ホームページ集客効果が出ないときの対処法

ホームページの集客をしているものの、効果が出なくて困っているというケースは結構多くあると思います。一生懸命に対策をしても、効果が出なかったら困りますよね。

とはいえ、

・どうして集客の効果が出ないんだろう

・ホームページ集客効果を大きくするにはどうしたらいい?

上記のように迷っている人も多くいるはずです。

そこでこの記事では、実際にWordPressを使ってホームページを作った筆者がホームページ集客の効果が出ない時の対処法について詳しく解説していきたいと思います。

この記事を読めば、集客について大きく改善していく事ができるはずです。

3分程度で簡単に読む事ができますので、ぜひ見てみてください。

目次

ホームページはなぜ作る?

ホームページを作る理由についてですが、結論から言うと複数存在するのが事実です。

まず1つは資料を請求してもらったり問い合わせを得ると言うものです。これらは商品を購入してもらうことに直結するので、ホームページを作るメリットとして大きいと言えるのです。誰もが商品を買うときはその商品について詳しく知りたいと思うはずです。

そしてその商品のことがわかったところで、初めて購入しようと考えたりするものですよね。

なので商品が欲しい人に対して、しっかりと資料を提供できることや問い合わせに答えるということで企業自体の信頼度が増して売り上げにつながる可能性が高くなってきます。

また、企業のイメージアップにも繋がりやすいのが特徴です。自分の会社の良いと思う部分はたくさんあるものの、なかなか周囲にそれを伝えることができないと困っているケースもあるはずです。企業についての印象が自分たちの思った通りでなければストレスは溜まりますし、経営をしていても困る部分が多くなってくるでしょう。

その点、自身のホームページであれば、自由に企業の印象を変えることが可能です。たとえば、トップページで安い商品の金額を大きく書けば、安い価格がウリであることがわかるでしょう。

また、商品をライトアップしたりして高級感を出せばまた違った雰囲気で企業を伝えることができるはずです。

そういったいろいろな工夫を加えることができるのは、ホームページを作る良さです。

具体的な集客の仕方

では、具体的にどうやって集客をしていけば良いのでしょうか。

正しいやり方を行っていかなければ、集客をしてもあまり意味がなくなってしまいます。

以下で、おすすめの方法について解説をしていきたいと思います。

すぐに実践できるものばかりかと思います。

無料の方法

まずは、無料の方法についてですね。

初めて行う人だったり、企業側でコストをかけたくないというケースの場合は実践してみるといいと思います。

SEO対策

1つはSEO対策ですね。

SEOとは、検索をした時に自分のホームページや記事を上位に表示するための技術です。

SEOのコツとしては、ユーザーにとって役立つ記事を長期的に多く載せていくことが重要になってきます。以前は、キーワードなどをたくさん盛り込めば上位に表示できることもありましたが、検索機能自体がよくなっているので、中身の良い記事でなければ上位表示をすることは難しいです。

SNSを使う

SNSを使った集客についてもおすすめの方法です。無料で始められるので手軽さはかなりあるといえるでしょう。

最初のうちはなかなか効果が出ないこともありますが、しっかりと内容を書くことができればバズる可能性も出てくるのでメリットも多いメディアだと言えます。

SNSの注意点としては、ペルソナをしっかりと設定することですね。どのような層が自分たちの企業をみているのかを分析できないと効果を出すことが難しくなってしまいます。

たとえば、若者向けに発信をしていきたい場合はTwitterやインスタなどを利用するのがおすすめです。

Twitterについては利用者が20代〜30代くらいになっているので、比較的若い人に向けたメッセージが届きやすい状況になっているのです。

プレスリリース

プレリリースについても、おすすめの方法です。

集客力のあるメディアや報道機関などに取り上げてもらえるということで、かなり大きな集客を見込めることになるのです。

多くの人が注目している部分でもありますし、実際にプレリリース記事を検索してみるとたくさん出てくることに気づくはずです。

集客をするための方法としてはベストであることがわかるでしょう。

有料

では、有料で行うものにはどんなものがあるのでしょうか。

料金はかかりますが、良い方法を選ぶことで大きな集客効果を見込むことができます。

以下で見ていきましょう。

SNS広告を使う

1つ目はSNS広告です。

無料のSNSと同じだから、意味がないのではないか?と感じる人も多くいるかもしれません。しかし、決してそんなことはありません。

お金をかけてSNS広告を行うからこそ得られるメリットもあります。

1つは、たくさんの人の目で見てもらえるということです。

SNSの場合はある程度フォロワーなどが入れば見てもらえるかもしれませんが、最初のうちはなかなか注目してもらうことができません。

ハッシュタグなどをつけることで状況は変わるものの、注目されなければそれほど効果は大きくないと言えるでしょう。

その点、SNS広告だとユーザーの目に止まりやすいようにタイムラインに流すことができます。

そのため、それほど注目されていない場合でも、一気に集客を増やせる可能性があるのです。

リスティング広告

即効性という面では、リスティング広告がかなり効果が高いと考えて問題ないです。リスティング広告は検索をした際に上部に表示される広告のことです。ただ、上部に表示されるだけで効果は薄いと感じる方もいることでしょう。

しかし、注目すべきなのがその表示方法です。ユーザーが検索したキーワードに合わせて表示をさせることができるので自分の対象のお客を絞りやすいというメリットがあるのです。購入してくれる見込みのある人に買ってもらえるように絞れるのはかなり大きなメリットだといえるでしょう。

ディスプレイネットワーク

検索サービスを提供している企業のサイトなどでディスプレイなどで広告を出す方法になります。文字を書いた広告はもちろんですが、動画など幅広く設定することができるので企業の魅力を存分に伝えることができるのは大きな特徴です。

とはいえ、闇雲に広告を打つのでは成功する確率は低くなってしまいます。

自分がターゲットとするページやサイトなどをしっかりと絞って、計画的に行っていくことがとても重要になるのです。

効果的な集客の仕方

では、実際に集客において高い効果を出すにはどうしたらいいのでしょうか。

企業が目指す方向性によって、集客の仕方は大きく変わってきます。

以下で、おすすめのやり方について分けて解説をしていきたいと思います。

問い合わせが必要な場合

まずは、問い合わせについてですね。

せっかくホームページを作ったのであれば、すぐに問い合わせをしてもらって商品を売りたいと考えている人も多くいることでしょう。

即効性という面では、リスティング広告やディスプレイネットワークなどがおすすめの方法です。すでにパワーのあるサイトを利用することで、自分たちの企業を早く認知してもらうことができるようになるからです。

有料ということでお金がかかってしまう部分でもあるので、長期的に取り組むことは難しいかもしれません。

しかし、お金をかけることは非常に重要になってきます。

安定した問い合わせ

安定的な問い合わせという部分では、SEO対策をすることがかなり重要になってきます。

上記で挙げた即効性のある集客の仕方だと、広告を出している間は人をたくさん集めることができますが、外した瞬間に人がこなくなる可能性があります。

そのため、自分たちのメディアを作りパワーを高めていくこともとても重要になってくるのです。

SEO対策についてはすぐに成果が出るものでもないので、最初のうちはかなり大変だと感じることもあるかもしれません。しかし、安定的に問い合わせをもらうためにはかなり重要な方法でもあるのです。

新しい顧客が欲しい

新しい顧客を探すことも、集客をしていくためにとても重要なことです。既存のお客さんだけで経営をしているようでは、いつか顧客が減ってしまう可能性があるので危険だからです。

これについては、主にSNSを活用して集客していくことが重要な方法です。SNSでバズらせることができれば、自然と多くの人の目にも触れることになってきます。これによって新しく興味をもってくれる人が増えたり、自分の企業に対しての注目を集めることができるようになるのです。

効果が出ない時の原因

上記のやり方を正しく実践すれば、基本的にはうまくいくケースが増えてくることでしょう。とはいえ、頑張っているのになかなか効果が出なくて困っているというケースも普通にあり得ることでしょう。

では、どんなことに原因があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

継続していない

1つは継続ですね。ホームページ集客については、本当に継続がものをいう世界だと言っていいです。しっかりと続けなければ、効果を出すことができません。

良い方向性だったとしても、継続しなかったために効果が出なかったのであれば非常にもったいないことです。

特に古い情報のままでホームページを放置しておくのはSEO的にも良くないのは間違いありませんし、企業の印象も悪くなってしまう可能性があります。定期的な更新を心がけるようにしましょう。

コンテンツが少ない

そもそもコンテンツの量が少ないというのも原因の1つです。コンテンツがある程度たくさんないと、どんなものを見てもらえるのかが分からなくなってしまいます。しっかりと内容を分析していくためにも、コンテンツの量はとても大切になります。

ある程度コンテンツが増えてくると、どんなものが注目されやすいのかが掴めてくると思います。あとは、人気のコンテンツを量産していけばOKです。まずは量をたくさん増やすことを意識しましょう。

ペルソナが分からない

ペルソナをしっかりと絞っていくことも重要な方法の1つです。特に最初のうちは、できるだけ多くの人に集客をしたいと思い、ペルソナを広く設定してしまいがちです。多くの人に見てもらいたいと思ってしまうのです。

しかし、それは誰にも刺さらなくなる可能性があるので、かえって逆効果だといえます。大切なのはどんな人に見てもらいたいのかを細かく設定していくことです。

自社に対して、5W1Hで質問を問いかけながら、どんな人に見てもらいたいのかを明確にするようにしましょう。

アクセス解析していない

しっかりとアクセス解析をするのも、ホームページを伸ばしていくために非常に重要なことになってきます。「PDCAサイクル」という言葉は聞いたことのある人も多いかもしれません。自分が行ったことをしっかりと振り返ることで、成長していくことができるのは確かです。

アクセス解析については、それほどすぐに変化するものではないので毎日行う必要はないかもしれません。

しかし、定期的に行いながら自身のコンテンツを見直していくことはとても重要になってきます。

対処法

上記で挙げた対処法をしっかりと実践していくことで、かなり状況は改善される可能性は高いです。

とはいえ一番大切なのは、集客をする人のマインドの部分だったりします。

どの時期にどれくらいの人に見てもらえるかを想定しながら、コンテンツを作っていくことが非常に重要になってきます。

まとめ

ホームページ集客で効果が出ないのは割と当たり前のことであったりもします。

今回の記事を参考にしつつ、自身でできることから取り組んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる