策だけを目標とするだけではなく、顧客にSEO対策のノウハウを教えてくれる会社もあります。SEO対策の事例がなく、右も左もわからない場合は、最初だけ外注してやり方を学んでいくのもいいでしょう。

WordPressのSEO対策の外注時に注意すべきこと

ここでは、WordPressのSEO対策を外注するときに注意すべきことを2つご紹介します。

ただ外注するだけでは思ったような成果が出ないこともありますし、なんといってもSEO対策の外注費用は安くはありません。

外注する際には、お金と時間を無駄にしないようにしましょう。

WordPressのSEO対策の外注時に注意すべきことは、以下の通りです。

・依頼内容と予算を明確にする

・業者に任せきりにしない

依頼内容と予算を明確にする

事前に依頼内容と予算を決めておかないと、時間とお金だけを浪費し、期待した成果が出なかったということになりかねません。

依頼する際は、自身もSEOの知識をある程度身につけて、依頼内容と予算は明確にしておきましょう。具体的な目標の数値が提示できれば、打ち合わせもスムーズに進みます。

業者に任せきりにしない

業者の中には、一方的にプランを提案して、無駄に費用がかかることも少なくありません。

SEO対策の依頼をしたあとは、業者に任せきりにするのではなく、対策内容や進捗状況を逐一聞いて、一緒に取り組むようにしましょう。ノウハウを身につけられれば、今後は自分でも対策ができるようになります。

WordPressのSEO対策外注の費用相場

SEO対策の料金体系として、固定報酬型と成果報酬型の2種類があります。固定報酬型は、成果に関係なく期間に応じて料金を払うのに対し、成果報酬型は成果が出たときに料金を払います。

成果報酬型は、成果が出ない場合のリスクを抑えたい方に向いていますが、どちらがいいかは状況に応じて違いますので、外注先のプランをしっかり確認してみましょう。

施策ごとの費用相場は、以下の通りです。

固定報酬型内部対策月額10万円~100万円
外部対策月額1万円~15万円
SEOコンサルティング月額10万円~30万円
コンテンツSEO1記事5千円~10万円
成果報酬型1キーワード月額1万円~30万

まとめ

この記事では、WordPressのSEO対策を外注する際のメリットや注意点、費用相場をご紹介しました。

SEO対策に悩んでいる方は、プロに任せるのも選択の一つです。

実際に依頼するときは、自分もSEOの知識をある程度つけてから交渉しましょう。

「WordPressで作成したサイトのSEO対策のやり方が分からない」

「WordPressで作成したサイトのSEO対策の成果がなかなか出ない」

上記のように、WordPressのSEO対策に行き詰まっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。とくに会社のサイト運営を担当していると、予算の関係からSEO会社への外注を踏み切れないこともあるかと思います。

そこでこの記事では、WordPressのSEO対策を外注したい方に向けて、外注するメリットや外注時の注意点、外注の費用相場をご紹介します。

より効果的な対策をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもWordPressはSEOに強い?

結論から言うと、WordPressはSEOに強いです。

元Googleの社員で、検索品質グループの責任者であったマット・カッツ氏は、2009年のWordPressの公式イベント「WordCamp San Francisco 2009」にて、以下のように発言しています。

意訳:「WordPressは、検索エンジン最適化(SEO)の施策の80%~90%に対応している」(スライドから抜粋)

Googleの責任者が、WordPressはSEOに最適化されたツールであると賞賛しました。

また、WordPressは、SEO対策に有用なテーマやプラグインが豊富に揃っていることもSEOに強い要因となっています。現在では世界のサイトの6割以上がWordPressを使っており、検索上位に表示されるサイトもWordPressが多いです。

これらのことから、「SEOに強い」と言われるWordPressですが、WordPressを使えば必ず検索上位にくるというわけではありません。サイトの上位表示やアクセス数アップ、集客数アップに繋げるためには、SEOを考慮した施策を行うことは必須でしょう。

WordPressのSEO対策とは?

WordPressのSEO対策は、一般的なSEO対策と大きな違いはありません。

WordPress独自の施策は必要なく、適切な内部対策と外部対策を施した上で、質の高いコンテンツを投稿することが重要になります

内部SEO対策

内部SEO対策とは、サイトの内部に行う施策のことです。サイト内のマークアップを改善したり、サイトの階層構造を最適化したりして、サイトの内側から対策を行います。

自社サイトを検索上位に表示させるためには、内部対策を行って、検索エンジンにコンテンツの質を正しく評価してもらうことが重要です。

外部SEO対策

外部SEO対策とは、外部リンクを獲得するために行う施策のことです。

サイトは、リンク数が多いほど良質なサイトと判断されます。そこで、質の高いコンテンツを発信して、外部のサイトから評価を得ることを目指します。

自作自演で被リンクを増やすなどの行為はペナルティを受けてしまうので、自然に被リンクを増やしていくことが必要です。

WordPressのSEO対策を外注するメリット

Googleは、独自のアルゴリズムで200種類以上の項目においてサイトを評価し、検索順位を決定しています。自社サイトを上位に上げるためには、Googleの動向を常にチェックして、最適な施策を考える必要があります。しかし、個人レベルで対策を続けるのは大変ですし、限界がありますよね。

そこで、ここではWordPressのSEO対策を外注するメリットについてご紹介します。外注しようか悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressのSEO対策を外注するメリットは、以下の通りです。

・知識とノウハウをもとに対策ができる

・成果が出るまでの時間を短縮できる

知識とノウハウをもとに対策ができる

さまざまな企業のSEO対策を行ってきた実績のある企業であれば、豊富な知識とノウハウがあります。今までの経験をもとに、自社サイトの状況に適したSEO対策を行うので、より高い効果が見込めます。

また、GoogleやYahooなどの検索エンジンは、日々細かな変更を繰り返しています。

アップデートに合わせて、その都度施策を行う必要がありますが、個人レベルで対応するのは困難です。SEO対策専門の会社は常にGoogleの最新動向をチェックしているため、そのときにできる最善の対策を行ってくれます。

成果が出るまでの時間を短縮できる

SEO対策は、効率的な対策をしなければ、成果が出るまでとてつもない労力と時間がかかります。長い時間をかけて行ったSEO対策も、成果が出なかったらきついですよね。場合によっては、一つの過ちで今までやってきたことが水の泡になることも。

SEO対策の外注は、SEOのプロが豊富な知識とノウハウに基づいた施策を行うので、自分で対策を行うよりも、効率的に成果を出せます。なかには、SEO対策だけを目標とするだけではなく、顧客にSEO対策のノウハウを教えてくれる会社もあります。SEO対策の事例がなく、右も左もわからない場合は、最初だけ外注してやり方を学んでいくのもいいでしょう。

WordPressのSEO対策の外注時に注意すべきこと

ここでは、WordPressのSEO対策を外注するときに注意すべきことを2つご紹介します。

ただ外注するだけでは思ったような成果が出ないこともありますし、なんといってもSEO対策の外注費用は安くはありません。

外注する際には、お金と時間を無駄にしないようにしましょう。

WordPressのSEO対策の外注時に注意すべきことは、以下の通りです。

・依頼内容と予算を明確にする

・業者に任せきりにしない

依頼内容と予算を明確にする

事前に依頼内容と予算を決めておかないと、時間とお金だけを浪費し、期待した成果が出なかったということになりかねません。

依頼する際は、自身もSEOの知識をある程度身につけて、依頼内容と予算は明確にしておきましょう。具体的な目標の数値が提示できれば、打ち合わせもスムーズに進みます。

業者に任せきりにしない

業者の中には、一方的にプランを提案して、無駄に費用がかかることも少なくありません。

SEO対策の依頼をしたあとは、業者に任せきりにするのではなく、対策内容や進捗状況を逐一聞いて、一緒に取り組むようにしましょう。ノウハウを身につけられれば、今後は自分でも対策ができるようになります。

WordPressのSEO対策外注の費用相場

SEO対策の料金体系として、固定報酬型と成果報酬型の2種類があります。固定報酬型は、成果に関係なく期間に応じて料金を払うのに対し、成果報酬型は成果が出たときに料金を払います。

成果報酬型は、成果が出ない場合のリスクを抑えたい方に向いていますが、どちらがいいかは状況に応じて違いますので、外注先のプランをしっかり確認してみましょう。

施策ごとの費用相場は、以下の通りです。

固定報酬型内部対策月額10万円~100万円
外部対策月額1万円~15万円
SEOコンサルティング月額10万円~30万円
コンテンツSEO1記事5千円~10万円
成果報酬型1キーワード月額1万円~30万

まとめ

この記事では、WordPressのSEO対策を外注する際のメリットや注意点、費用相場をご紹介しました。

SEO対策に悩んでいる方は、プロに任せるのも選択の一つです。

実際に依頼するときは、自分もSEOの知識をある程度つけてから交渉しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる