Webライターに必要なスキルとは?資格や向いている人の特徴も解説!

在宅ワークの中でも自由度が高い職業として人気なのがWebライターです。パソコン1つでどこでも作業ができるため、Webライターになりたいと考える方は多いのではないでしょうか。

とはいえ、「ノースキルでWebライターになるのは難しいのではないか」「持っていると重宝されるスキルは何か」を疑問に感じ、なかなか一歩踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、Webライターに必要なスキルや向いている人の特徴、なり方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

Webライターの仕事内容

Webライターはネット上の記事を執筆する職業です。企業が運営しているオウンドメディアの執筆代行や、SEOコンテンツ作成、広義で言えばDM、LP制作もWebライターの仕事となります。

記事を執筆する際は、様々な情報をを収集することになりますが、Web上の記事を参考にしたり、書籍を購入して作成したり、インタビューを行ったりして情報を集めます。

リサーチ力や情報収集スキル、まとめる力が問われるWebライターの仕事内容に対して、大量の文章を書く点で「辛そう」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、その分大きなやりがいがあるのも事実です。

Webライターに必要なスキルとは?

Webライターに必須というスキルはありません。とはいえ、文章を書くうえで次のようなスキルがあると重宝されるライターとして活躍できるでしょう。

  • ライティングスキル
  • 検索意図把握スキル
  • 情報収集スキル
  • インタビュースキル

各項目について詳しくみていきます。

ライティングスキル

Webライターにとって最も重要なのがライティングスキルです。第三者に分かりやすいように情報を記載し、読みやすい、分かりやすいテキストを作るのが仕事です。

ライティングスキルの根幹には「一般常識」や「共通認識」などがあります。これらの要素における世間とのズレが少ない方がWebライターとして活躍できるでしょう。

検索意図把握スキル

Web記事においては、不特定多数の読者が共通の悩みを抱えてアクセスしてきます。「ただ書く」「情報を網羅的に伝える」ではWebライターとして活躍するのは難しいでしょう。

なぜなら、読者が求めていない情報を網羅的に記載すると、本当に必要な情報が埋もれてしまうからです。結果としてユーザビリティの低い記事となってしまいます。

情報の必要性を理解し、取捨選択できるよう、検索意図把握スキルが必要になるのです。

情報収集スキル

Webライターは様々な形で情報収集します。

  • 記事参照
  • 書籍からの引用
  • 取材

上記のような収集方法がありますが、全てにおいて高いレベルが求められま。ます。

インタビュースキル

インタビュー記事を書く場合に限りですが、相手の情報をしっかりと聞き出せる「インタビュースキル」は重要です。仕事内容や相手によって質問の仕方を変えるといったように、フレキシブルに対応できる力が重要となります。

また、取材した情報をコンテンツに反映させやすいよう、構成を考えた上でインタビューを実施するスキルも必要となるでしょう。

インタビューに関しては以下の記事で紹介します。

Webライターが持っていると重宝されるスキル

上記で示したのはWebライターに基本的に必要なスキルですが、一方で、その他に持ち合わせていると良いスキルも2つあります。

  • SEOスキル
  • マーケティングスキル

それぞれ詳しく解説します。

SEOスキル

Web記事を書く上でSEOスキルは必要不可欠です。コンテンツを上位表示させるためには間違いなくSEOが重要だからです。そのため、SEOを意識してコンテンツを制作できる人は、クライアントから重宝されるでしょう。

また、そういったWebライターの方がコンテンツマーケティングに効果があるため、報酬単価が高くなる傾向にあります。

マーケティングスキル

Webライターの仕事内容は「記事を書くこと」ですが、いわばコンテンツマーケティングのサポートをしているわけです。

そのため、マーケティングに関する知識を持っていた方が、重宝される人材になれます。また、マーケティングの知識が必要な案件もあるので、身につけておいて損はないスキルです。

コンテンツマーケティングに関しては以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティングとは? 定義から実践方法まで解説 「コンテンツマーケティング」という言葉は知っていても、詳しく知っている人は少ないのでは? 当記事ではコンテンツマーケティングを運用したい人に向けて、定義から...

Webライターに向いている人の特徴

Webライターはどのような人が向いているでしょうか。ここでは向いている人の3つの特徴を紹介します。

文章を書くのが好き

Webライターは毎日大量の文章を書きます。そのため、執筆が好きでなければやっていけないでしょう。

学生時代の作文が得意だったり、ブログを運営するのが好きという人には向いているでしょう。

地味な仕事も得意

Webライターは情報を収集したのち、文章にまとめるという、非常にシンプルで地味な仕事です。また、Webライターとして活動を始めた初期段階には実績がほとんどないため、大量の記事を執筆し、実績を作っていく必要があります。

つまり、地味で辛い仕事でもコツコツとこなせる能力が求められるのです。

スケジュール管理が得意

Webライターに限らずですが、複数の案件を管理するスケジュール能力は必須です。どれだけ質の高い記事が書けたとしても、納期に間に合わなければ信用を失ってしまうからです。

日々手帳をつけたりカレンダーを見たりする習慣がある人は、Webライターとして活躍できるでしょう。

未経験からWebライターになる方法

未経験からWebライターを目指す場合、主に3つの方法があります。

企業に採用される

最も素早くWebライターになれる方法は、Webライターを募集している企業に入社するという方法です。いきなりフリーランスになるよりスキルが身につきますし、勉強になるというメリットがあります。

また、固定給で働けるため、収入の不安が少ない点も魅力です。

直接メディアに営業をかける

Webメディアが募集をかけていることがあります。そういったメディアに直接応募すれば、ライターとして活動できるでしょう。

ただし、基本的にはポートフォリオの提示が求められるため、完全初心者には難しい方法となります。そういった場合、まずはポートフォリオになる仕事を他の方法で獲得してから応募しましょう。

クラウドソーシングを利用する

直接営業よりもハードルが低い手段として人気なのが、クラウドソーシングを利用することです。クラウドソーシングは単価が低めですが、実績作りには最適な手段となっています。

直接営業をかける前の実績づくりとして利用するのがおすすめです。

Webライターは専門分野の資格を持っていると良い

Webライターとして活動する場合、専門ジャンルを設定するのが良いとされています。

例えば、不動産系なら「マンション管理士」「宅地建物取引士」、メディカルライターなら「看護師資格」「管理栄養士資格」などが役立つこともあります。

専門分野に関わる資格を取得していると、記事の単価が上が上がる可能性もあるため、収入を増やしたい場合には資格取得を検討してみるのが良いでしょう。

まとめ

本記事では、Webライターに必要なスキルや向いている人の特徴、なり方を紹介しました。Webライターに必須のスキルはありませんが、SEOスキルや取材スキルなどを持っていると重宝されるライターになれます。本記事の内容も参考に、Webライターとしてのキャリアアップを考えてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる