検索順位を上げる方法は?SEOのポイントとGoogleのアルゴリズムについて徹底解説!

検索順位を上げる方法は?SEOのポイントとGoogleのアルゴリズムについて徹底解説!

Webサイトを運営している方であれば、検索エンジンを意識して記事を作成しますよね。

そんな方なら一度は聞いたことがある『SEO』(Search Engine Optimization)。

日本語訳では検索エンジン最適化といいます。

いい記事を書いても誰の目にも止まらなければ記事を作っている意味ありません。

SEO対策をして検索順位を上げることにより、多くの人の目にとまりやすく、知名度があがるので収益も上昇します。

SEO対策をする上で、検索のアルゴリズムについて知っておくと良いでしょう。

この記事では、Google検索の理念とアルゴリズムについて紹介します。

目次

Webサイトの検索順位が決まる流れ

検索順位が決まる大きな流れとしては、

・クローリング:サイトを発見する

・インデックス:サイトをデータベースに登録する

・ランキング:検索順位を決める

があります。

以下で詳しくご紹介します。

クローリング

インターネット上には『クローラー』と呼ばれる検索エンジンを巡回するプログラムがあり、Googleなどの検索サイトを提供している企業が運営しています。

Web上を這う(クロールする)ことから、そう呼ばれています。

クローラーがWebページに回ってきたときに、検索エンジンは初めて記事の存在を認識。

SEO対策として第一歩目を踏み出すには、まずクローラーに発見してもらうことから始まるのです。

クローラーが発見したら、そのあと内容を解析します。

検索エンジンがユーザーへ価値ある検索結果を伝えるために、クローラーがWebサイトの情報を把握することが重要なので、何度もクロールされることがとても大切なのです。

何度もクロールされるには、コンテンツの質を上げることが重要だとされています。何度もサイトの構成を見直し、リライトを繰り返しましょう。

インデックス

クローラーが集めてきたWebページの情報は、全てGoogleのデータベースに登録されます。このデータベースへの登録のことを『インデックス』といいます。

検索エンジンにとって読みやすい記事を作成することで、上位にランキングされやすくなりますので、特に意識しましょう。

ランキング

インデックスされた記事を有益と判断した順にランキングし、検索順位に結果を反映させます。当然検索上位には、より有益な情報が上がります。

200以上のシグナルをもとに複合的に判断するアルゴリズムによって検索順位は変動するといわれています。

順位が変動する要素を断定する事はできませんが、ユーザー目線でコンテンツを使いやすく改善することで検索順位を上げていきましょう。

後述しますが、『検索順位チェッカー』などのツールを使い自分の記事の現状を把握することも可能です。

検索順位を上げるSEO対策のポイント

Webサイトを運営するなら、検索順位を上げることにより収益を上げたいもの。

SEO対策では、『ドメインパワー』が重要です。

ドメインパワーとは、検索エンジンにどのくらい評価されているかを示す指標となります。

こちらではSEO対策のポイントを御紹介しましょう。

情報を充実させる

ユーザーにとって知りたい情報を詰め込んであるWebページは助かりますよね。

検索している人は『答え』を求めています。

回りくどい言い回しや、あいまいな表現はやめましょう。

良質な記事をたくさん書くことでWebサイト内に情報が充実していきます。

数字を明確にするなど、ユーザビリティにあふれる記事だと信頼性があがります。

もちろん信頼できる情報ソースを使うことが大前提です。

適正な内部リンク

内部リンクとは、自Webサイト内の記事同士をつなぐリンクのことです。

クローラーが内部リンクをたどって巡回し、インデックスされやすくなります。

せっかく記事を書いたのに、インデックスされずに埋もれてしまうのはもったいないですよね。

ページ同士の関連性が高いと、ユーザーが知りたい情報へすぐ案内できます。

つまり、ユーザビリティが向上し、サイトの評価があがります。

内部リンクを適正に活用しましょう。

外部リンクの適正化

外部リンクとは自サイトと他サイトをつなげるリンクのことです。

昔は外部リンクの数が多いほどドメインパワーが強いと評価されていました。

しかし、ユーザーにとって不必要でしかない情報で儲けようと考える企業のことを『ユーザー第一主義』を掲げるGoogleは許さない、というスタンスを取ります。

『ペンギンアップデート』と呼ばれるアルゴリズムのアップデートを行い、品質の低いものや自動生成された疑いのあるサイト・ページリンクを一斉削除したことにより、外部リンクを最重要視してきた今までのアルゴリズムの内容が変更されました。

花屋さんのホームページに居酒屋さんのホームページのリンクが貼ってあっても関係性がないですよね。

例えば、歯医者のホームページにホワイトニング技術のリンクを貼ってあるのは自然な流れです。ページ内容から見て自然なリンクであれば、高く評価されます。

ドメインの適正管理

重複したドメインがない限り、自由にドメインを設定することができます。

ドメインを見ただけでサイトがどのような内容のサイトなのか想像しやすく、わかりやすいドメイン名にすることが重要です。

なぜなら、サイト内容が想像しやすいことにより、検索結果などでユーザーにクリックされやすくなり、アクセスされやすくなります。

つまり、ユーザビリティが高まり、クリック率や訪問数などが上がることで、間接的に「ドメインパワー」が高まる可能性があるということですね。

コンテンツのこまめな更新

あなたがユーザー側の立場だと、決して最新情報ではないとしても更新日の古い記事より新しい記事を見たいと思いますよね。

情報は日々新しくなります。一度書いた記事でも、3ヶ月に1回は定期的に見直して最新情報に更新しましょう。

やってはいけない「ブラックハットSEO」とは?

ブラックハットSEOとは、2000年代頃に横行した不正の名称です。

関係性の低い外部リンクを貼りまくることによって質の低いコンテンツを検索上位に表示させることを表しています。

一時は一般企業の間でも広まったブラックハットSEOですが、先述したGoogleアルゴリズムの大幅アップデートにより、段階的に駆逐されました。

また、『パンダアップデート』という、他のサイトをコピーしたコンテンツや、ユーザーにとって価値がない低品質なコンテンツを取り締まるアルゴリズムにより、ブラックハットSEOは衰退しています。

検索順位を上げるために使いたい無料ツール

検索順位を上げるために便利な無料ツールが複数あります。

ここではオススメを4つご紹介します。

キーワードプランナー

お役立ちポイント:ターゲットの明確化、記事の内容充実化

Google公式の無料で使えるツールで、SEO対策をするキーワードを選ぶときに使われるツールです。(アカウント登録が必要です)

本来はGoogle広告を使っている人に向けたツールではありますが、キーワード選定に役立ちます。

個別のキーワードに関する検索ボリュームを調べることができるので、検索ボリュームが高いものを多く使うと検索に引っかかりやすいということになります。

検索順位チェッカー

お役立ちポイント:順位がわかる【代表的な検索エンジン、端末、キーワード】

検索順位チェッカーは無料・登録不要で使えるツールです。

代表的な検索エンジン【Google、Yahoo、Bing】での検索順位を定量的に調べることができます。

日本ではインターネットを利用するほとんどの人がこの3つを使っているので、この3つの検索順位さえわかっていればSEO対策としては充分です。

スマホが普及している現代では、パソコンを持っていない人もいるほど。

そのため、パソコン検索とスマホ検索それぞれの順位を知ることは重要です。

パソコンから執筆して見やすくても、スマホユーザーにとって見づらければスマホ需要が伸びません。

それぞれの端末からの検索順位を上げる努力をすることが必要です。

SEOチェキ!

お役立ちポイント:キーワード出現機能、簡単にSEO対策

URLを入力するだけで、コンテンツ内のメタタグ情報、発リンク数、キーワードごとの順位計測、など、SEO対策に役立つ情報が多数取得できます。

キーワードに指定している文字の数を数えてくれたり、文章に対するキーワードの比率を読み取ることができます。

ちなみに、記事の中でのキーワード出現頻度は0.5%から2.5%が効果的だとされています。

初めてSEO施策をする方の第一歩にオススメです。

GoogleSearchConsole

お役立ちポイント:サイト全体の質の改善

Google公式の無料ツールであり、インターネットの検索時における表示順位やクリック率の結果の確認や、ホームページに隠れている問題の発見などが可能で、サイトの質の改善ができます。

サイトへの流入経路から流入後のユーザーの動きを分析して、主にサイトのパフォーマンスを分析するツールで、ホームページを運営する人なら必ず導入すべきツールであるといえるでしょう。

検索順位を上げるには有料ツールを使うべき?

有料ツールのいいところは、

  • 広告がない(少ない)
  • 経時変化がわかりやすい
  • 機能制限がない

ことが挙げられます。

広告がない(少ない)

無料ツールは主に広告収入で運営費を賄っていますが、有料ツールは運営費を会費で賄うところもあるためです。

広告がない分、Webページの見やすさは圧倒的に有料のほうが良いでしょう。

経時変化がわかりやすい

無料ツールは、検索時の順位を示すものが大半になっています。

対する有料ツールは、順位変動が目に見えてわかるようになっているものが多く、対策を練りやすくなります。

機能制限がない

無料ツールでは『1日○回まで』と制限があるパターンが多いですね。

何度も使用したい方は有料ツールを使いましょう。

これまで挙げた以外にも、無料ツールのメリットは挙げればキリがないほどたくさんあります。

もちろんですが、有料ツールの方がユーザビリティに優れていると感じます。

どちらを使うのも個人の判断に委ねられますので、じっくり考えてみましょう。

ただし、競合サイト分析ツールは基本的に有料となっています。

本格的に収益を伸ばしたい方は有料ツールを使いましょう。

検索順位を上げるならユーザー目線に立ったコンテンツ作りが最善!

SEO対策というと、検索エンジンの対応に目を奪われてしまいがちですが、忘れてはいけないのが読者であるユーザーです。

ユーザーの使いやすさを考慮し、効率的に情報を集められるWebサイトのほうが評価は上がりやすいので、ユーザビリティを重視してWebコンテンツ制作を続けていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる