リンクジュースとは?ページランクとの関連性や被リンクについて【SEO】

リンクジュースと言う言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。SEOにおいては重要なリンクジュースですが、あまり意味を理解していない方も多い印象です。

本記事では、リンクジュースの概要や、仕組み、リンクジュースが決まる要因などを紹介します。

また、リンクジュースを増やすのに効果的な対策についても紹介していきますので、ぜひ参考にして見てください。

目次

リンクジュースは被リンクが肝心

リンクジュースは、被リンクによって渡されるジュースだと考えればわかりやすいでしょう。発リンクをする側が少量のジュースを持っていて、そのジュースが増えれば増えるほどSEOで上位表示される可能性が高くなると言う仕組みです。

また、リンクジュースが集まった評価のことを「Page rank」と呼んだりもします。このPage rankは、Googleがサービスを開始した当初から利用されている仕組みとなっており、SEOの中でも最も重要視されている要因となっています。

リンクジュースの仕組み

リンクジュースが被リンクによって渡されるジュースだと言うことは紹介しました。とはいえ、発リンク先の質が悪ければジュース(飲み物)の質も総合的に悪くなると思いませんか?

これと同じ仕組みがリンクジュースにはあり、できる限り質の高いリンクを獲得することが求められます。つまり、質の高いリンクを獲得するためにどのような対策を講じれば良いのか考えることが重要。多くのメディアが問題視しているのです。

リンクジュースが決まる2つの要因

リンクジュースは以下2つの要因で決まります。

外部被リンクの数

外部リンクの数が多いほど、多くのユーザーがコンテンツを評価していることになるため、リンクジュースとして評価が上がります。また、検索エンジンを周回しているGoogleクローラーとしても最も判断しやすい要因が「外部被リンクの数」ですので、やはり量はリンクジュースを増やす上で重要となります。

被リンク獲得についてはこちらの記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 【】 被リンクとは、自分のサイトが他のページでリンクとして紹介または引用されていることを指しま...

外部被リンクの質

先ほどもお伝えした通り、質の低いジュースが集まってしまうと、全体として見た時に質が低いものとなってしまいます。そのため、より質の高い被リンクを獲得することが求められているのです。

つまり、前述した「外部被リンクの量」と合わせて考えると、多くのリンクを獲得しながら、質の高いリンクのみを集める活動が重要となります。

リンクジュースを増やす場合、ページランクが重要

リンクジュースを増やすためには、ページランク(Page rank)の理解が欠かせません。ここでは、ページランクについて概要や計算方法を紹介します。

ページランクとは

ページランクとは、Googleが設立初期からページの評価を行うために使用している指標です。ページランクが高ければ高いほど検索上位表示される可能性が高まるという仕組みとなっています。

ページランクが上がる要因として最も大きいのがここまで紹介してきた「リンクジュース」。むしろ、これ以外でページランクが上がる要素が公開されていないため、ページランクは非常に重要となります。

ちなみに、ページランクは「Webページのランク」という意味だけではなく、Googleの創設者である「ラリー・ペイジ」ともかかっているという通説があります。

ページランクの計算方法

ページランクの計算方法はありますが、極めて複雑な数式が並びます。主に以下のような数式です。

P(A)=(1-d)+d{PR(T1)/C(T1)+…+PR(Tn)/C(Tn)}

そのため、理論ではなく、ページランクの仕組みを理解した方が良いでしょう。

例えば、Aサイトが10点の被リンクを5本獲得しているとし、Bサイトは30点の被リンクを2本獲得しているとしましょう。その場合、Bサイトの方がページランクは高くなります。

このように、被リンクの数と発リンク先の質によってページランクが決まっていくのです。

リンクジュースを増やすのに効果的な対策

ここでは、リンクジュースを増やすために効果的な対策を2つ紹介します。

質の高いコンテンツを制作する

質の高い被リンクを大量に獲得するために最も重要なことは、質の高いコンテンツを作るということです。優良コンテンツであると外部から認知されるブログを制作できれば、多くのリンクが集まってくるでしょう。また、その中には質の高いものもあるはずです。

つまり、リンクジュースを獲得するための小手先のテクニックはなく、長期にわたって質の高いコンテンツを生み出し続ける必要があるということです。

質の高いサイトへ発リンクする

外部サイトからの発リンクを獲得したいのであれば、自身のブログから外部のサイトに発リンクをかけてみるのも1つの方法です。もちろん、競合サイトに対して発リンクを出すということは、相手のページランクを上げてしまう行為ですが、その分、質の高いコンテンツから発リンクを獲得できるため、ページランクを上げやすくなります。

つまり、積極的に発リンクをかけていくこともコンテンツ制作においては、重要となるでしょう。

質の低いリンクを解除する設定について

質の低い発リンクを獲得してしまった場合、設定を変更することで、発リンクを解除することが可能です。ここでは、発リンクの解除方法について紹介します。

質の低いリンクはnofollowを設定する

質の低いリンク(関連性の薄いコンテンツや不適切なリンク)はnofollowを設定するべきです。nofollowはリンクを辿らないようにする設定のため、外部のリンク先に評価が移ることを避けられます。

nofollowの設定方法

nofollowは、特定の箇所に設定する方法と、Webページ全体に設定する方法があります。

特定の部分に対してnofollowをかける場合、HTML内にあるタグにに「rel=”nofollow”」という記述をします。そうすることで、リンクジュースの受け渡しが無効となります。

また、Webページ全体のジュースリンクを無効化する場合、そのページのheadタグに「< meta name=”robots” content=”nofollow” >」と記述することで、nofollowをかけられます。

上記の方法を用いて、質の高いリンクジュースを獲得し、質が低いものは除外しましょう。

まとめ

本記事では、リンクジュースの概要や、ページランクなどの解説をしてきました。より効果のあるリンクジュースを獲得するためには、質の高いリンクを大量に獲得する必要があります。そのためには、小手先のテクニックではなく、愚直にユーザーにとって質の高いコンテンツを量産していく必要があるでしょう。

本記事の内容をもとに、質の高いリンクジュース獲得につとめてみてください。

また、戦略的にリンクジュースを獲得するにはSEOのプロに依頼してみるのもおすすめです。

あわせて読みたい
SEOは依頼してプロに任せるのが良い? マーケティングやWebサイトの運営において、SEOを学び、実施していくのはとても重要です。 しかし、ゼロからSEOを学んで実践していこうとすると、結果につながるまでか...
よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる