セールスライティングとは?売れる文章を書く秘訣!【3つの型も紹介】

オンラインの販売において必要になる技術の一つが「セールスライティング」です。セールスライティングを身につけることで、商品やサービスが「売れる」ようになります。とはいえ、どのような文章を書けば良いのかわからないと悩む方は多いでしょう。

本記事では、セールスライティングの概要やコピーライティングとの違い、セールスライティングを取り入れる上で最適な型について紹介します。また、4つのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

セールスライティングとは

セールスライティングとは、商品を販売するために必要な「文章の技術」のことです。商品やサービスをネット上で販売する際には、単純なおすすめだけでは売れません。消費者の立場にたちながら相手が求めている情報を理解し、悩みを解決することで売れるようになります。

その際に必要となるのがセールスライティング。セールスライティングには、読者に対して狙った行動を促し、思い通りにコンバージョンさせる力があるのです。文章で確認すると難しいように感じますが、セールスライティングには使いやすい型が存在するので、取り入れれば、型を覚えることでものが売れるセールスライティングになるでしょう。本記事でも後ほどセールスライティングの型について紹介します。

セールスライティングとコピーライティングの違い

セールスライティングとコピーライティングは似ているように感じます。ところが、両者には大きな違いがあります。具体的には、セールスライティングは「商品やサービスを販売する際に必要となる文章の技術」コピーライティングは「商品のイメージアップを目的とした文章の技術」のことを指します。

とはいえ、商品のイメージアップは商品を販売する際にも必要です。そのため、セールスライティングの中にコピーライティングが含まれていると考えるのが良いでしょう。

セールスライティングが必要となる場面

セールスライティングは様々な分野・媒体で役立ちます。ここでは、セールスライティングが使える主な場面を4つ紹介します。

LP制作

ランディングページとは、商品を販売することに特化した1枚もののページのことです。LPはセールスライティングが用いられる最もメジャーな場面といえるでしょう。

LPでは商品やサービスのメリットを伝えるのはもちろんのこと、消費者がどのような悩みを抱えていて、購買にどんな目的があるのかを理解する必要があります。そのため、コピーライティングと非常に相性が良いのです。

HP制作

HP制作においては企業自体、もしくは販売している商品のアピールが欠かせません。LP制作同様にメリットを提示することは重要ですが、加えて、イメージアップにつながる文章を考える必要があります。

セールスライティングの型(フレームワーク)を活用することで、より簡単に素早く「価値」を提示できるため、HP制作に置いてもセールスライティングが重要です。

メルマガ

メールマガジンは、ユーザーのメールアドレスに対してダイレクトに送信するメッセージのことです。とはいえ、迷惑メールとして削除されれば送付した意味がなくなります。つまり、メールマガジンのタイトルにはセールスライティングの技術が必要となります。

また、タイトルと内容が全く異なるものであれば、購読者はガッカリし長期購読には繋がらないでしょう。本文にもセールスライティングが必要になります。

DM(ダイレクトメール)

TwitterやInstagramなどDM機能があるツールでメッセージを送信する際もセールスライティングが役立ちます。そもそもDMは開封されることの方が少なく、適当なタイトルをつけてしまうと開かれることはありません。セールスライティングを活用することで開封率を高められるため、効果的にDMを届けられます。

セールスライティングに最適な文章の型

3つの型に沿って文章を執筆すれば、誰でもセールスライティングを活用できるでしょう。ここでは、主な3つの法則について紹介します。

BEAFの法則

BEAFの法則はベネフィットを先に提示した上で必要な理由や根拠、競合優位性、商品の魅力を提示できるセールスライティングの型です。

BEAFは以下4単語の頭文字をとっています。

Benefit:商品を購入することで得られるベネフィット
Evidence:ベネフィットの証拠や根拠
Advantage:競合優位性
Feature:商品の魅力

これらの型(フレームワーク)に当てはめることで、魅力的なベネフィットがしっかりと伝わる文章が書けます。

新・PASONAの法則

日本の経営コンサルタント、神田昌典氏が提唱しているセールスライティングの型です。消費者のコンバージョンを誘う方法として非常に役立ちます。

通常のPASONAの法則に含まれている「Agitation(興奮・扇動)」が現在のマーケティングには向かないと考え、新PASONAの法則を提唱したようです。

ちなみに、新・PASONAの法則は以下の頭文字をとっています。

Problem:問題提起・トラブル
Affinity:親近感を覚える内容
Solution:問題解決
Offer:提案
Narrow:購入者の絞り込み(限定〇名など)
Action:行動させる

この流れに沿って執筆すれば、より商品が売れる文章になります。

PREP法

PREP法とは、以下の流れで文章を書くフレームワークです。

Point:結論
Reason:理由
Example:具体例
Point:再度結論

分かりやすく説得力のある文章を執筆する上では重要な型です。セールスライティング以外でもよく用いられていますので、覚えておいて損はないでしょう。

セールスライティングをするなら知っておきたい3つの「NOT」

セールスライティングをする上で、読者の特性を知っておかなければなりません。その際に役立つのが「3つのNOT」です。ここでは3つのNOTを詳しく紹介します。

読まない

読者は文章を読もうとしません。そのため、読者の目を引いて読ませるキャッチコピー、文章が必要になります。「読まない」を乗り越えるくらいの文章を書けるように練習が必要です。

信じない

読者は記載されている内容を信じません。特に、具体的な事例が記載されていない文章を目の前にした時、時間のない読者であれば離脱してしまうことでしょう。

「事例をたくさん盛り込む」や、「記事の権威性を提示する」などを意識してセールスライティングをする必要があります。

行動しない

読者は文章を読んで「購入したい」と感じても、最後まで行動することは少ないでしょう。そのため、セールスライティングをする上では読者を立ち止まらせて「今購入しなければ損失がある」と感じさせる必要があります。

セールスライティングの3つのコツ

セールスライティング初心者だとしても、以下3つのコツを押さえて執筆することで質の高い文章が執筆できるでしょう。ここでは、3つのコツを紹介します。

ヘッドラインのクオリティを意識する

ヘッドラインは、媒体の中で最も目立つ部分のことを指します。つまり、見出しや最初の方の文章のことをヘッドラインと言います。最初に目をつける部分となるため、その部分のクオリティで文章全体が決まると言っても過言ではありません。

前述した「3つのNOT」を解決する上でも必要な心がけとなりますので、ヘッドラインのクオリティチェックは入念に行いましょう。

結論ファーストで執筆する

Web上の文章は基本的に最後まで読まれません。そのためWebの文章を執筆する場合、結論ファーストが大切です。前述した文章の型を使用すれば、基本的には結論ファーストの文章を執筆できるため、型を利用したことがない人は一度活用してみると良いでしょう。

最後の一押しを意識する

セールスライティングの「3つのNOT」のなかで最も突破しづらいのが「行動しない」です。この部分を改善するために「最後の一押し」になる文章を執筆しましょう。

具体的には「限定〇明限定」「本日〇時まで限定」「今すぐお問い合わせください」など、行動を即す文章を1文入れるだけでコンバージョン率が劇的に変わります。

まとめ

本記事では、セールスライティングの概要やコピーライティングとの違い、セールスライティングを取り入れる上で最適な型などについて紹介してきました。セールスライティングの型を取り入れることで、文章をより魅力的なものにでき、読者の購買につながります。まずは、本記事で紹介したフレームワークを使って文章を執筆してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる