SXO対策とは?SEOとの違いや実施のメリット、具体的な方法を解説!

SEO対策をしなければならないという話はよく耳にしますが、近年はSXOという言葉もよく耳にします。SEOは「Search Engine Optimization」検索エンジン最適化に対し、SXOは「Search Experience Optimization」検索体験の最適化という違いがあります。それぞれ、意味合いや対策方法が異なるため、しっかりと理解する必要があるでしょう。

本記事では、SXOの概要やSEOとの違い、SXO対策を行うための方法や考え方などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

SXO対策とは

SXO対策とは、「Search Experience Optimization」検索体験の最適化です。つまり、ユーザーが快適に検索結果に辿り着けるよう対策を講じることを指します。

実際にコンテンツを制作する現場では、ユーザーが求めている情報を素早く確認でき、快適な速度で表示されるようにすることを意味し、ブログに検索窓を設けたり、記事をカテゴリ分けしたりという対策が講じられています。

近年SXOはGoogle検索順位にも影響しており、SEO対策と同様に重要度が高まりつつあるのです。

SXOとSEOの違い

SEOは検索エンジン最適化を意味します。つまり、Googleクローラー(ロボット)に対して最適な記事を執筆することを指します。具体的には、Googleクローラーがキーワードを認識できることを意識したライティングをおこなったり、最適だと言われている共起語を活用したライティングをおこなったりするでしょう。

一方で、SXOの場合は検索した人間の意図を読み取り、最適な記事を書く技術になります。つまり、キーワードを無理やり盛り込んだり、共起語を検索して執筆に繋げたりはしないということ。あくまで読者が最適だと思う内容を執筆するのです。

とはいえ、SXO対策としてユーザーの検索意図を踏まえたコンテンツを制作できれば、SEO対策にもなります。そのため、両者は全く異なる技術ですが、コンテンツ内に両方をうまく組み込むことで、検索上位表示されつつ、ユーザーの満足度を高められる記事が執筆できるのです。

SXO対策の方法

SXO対策を講じる場合、どのように対策すれば良いのでしょうか。ここでは、4つの対策法を紹介します。

モバイルファーストを心がける

昨今はモバイル端末(スマホやIPad)などで検索されることが多くなっています。しかし、パソコン用に作られたWebサイトをスマホで閲覧した場合、文字サイズが小さくなったり、画面がずれたりして利便性を損ねてしまうこともあるでしょう。

そのため、モバイルファーストな記事を執筆する必要があります。レスポンシブデザインを取り入れたり、モバイルサイズでの読み込みがあったらページを変更したりなど、モバイルファーストを心がけることが大切です。

ページスピードを速くする

ページ速度が遅いと、離脱率が高まると言われています。つまり、ページ速度が遅い=ユーザーファーストではないということになります。

画像やソースコードを圧縮することで、ページスピードを変更できるため、ページスピードインサイトなどを活用し、速度を分析してみましょう。

サイトに合った広告を入れる

ネイティブアドと呼ばれる、サイトの構成にマッチした広告を取り入れることが大切です。内容と異なる広告が出現すると、訪問ユーザーに嫌悪感を与えてかねないためです。特に、成果報酬型広告を入れるときには商材をきちんと選別しましょう。

セキュリティ対策を講じる

セキュリティ対策はGoogleが掲げる10の事実においても、超重要な項目として取り上げられています。そのため、httpを使っている場合はhttpsへの変更が重要となります。

httpsのサイトはSSL化されていることを示すため、ユーザーにとってフレンドリーなサイトという位置付けを獲得できます。切り替えが行われていない場合は素早く切り替えましょう。

SXO対策を意識したコンテンツを生み出すための考え方

SXO対策を意識したコンテンツを生み出したい場合、どのような考えでコンテンツ制作を進めていけば良いでしょうか。ここでは、コンテンツを生み出すための5つの考え方を紹介します。

検索意図を分析する

まずは、キーワードに対して読者がどのような検索意図を持っているのかを分析しましょう。SXOでは、検索者のニーズを満たすコンテンツを制作することが求められます。そのため、検索ニーズを分析するプロセスは超重要です。

顕在的な検索意図を把握しておけば、記事のSXO化をスムーズに進められます。

潜在ニーズを分析する

顕在的なニーズを把握したら、次は潜在ニーズを把握するプロセスです。記事のSXO化を進めるには、潜在ニーズの把握も重要です。

潜在ニーズを把握することで、読者が本当に求めている情報を提示できます。検索体験をUPさせることにつながるため、潜在ニーズの把握は重要となります。

分かりやすい記事タイトルをつける

SXOで最も重要なのは、潜在ニーズを満たすことをアピールするタイトルです。「この記事を読むことで自分の悩みが解決する」と読者に感じさせられれば、SXO対策が成功します。

コンテンツをすぐに見つけられ、クリックしやすいようなタイトルをつけましょう。

読者に寄り添った記事構成を制作する

ユーザーの検索体験を充実させるには、コンテンツの読みやすさが重要になります。読みやすい記事を制作するには読者に寄り添った記事構成を制作することが大切です。

まずは見出しを設定し、コンテンツの流れを作っていきましょう。ユーザーが飽きずに最後まで読める記事の流れを作ることが大切です。


実際に記事を執筆する場合、潜在ニーズ・顕在ニーズを網羅的に満たせるような情報を記載しましょう。ユーザーが「良いコンテンツ」と感じてくれるためには重要な心がけです。具体的には、潜在ニーズ・顕在ニーズの中から、読者が本当に求めている情報だけを抽出し、コンテンツに反映します。

コンテンツに関わる情報だからといって全ての内容を記載してしまうと、ユーザーニーズと内容が一致しません。ニーズに合わない情報を記載すると、SXO効果が薄まってしまうので、情報の取捨選択を心がけてコンテンツを作りましょう。

SXO対策を実施するメリット

ここまで紹介してきたようなSXO対策を講じることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、主なメリットを3つ紹介します。

読者満足度が向上し直帰率を下げられる

SXO対策の最も大きなメリットは読者満足度が向上し、直帰率を下げられるという点です。直帰率が下がるとSEO的にも問題があり、コンテンツが上位表示されにくくなってしまいます。

読んで良かったと思ってもらえるようなコンテンツを制作する上で、SEO的にもメリットがあります。そういった記事を制作する上でSXO対策が役立つのです。

売れる記事が書ける

SXO対策を講じることで、ユーザーの体験が最適化され、記事の中から商品が売れやすくなります。そのため、運営者側としても大きなメリットとなります。

「自社商品を普及させる」「ブログから商品を販売する」などがコンテンツを制作する最終的な目的となっているはずです。適切なSXO対策を講じることで、素早く商品が売れるブログを作成できるでしょう。

競合優位性を獲得できる

コンテンツがユーザーにとって役立つものであれば、顧客満足度が高まります。「別の記事を読んでみたい」「読んで良かった」と感じてもらえるため、競合と比較して優位性を獲得できることもあるでしょう。

SNSの拡散や他ブログで取り上げられることも可能性としてあるため、自社ブランディングにも役立ちます。

まとめ

本記事では、SXOの概要やSEOとの違い、SXO対策を行うための方法や考え方などを紹介しました。SXOを意識したコンテンツを制作することで、競合優位性を獲得できるなどのメリットがあります。本記事の内容をもとにSXO対策を行なってみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる