キーワード選定のコツとは?SEOで上位表示させる方法や使えるツールを紹介!

SEO記事を執筆する際に、どのようにキーワードを選定しているでしょうか。正しいキーワード選定の方法を用いなければ、どれだけ質の高いコンテンツを制作しても読者の目に触れません。

本記事では、SEOにおけるキーワード選定の重要性や、選定のコツ、選定に使えるツールなどを紹介します。キーワード選定の方法がわからないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

目次

SEOにおけるキーワード選定の重要性

そもそも、SEOキーワードにおける「キーワード選定」とは、ユーザーが実際に検索しているキーワードを選ぶ作業のことを指します。その際、正しいキーワード選定が重要となります。

しかし一方で、キーワード選定を誤ってしまうと、読者が全く検索していないキーワードに対してコンテンツを制作することになります。

この場合、どれだけ質が高くても記事自体が誰の目にも触れず、全く意味のないものになってしまいます。

キーワード選定はコンテンツ制作の核となる部分であるため、正しく確認することが重要なのです。

キーワードには3種類ある

キーワード選定と一括りに言いますが、主に3種類のキーワードがあります。

  • ナビゲーショナルクエリ
  • インフォメーショナルクエリ
  • トランザクショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリは案内するクエリ、インフォメーショナルクエリは情報に関するクエリ、トランザクショナルクエリは取引に関するクエリというように、そもそもキーワードの位置づけが異なります。それぞれのクエリを意識したキーワード選定がじゅうようになるのです。

詳しくは、以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
検索クエリとは?キーワードとの違いや分析方法、コンテンツへ反映する方法を紹介! 検索クエリとは、Googleなどの検索エンジンを活用して、検索窓に入力した語句やフレーズを意味します。SEOを勉強していると、よく出現する単語なのではないでしょうか。...

キーワード選定のコツ

キーワード選定を行う場合、主に3つのコツがあります。

  • キーワードの候補を出す
  • サジェストキーワードを洗いだす
  • キーワードをもとにコンテンツを制作する

これらのコツを押さえた上でキーワード選定を行えば、より質の高いコンテンツ制作が可能になるでしょう。それぞれ詳しくみていきます。

キーワードの候補を出す

まずは、ブログで狙うキーワードの候補を出してみましょう。その際設定するのは「マーケティング」「DXツール」「美容液」などの大まかなジャンルで問題ありません。

これらのキーワードを起点として次のステップでキーワードを選定していきます。

サジェストキーワードを洗いだす

ブログ全体で狙うキーワードを決めたら、そのジャンルに関するキーワードを洗い出します。

その際に活用するのは「ラッコツール」や「キーワードプランナー」など。後ほど使い方を紹介しますが、キーワードを入力するだけで簡単に周囲のキーワードを抽出できます。

キーワードをもとにコンテンツを制作する

最後に、洗い出したキーワードをもとにコンテンツを制作します。基本的にはキーワードを上から順に執筆していくこととなります。

ただし、記事を書くべき順番もあります。そちらは後ほど紹介する注意点で紹介しますので、参考にしてみてください。

キーワード選定に使えるツール

キーワードを選定する際、以下のツールを活用するのがおすすめです。

  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest
  • Googleキーワードプランナー

これらのツールを活用することで、キーワードを効率的に、正確に洗い出せます。

ここでは、各ツールの概要や使い方を詳しく紹介します。

ラッコキーワード

ラッコキーワードはサジェストキーワードや関連キーワードを取得できるツールです。無料で利用できる上、GoogleやYahoo!、YouTubeなどあらゆる情報をデータベースとしているため、多くの検索エンジンに対応するキーワードを一括取得できます。

自身のブログで狙うキーワードを検索窓に入力するだけで抽出できるので、使用は簡単です。

Ubersuggest

Ubersuggestは検索キーワードのボリュームやCPCなどを簡単に取得できるツールです。ラッコキーワードと組み合わせることで、どのキーワードを狙うべきかが分かります。

以前は無料で無制限利用できましたが、現在は3回までと制限がかかっているため、一度使用してみて、使い勝手がよければ有料プランに加入するのもおすすめです。

Ubersuggestの使い方については以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方を分かりやすく解説!無料版や拡張機能についても解説 Ubersuggest(ウーバーサジェスト)という便利なツールをご存じでしょうか。Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、Googleのキーワードプランナーのような機能を搭載してい...

Googleキーワードプランナー

キーワードプランナーは本来Google広告を出稿する際に使うツールですが、関連キーワード取得にも役立ちます。また、以下のような情報を取得できます。

  • 検索ボリューム
  • 競合性
  • 入札単価

そのため、どのキーワードだと上位表示しやすいか、広告単価が高いかが分かります。

キーワード選定の注意点

キーワードを選定する場合、主に2つの注意点があります。

  • ビッグキーワードを先に狙わない
  • 思いつきでキーワードを選定しない

それぞれ詳しくみていきましょう。

ビッグキーワードを先に狙わない

最も重要なのはビッグキーワードを先に狙わないということです。ビッグキーワードは競合性も高く、どのキーワードでも上位表示させるのが難しくなっています。

特に競合性が高いキーワードを狙う場合、数100記事をブログに入れなければ、上位表示されない場合もあります。

そのため、ビッグキーワードは後にとっておいて、ミドル〜ロングテールキーワードから狙ってコンテンツを制作するのがおすすめです。

思いつきでキーワードを選定しない

前述したように、思いつきでキーワードを選定すると、検索流入を期待できません。どれだけ質の高い記事を生み出したとしても上位表示されない記事を制作するのは効率が悪いでしょう。

最初のキーワードを選定する際はブログのジャンルにマッチするものを思いつきで選んでも良いですが、キーワードツールを使って選定すべき箇所はツールを活用して選定しましょう。

キーワード選定から代行会社に依頼するのもおすすめ

キーワード選定はSEOコンテンツを制作する上で最も重要度が高いといっても過言ではありません。そのため、自社のリソースで選定することに不安が残るのであれば、記事制作代行会社にキーワード選定から依頼するのもおすすめです。

代行会社であればSEOに精通した専門スタッフが効果の出るキーワード選定を行います。また、コンテンツ制作まで任せられるため、自社リソースを減らす心配もありません。利用を検討してみてはいかがでしょうか。

代行会社の概要について、詳しくは以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
コンテンツSEOを外注するメリットは?知っておきたいポイントや選び方を紹介! コンテンツSEOに取り組む上で、何から始めていいのかわからないことも多いですよね。 コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った...

まとめ

本記事では、SEOにおけるキーワード選定の重要性や、選定のコツ、選定に使えるツールなどを紹介しました。コンテンツ制作の根幹となるのが「キーワード選定」です。本記事の内容をもとに自社でキーワード選定を行うか、代行会社に依頼し、質の高いコンテンツを制作できるよう準備しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる