コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法

コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります。有益なコンテンツ作りに必要なのがペルソナ設定です。

本記事では、コンテンツマーケティングにおけるペルソナのメリット、設定方法をご紹介します。マーケティングを確実に成功させ、少しでも早く成果を出したい場合は、ペルソナ設定が必須です。正しいペルソナの意味や設定方法を理解し、コンテンツマーケティングを成功に導きましょう。

目次

ペルソナの意味と必要性

コンテンツマーケティングにおけるペルソナについて、意味と必要性を解説します。ペルソナ設定をしていないコンテンツマーケティングは失敗しがちです。ペルソナの必要性を理解することで、マーケティングの本質もわかります。

ペルソナとは?

ペルソナという言葉は、自己の外的側面を表す心理学用語でもあります。しかし、マーケティングでは異なる意味として使用されています。マーケティングで使われるペルソナの意味は「架空の人物像」です。

マーケティングにおけるペルソナ設定は、サービスや商品を購入する可能性のある架空人物の細かな設定を行い、特定のターゲットを絞り込むための手法です。ペルソナを設定すると、ターゲット目線を意識したコンテンツ作りができるようになります。ニーズに沿ったマーケティングが可能です。

コンテンツマーケティングにおけるペルソナ設定の必要性

ユーザーの関心や購入意欲を満たすコンテンツを作るためには、ユーザー目線に立つことが重要です。ニーズがわからないままコンテンツ作りを進めても、マーケティングはうまくいきません。

コンテンツの制作費用や時間を無駄にしないためにも、ニーズに沿ったコンテンツ作りが求められます。ターゲットを明確にし、ニーズを把握するために必要なのがペルソナ設定です。特定のユーザー層に働きかけることで、コンテンツマーケティングが成功しやすくなります。マーケティングの成功には、ユーザー目線の戦略が必要不可欠です。

ペルソナ設定の3つのメリット

ペルソナを設定することで得られる3つのメリットをご紹介します。ペルソナ設定は、社内だけでなく、外注先と共同でマーケティングを行う場合にも役立ちます。

ターゲットのニーズに沿ったマーケティングができる

ペルソナ設定の大きなメリットは、ターゲットのニーズの詳細を把握できることです。ターゲットのプロフィールを細かく設定すると、どのような商品を必要としているかなど、マーケティングに必要な要素が明確になります。ニーズに沿ったコンテンツ作りが可能です。

ペルソナ設定では架空の人物像を作りますが、年齢やライフスタイルのような細部まで設定を練り込みます。幅広い層のターゲットではなく、特定のターゲットに絞り、ニーズを把握することが可能です。ニーズの把握は、商品などを購入する可能性の高いユーザーへのアプローチに役立ちます。

社内で共通の認識をもって取り組める

コンテンツマーケティングを取り入れていても、社内で意見や認識がずれたまま取り組んでいる企業が少なくありません。目的が曖昧なままコンテンツ作りを進めてしまうと、コンテンツのクオリティが下がったり、どのユーザーに向けたコンテンツかがわからなくなったりします。

ペルソナ設定をしておくことで、特定のターゲットに絞ったマーケティングが可能です。ペルソナによるニーズの絞り込みには、マーケティングを行うチームの認識を1つにまとめる効果もあります。ペルソナがしっかり設定できていれば、チームが一丸となってプロジェクトを進められるでしょう。

外注先と意思疎通しやすくなる

コンテンツマーケティングを外注している企業は多いです。効果的なマーケティングを行うためには、プロにまかせるのも1つの方法でしょう。しかし、外注先と足並みが揃っていない場合は、外注が裏目に出てしまうこともあります。ユーザーに響かないコンテンツができてしまうと本末転倒です。

外注先と足並みが揃わない原因には、目的がはっきりしないまま発注しているケースが挙げられます。ターゲットのニーズ、コンテンツを作る上での目的などを、曖昧に伝えてしまっている可能性が高いです。ペルソナが定まっていると、外注先にも伝わりやすくなります。

ペルソナの設定方法と注意点

ペルソナの設定方法をご紹介します。ペルソナには、架空人物の細かな設定が必要です。失敗しがちなポイント、注意点に気をつけてペルソナを設定しましょう。

ペルソナに必要な要素

ペルソナを設定する前には、サービスや商品の販売実績、満足度などの現存データをチェックしましょう。実際の顧客から寄せられた、感想や要望なども役立ちます。

サービスや商品についてのデータがまとまり、ユーザーへの理解が深まった段階で、ペルソナ設定を始めます。ターゲットのニーズを深掘りするためには、大雑把な設定ではなく、リアルな人物像を意識して設定しましょう。

まずは、以下のような項目でターゲットのプロフィールを作成します。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 収入
  • 住所

プロフィールからは、何を必要としている人物かなどの割り出しを行います。現状の生活でどのような悩みを抱えているか、解決するためのサービスや商品は何かなどを考えてみましょう。

さらに、以下の要素を取り入れることで、より深いニーズを洗い出せます。

  • 検索しそうなキーワード
  • サービスや商品への疑問
  • 購入するまでの過程

さまざまな要素から、サービスや商品を購入する可能性があるターゲットが、どのような行動を取るかを把握できます。ユーザーの悩みや疑問を解決できるコンテンツを作り、成果をあげるために、ペルソナ設定を綿密に作りましょう。

ペルソナ設定の注意点

ペルソナ設定が失敗する原因の1つは、サービスや商品の宣伝を意識しすぎることです。企業が求めるニーズに沿ってペルソナ設定をしてしまうと、本来の目的を見失います。ターゲットの情報に基づいたペルソナ設定を心がけましょう。

ペルソナ設定の本質は、ユーザー目線に立ちニーズを理解することです。企業目線になっていないかに注意しつつ取り組みましょう。

ニーズに沿ったペルソナ設定で賢いマーケティングを

コンテンツマーケティングは、長期的な取り組みです。間違った方法で実施すれば、時間も費用も無駄になってしまいます。ペルソナをしっかりと設定することで、ターゲットを絞り、目的に沿ったマーケティングができるようになります。

コンテンツマーケティングを成功させたい場合は、まずはペルソナ設定を練り込み、ユーザーが本当に求めているものを探しましょう。また、ペルソナ設定は、チームで同じ目標に向かってコンテンツ作りをする際にも役立ちます。社内や外注先と足並みを揃え、クオリティの高いコンテンツ作りに取り組みましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる