SEO対策で記事数を増やすべき?最適な記事数と記事数を増やすメリットを解説!

SEO対策を行う場合、「記事数を増やすべき」というのが通説となっています。とはいえ、どのくらい記事数を増やせば良いのかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、SEO対策を行う上で必要となる記事数や増やすことで得られるメリット、注意点などを紹介します。また、上位表示を狙う上で重要な「質の高い記事」を制作する際のポイントについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

SEO上位表示に最適な記事数とは?

そもそもSEOで上位表示するためにはどのくらいの記事が必要なのでしょうか。結論をお伝えすると、ただ闇雲に記事数を増やせば良いというわけではありません。コンテンツ制作においては「質」も「量」も重要となるのです。

SEOと記事数はあまり関係がない

実際のところ、SEOと記事数はあまり関係がないと言われます。なぜなら、Googleは記事数よりも「質」を重視していることを明言しているためです。

ページ数が多くても何の意味もありません(そうでなければ、誰もが自分のサイトに無限のカレンダーを持っているでしょうし、2つ持っているかもしれません)。インデックスされているページ数が多ければサイトの順位が上がるという魔法のようなランキング要素は(まだ)ありません。どちらかというと、カンファレンスでの発表や人々との会話から得られた逸話によると、インデックスされるページ数を減らした大規模なサイトは、結果的にランキングが向上しています(たいていは、無駄なものを省いたり、似たようなコンテンツを統合したりしていますが…)

引用元:reddit – Anyone suspect that a site’s total page count affects SEO? 翻訳済み

つまり、質の高いコンテンツを量産していく必要があるということです。もちろん、質の高いコンテンツが大量にあればその分質が積み重ねられていくため、量を増やすことも重要となります。

少ない記事数でもSEO効果を出すことは可能

一方で、少ない記事数でも上位表示させることは可能です。競合が大量に存在するビッグキーワードを狙う場合にはそうはいきませんが、競合が少ないニッチなキーワードであれば問題なく上位表示できるはずです。

例えば、地域名×飲食店などのニッチなコンテンツであれば、10〜30記事程度制作することで上位表示できる可能性があります。

記事数を増やすことで得られるメリット

ここでは、記事数を増やすメリットについて紹介します。記事数を増やすことでSEO効果があるわけではありませんが、以下のようなメリットがあるでしょう。

顧客満足度を高められる
読者の回遊率を上げられる
幅広い顧客を獲得できる

上記のように、主にSXO効果があるということになります。それぞれ詳しくみていきましょう。

ちなみに、SXO効果に関しては以下の記事でも詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
SXO対策とは?SEOとの違いや実施のメリット、具体的な方法を解説! SEO対策をしなければならないという話はよく耳にしますが、近年はSXOという言葉もよく耳にします。SEOは「Search Engine Optimization」検索エンジン最適化に対し、SXO...

顧客満足度を高められる

1つ目のメリットは顧客満足度を高められるということです。読者は様々な記事を確認したいと考えており、ブログ内に様々な記事が含められていたら、ユーザーとしては「網羅的な情報が記載されている」と判断できます。

つまり、ユーザーがコンテンツに対して満足してくれる可能性が高まるということになります。

読者の回遊率を上げられる

記事数を増やすと、読者が様々な記事を閲覧してくれる可能性が高まります。その結果、ブログ内の記事を何度も閲覧し、サイト上に長期間滞在してくれる可能性があるのです。

ページの滞在時間が伸びればその分、SEOにおいても効果があり、上位表示できる可能性も高くなります。

幅広い顧客を獲得できる

記事数が増えるということは、サイトに入り込む間口が広がるということです。大きなキーワードに対して様々な悩みを抱えた人をコンテンツに呼び込むことができるため、集客のチャンスが広がります。

加えて、集客した顧客に対して商品を提示できる回数が増えるため、コンバージョン率UPにもつながるでしょう。

記事数を増やす際の注意点

ここでは、記事数を増やす際の注意点について紹介します。

カニバリゼーションが生じる可能性

多くの記事を追加すると、キーワードカニバリゼーションを起こしてしまう可能性があります。カニバリゼーションはコンテンツ制作において悪影響を及ぼすことが多いため、防ぐ必要があります。

記事数を増やすことで、カニバリチェックの工数が発生してしまうというデメリットはあるでしょう。カニバリゼーションについては以下の記事で紹介します。

あわせて読みたい
SEOカニバリゼーションとは?デメリットや具体的な対策について SEOを実施していると、カニバリゼーションという言葉を聞くでしょう。直訳すると「キーワードの共食い」という意味になり、ブログの検索順位を下げてしまうケースもあり...

記事数を増やすことを目的としない

記事数を増やすことが目的になると効果が出ないコンテンツ制作となってしまいます。そのため、記事数を増やすよりも質の高い記事を制作することを忘れないようにしましょう。

また、質の低いコンテンツが1記事でも存在すると、上位表示されない可能性が出てきます。そのため、質を意識した上で量を考えられるよう心がけましょう。

SEOで上位表示できる高品質な記事を書く方法

SEOで上位表示できる高品質な記事を書くには、どうすれば良いのでしょうか。ここでは意識すべき4つの項目についてみていきます。

ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを意識する

最も重要なのはユーザーの検索意図を満たせるコンテンツ制作を意識することです。ユーザーが検索する際、必ず検索意図が存在します。ニーズを考えずにコンテンツを制作していては、どのユーザーにも全く刺さらないコンテンツとなってしまうでしょう。

そのため、どのような検索意図があるのかを明確にした上でコンテンツ制作に取り組めるよう心がけましょう。

独自性のあるコンテンツを制作する

良質なコンテンツを制作するためには、独自性がなければなりません。他の記事に記載されていることだけを記載したコンテンツでは全く効果がないということです。

そのため、インタビューを行ったり、アンケートを実施したりなど一次情報をもとにコンテンツ制作を進められると、質の高いコンテンツに仕上がります。自社でコンテンツを制作する場合、どのようなオリジナリティが生み出せるのかを考えることが大切です。

Googleの提唱するE-A-Tを意識する

Googleではコンテンツ制作において E-A-Tが重要視されています。

E:Expertise(専門性)
A:Authoritativeness(権威性)
T:Trustworthiness(信頼性)

これらを意識したコンテンツを制作すれば、より質の高いものに仕上がるでしょう。

記事数を増やすなら記事制作代行も検討すべき

多くの記事を確保したいと考えているメディア担当者は多いでしょう。そういった場合には記事制作代行サービスを活用するのも1つの方法です。

制作代行については以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説! コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も...

記事制作代行を活用するメリット

記事制作代行を活用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、2つのメリットを紹介します。

社内のリソースを使わずに記事を増やせる/h3>
コンテンツを制作する場合、1記事5~6時間程度の時間がかかることもあるでしょう。そのため、コンテンツ制作以外の作業に集中できないという悩みを抱えている方も多いでしょう。 記事制作代行を依頼すれば、社内のリソースを活用することなくコンテンツを制作できます。さらに大量の記事を獲得できるため、効率的にコンテンツを増やせるのではないでしょうか。

質の高い記事を確保できる

ライティング代行サービスを活用すれば、質の高い記事を大量に確保できます。記事制作をしているライターはセールスライティングやマーケティングなどの専門家。文章に特化したスキルを多数保有しています。

そのようなライターが執筆するので、より効果のある記事を確保できます。

まとめ

本記事では、SEO対策を行う上で必要となる記事数や増やすことで得られるメリット、注意点などを紹介しました。記事制作を行う上で、量よりも質が重要です。とはいえ、記事数を増やすことで読者の満足度を高められるといったメリットもあります。

本記事の内容をもとにしてぜひ質の高い記事を量産できるよう、対策を考えてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる