SEOは依頼してプロに任せるのが良い?

マーケティングやWebサイトの運営において、SEOを学び、実施していくのはとても重要です。

しかし、ゼロからSEOを学んで実践していこうとすると、結果につながるまでかなりの時間がかかるもの。

できることなら社内のSEOにかける労力を減らし、効率的に収益につなげていきたいですよね。

最も早く、SEOによる効果を出したいのなら、業者に依頼して、プロに任せるのが一番です。

とはいえ、SEOの業者はたくさんあり、どこを選んで良いのか迷ってしまうし、費用相場を知らなければ依頼するための予算も組みづらい。

そもそも業者はどこまでSEO対策をしてくれるのかも、意外と知られていないのが現状です。

今回は、SEOをプロに依頼するメリット・デメリット、SEO業者の依頼費用や選び方を紹介します。

目次

SEOを依頼してプロに任せるメリット・デメリット

SEO対策とは、消費者が対象となるキーワードを検索エンジン(GoogleやYahoo!など)に入れたときに、自社サイトが上位に表示されるように対策することです。

良いコンテンツを作っても、検索の上位に上がってこなければ見てくれる人も増えず、宝のもち腐れとなってしまいます。

SEO対策をしなければ、もちろん上位には上がってこないし、対策をしても日々更新される大量の情報によって容易に順位は下がります。

簡単に、そして効率的に検索順位を上げるなら、やはりSEO業者に作業を任せるのが一番です。

SEOを専門とした業者に依頼すれば、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット1.無駄のない的確なSEO対策をしてくれる

SEO対策といえど、企業によって十人十色。

それぞれ違った課題があり、対策方法もバラバラです。

SEOをプロに依頼する最大のメリットは、自社の課題を瞬時に見極め、オーダーメイドの対策をしてくれるところにあります。

最近では書籍やSNSによる情報も豊富で、独学で対策していく事も可能ですが、初心者では時間がかかりすぎてしまいます。

無駄がなく、即効性のあるSEO対策をしてもらえるのは、プロに依頼した企業の特権です。

また、プロにSEO対策の大部分を頼むことで、社内におけるSEOへの労力を大きく減らすことができます。

これまでSEOにかけていた労力を、別部門での収益につなげていくことも可能になるでしょう。

メリット2.早く効果が出やすい

SEO業者に依頼すれば、自社で行うよりも圧倒的に早く効果が得られます。

SEOを知り尽くしたプロが、瞬時に必要な課題と対策を判断し、自社サイトに落とし込んでくれるので、早い段階で効果を実感することができます。

初心者が独学でSEO対策をしようとすると、「学び→実践→改善」の繰り返しで、どうしても結果が出るまでに時間がかかります。

スクールで学ぶという方法もありますが、数十万円かかる上に、多大な時間を要します。

学びにかける時間や予算を、業者に依頼するSEO対策費用に当てるのが良いでしょう。

メリット3.最新のSEO対策に対応できる

SEOも時代と共に日々変化しています。

Googleのコアアップデートが代表的で、毎日の細かな改良のほかに、年に数回、大規模なアップデートが行われています。

こうしたアップデートはサイトの検索順位にも大きな変動を与えており、SEO対策も1度行えば安心というわけではなくなってきました。

勉強しても、勉強しても、初心者ではなかなか変化に追いつけないのが現状。

SEOを専門とした業者は、こういった大規模アップデートのような最新情報も常に仕入れており、その都度改良を加えることが可能です。

SEO対策とは単発案件ではなく、長期的なお付き合いになる案件なのです。

信頼できるSEO業者を見つけ、依頼することは、継続的な自社のSEO対策にもつながっていくでしょう。

デメリット1:コストがかかる

SEOを業者に依頼すると、数万から場合によっては数百万円の費用がかかります。(この後詳しく解説しています)

独学でSEO対策をすれば、ネットの情報や書籍などを駆使して、数千円程度でスタート出来るでしょう。

しかし、初心者が独学で学び、実際に結果につなげていくまでにはかなりの時間がかかります。

SEO対策を低コストで行いたいなら自社の社員を教育して進めるのがよいですが、早く効果を得たいのならある程度の予算がかかっても業者に依頼するべきです。

デメリット3:悪徳業者も多い

以前に比べ、SEO専門業者も増えてきましたが、その全てが優良企業とは限りません。

知識の少ない初心者を狙って、大金を巻き上げる業者や、ガイドラインに全く沿わない仕事をしてくる悪質な業者もいます。

万が一サイトに不具合が見つかった場合、ペナルティを受けるのは自社です。

もし、SEOを外部に依頼するのなら、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

この後「SEOを依頼する業者の選び方」の項目で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

デメリット3:ずっと業者に依頼し続ける必要がある

SEO対策を業者に依頼すると、作業をずっと任せきりにしてしまうので自社のSEO対策(インハウスSEO)が進化しないというデメリットがあります。

ゆくゆくは自社でSEO対策を行っていきたいのなら、社員の教育やSEO対策本部の立ち上げなども同時に行って行きましょう。

業者によっては、インハウスSEOをゴールとしたコンサルティングを行ってくれているところもあるので、まずはこういった業者を利用して始めていくのも手段の一つです。

SEOを依頼する時の費用はどのくらい?

SEO業者に依頼する際の費用は、安いところは1万円代から、数百万円するところもあり、かなり幅広いです。

SEO業者が行う対策は主に下記の3つに分かれており、対策の種類や請負う範囲によって費用が変わってきます。

①内部対策:Webサイトの土台を作ったり、再構築したり、内部を整備する対策

②外部対策:外部からのリンクを多く獲得する対策のこと

③コンテンツSEO:質の良い記事を作り、発信し続ける対策

SEOを依頼された業者は、「固定報酬型」「成果報酬型」「一括支払い型」のいずれかの支払い方法を採用していることが多く、支払い方法によって①〜③のどこまで作業を請負ってくれるのかも変わってきます。

それぞれの支払い方法別に、特徴と費用の相場をみていきましょう。

固定報酬型の場合

費用相場:税込約20〜40万円/月

作業内容:内部対策が中心

あらかじめ月の支払額を業者と決めておくことで、SEOに関わるすべての業務を委託。

専用コンサルタントがついて、内部対策を中心とした施策を行います。

成功報酬型と違って、キーワードごとに報酬が決まっているわけではないので、予算内であれば成果が上がらなくても何度でも作業を実施してくれます。

料金が分かりやすく、低コストでスタート出来るので、初めてSEO業者に依頼する場合はこちらがおすすめです。

成功報酬型の場合

費用相場:税込約1.5〜30万円/月

作業内容:内部対策+外部対策(外部対策がメインの業者が多い)

「6ヶ月以内に上位3位までに入ったら〇〇万円」のように、キーワードごとに狙いたい成果を決めて、それが達成された場合だけ報酬を支払います。

検索エンジンでよく検索されているワード(ビッグキーワード)を依頼するほど費用が高く、検索回数が少ないものは価格が低く設定されていることが多い印象。

成果が得られなかった場合は、報酬が支払われないのも特徴です。

一括支払い型の場合

費用相場:税込約3000〜100万円以上(※)

作業内容:コンテンツSEOが中心

主にSEO対策がされたコンテンツ(サイトに載せる記事など)制作を中心としている場合に使われる支払い方法です。

「月◯本記事を納品する」といったように契約し、ライターのレベルによって数千〜数万円と費用が変わってきます。

コンテンツ制作と合わせて、キーワードの選定やコンサルティングなどを依頼すると追加費用が発生。

大手企業などSEOの予算を大きく組んでいるところは一括税込100万円ほどで依頼されるケースもあります。

SEOを依頼する業者の選び方3選

数あるSEO業者から、自社にあったところを見つけるにはどのようなことに注意したら良いのでしょうか?

中には悪徳な業者も潜んでいる可能性があるので、失敗しないように慎重に選びたいですよね。

H3 選ぶポイント1.過去の実績がある

SEO業者を選ぶ上で欠かせないのは、過去の実績について。

これまでどのような業界のSEO対策を行ってきて、どのような実績を残してきたか、可能であればデータとして見せてもらいましょう。

SEO業者にも、各社得意とする業界やジャンルがあるため、過去に自社と似たような業界を担当しているかどうかは重要視したい部分です。

サイトに実績が記載されていないときは、直接問い合わせて聞くのも良いでしょう。

もっと慎重に選ぶなら、その業者自身のサイトが検索の上位に上がってきているかどうかも指針になります。

依頼先の業者が実際にSEOで結果を出していると分かれば、安心して任せることができます。

選ぶポイント2.プラン内容や費用は適切かどうか

SEOを依頼するとき、まずは社内である程度の予算を組むのが一般的です。

予算内で対策を行ってくれるかどうかも重要ですが、必要な対策をすべて行った場合にどのくらいの追加費用がかかるのか、具体的に提示してくれるかも大切です。

また、先ほど紹介した対策方法(内部対策・外部対策・コンテンツSEO)が、どの程度プランに落とし込まれているのかも明確に提示してもらうと良いでしょう。

自社の達成したい目的をすり合わせる打ち合わせから、具体的なプランと費用が記載された見積書作成まで、しっかりと行ってくれる業者を選びましょう。

選ぶポイント3.自分の会社に興味を持って取り組んでくれる

SEO業者を選ぶときに大切にしたいのが、自社と「波長が合うか」という事です。

業界大手であることや、過去の実績はもちろんですが、自社の目指す方向性に寄り添ってくれて、一緒に成長しよう頑張ってくれる業者には好感が持てます。

ビジネス的な繋がりだけではなく、人間らしい会話ができ、長いお付き合いをしていける業者を見つけることが出来れば理想的です。

サイトに掲載されている過去実績が「A社」「B社」ではなく、「株式会社〇〇」のように具体的な企業名で掲載されていると、双方が信頼関係を気づいて仕事をしてきたとわかります。

打ち合わせ時の会話の雰囲気で、ある程度感じ取ることができるでしょう。

まとめ

今回は、SEOをプロに依頼するメリット・デメリットや、SEO業者の依頼費用や選び方を紹介しました。

SEO対策は、無駄がなく、常に最新のSEO情報を持っている業者に依頼するのが最短で効果を得るための近道だということがわかりました。

業者へ支払う費用は、主に成功報酬型、固定報酬型、一括支払い型の3つに分かれています。

過去の実績があり、費用やプラン内容を明確に提示してくれるのが良い業者で、選ぶ価値があります。

自社の将来像に寄り添って、プランを考えてくれるかどうかも大切なポイントになるでしょう。

とはいえ、SEO対策をプロに任せきりでは、ずっと依頼し続けないと効果が継続できないということになります。

依頼しながら自分たちでもSEOを学んでいくのか、この先も予算を組んで業者に依頼し続けるのか、最適な方法を選んで活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる