SEOコンサルタントの仕事内容とは?依頼するメリットや優秀な会社の選び方について

商品販売や集客などの目的でSEO対策を講じることがあるでしょう。しかし、「うまく効果が出なかった」と悩む方が多いのも事実です。その際に使うべきなのがSEOコンサルティング会社。とはいえ、さまざまなSEOコンサル会社があるため、どの会社を選ぶべきか迷っている方も少なくないはずです。

本記事では、SEOコンサル会社の仕事内容や、依頼するメリット、効果が出る選び方を紹介します。また、コンサルタントが持つべきスキルや資格についても紹介します。

SEOコンサル会社を探している場合には、ぜひ参考にしてみてください。

目次

SEOコンサルとは?

そもそも、SEOコンサルとは、SEOを活用して集客を狙い、クライアントに対して価値を提供する仕事です。過去Googleの対策=SEO対策と呼ばれていた時期もありましたが、近年では動画コンテンツマーケティングも普及しており、例えば、YouTubeなどの動画プラットフォームにおけるSEO対策も業務として行なっている企業が増えてきています。

SEOコンサルタントの仕事内容

顧客に課題をヒアリング

SEOコンサルタントの仕事は、顧客の課題をヒアリングし、どのような課題があるのかを洗い出すところから始まります。中には、顧客自身が理解していない潜在的な問題が生じているケースもあり、そういった問題が現状の課題を悪化させているケースは多いです。

顧客の課題を全てリストアップし、課題解決に導くための施策を講じることで、のちのSEO対策に大きく役立てることができます。

キーワードで検索上位表示を狙う

SEO対策の仕事の大部分は、SEOに関する知識を活用して、GoogleやYouTube上で上位表示できる対策を講じることです。残念ながらGoogleはアルゴリズムを一部公開していないため、たとえSEOコンサルタントだとしてもその全貌を理解することは難しいです。

とはいえ、SEOのアップデート内容を網羅的に理解することで、「このような傾向があるため、対策すれば上位表示できる可能性が高い」ということは言えます。

つまり、SEOコンサルタントに仕事を依頼することで、現在のSEOについて網羅的に理解したスタッフが、上位表示をさあせるためにあらゆる対策を講じ、改善、フィードバックを繰り返してくれます。

メンテナンスや運用代行

ブログを開設したり、必要な記事数、戦略などを確認した後、実際に記事を制作したり、メンテナンスを行ったりするのもSEOコンサルタントの仕事です。時には、多くの記事が必要になることもあり、その記事制作に必要なライターを斡旋することもSEOコンサルタントの仕事です。

このように、体系的にSEO対策を進めることで、よりSEOで効果を出しやすくなります。

SEOコンサルタントに依頼するメリット

SEOコンサルタントは、SEOに関するスペシャリストです。具体的には、依頼することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

主にメリットは以下の3つです。

・SEOで上位表示できる
・長期的に安定した訪問者を増やせる
・広告を払うよりもコストがかからない

つまり、コストをかけずに長期的に購入してくれる読者(LTV高めの読者)を増やせるのです。

SEOコンサルタントに依頼することで、その瞬間は費用がかかりますが、長期的に見れば、コストを抑えた状態で企業の業績UPに繋げられるでしょう。

成果が出るSEOコンサルタントの選び方

SEOコンサルティング会社を選ぶ際、可能であればより成果の出る会社を選びたいところです。ここでは、より成果の出るSEOコンサルティング会社の選び方を5つ紹介します。

スキルを確認する

SEO対策に求められる最も重要なことは、「スキル」です。SEOコンサルティングはいわば「技術職」ですので、デザイナーやライターなどと同じように質の高いスキルで見分けることが重要です。

とはいえ、SEOコンサルタントのスキルを客観的に理解することは難しいです。そのため、質問を投げかけてみて、わかりやすい回答が来るかを見極めてみるのが良いでしょう。

より優秀なSEOコンサルタントであれば、わかりづらいSEOをより噛み砕いてわかりやすく伝えてくれるはずです。

専門分野を確認する

同じSEOコンサルタントという肩書きでも、専門分野に得意不得意があります。そのため、これまでにどのような業務を行なってきたのかを質問して、自分と近い業界に精通しているSEOコンサルタントならば依頼してみるというのも1つの方法です。

実績を確認する

これまでどのような実績を出してきたのかという点も、SEOコンサルタントを選ぶ要素となります。例えば、多くの顧客の仕事を受けていたとしても、それが良いSEOコンサルタントを示すというわけではありません。

場合によっては、口コミや評価などを参考に、SEOコンサルティング会社を選ぶのも良いでしょう。

コミュニケーション能力を確認する

優秀なSEOコンサルタントであれば、顧客の情報をうまく聞き取り、課題解決には何が必要なのかを見極めます。その根幹となるコミュニケーション能力が低ければ、仕事を任せるのは難しいでしょう。

例えば、メールやチャット、電話での対応などを参考に、「この人になら任せても問題なさそう」という人を選ぶことが大切です。

費用を確認する

SEOコンサルティング会社に依頼する費用はさまざまで、高いところから安いところまであります。しかし、費用が安いからといって選ぶのも問題です。質の低いコンサルティングをされてしまうケースがあるためです。

そのため、SEOコンサルティング会社を選ぶ場合には、上記で紹介してきた指標をもとにして、「この費用だったら任せてもいいだろう」と思えるコンサルティング会社を選ぶべきです。

費用に関してはこちらの記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
SEO対策の費用は?|SEO対策を外注するべき理由も 「自社サイトのSEO対策を外注したいけど料金の相場が分からない」 「SEO対策を外注したいけどどのような対策をしてくれるか分からない」 「SEO対策を自社で行うか外注で...

SEOコンサルタントが持つべきスキル

SEOコンサルタントが持っておくべきスキルが3つあります。これらのスキルを保有しているならば、安心して任せられるでしょう。

コーディングの基礎知識

SEOコンサルタントは、分析やコンテンツ管理を行う側です。そのため、専門的なコーディングスキルは必要ありませんが、少なくともメディアに関わるHTML・CSS程度のスキルは保有していなければなりません。

基本的なh1〜h6といったタグの使い分けや、コードにおけるページ速度の関係など最低限のことは把握しておく必要があるでしょう。

プレゼンテーション能力

SEO対策が素晴らしくても、今後運用していくことを考えると、SEOコンサルタントにもプレゼンテーション能力は欠かせません。SEOに関して知見のない初心者に対しても、わかりやすい解説ができることは重要です。

Googleアルゴリズム解析の知識

Webサイトの課題を解決するには、Googleアルゴリズムの理解が必要となります。Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの使用方法がわかることはもちろん、専門ツールを使い分けられる知識が必要です。

SEOコンサルタントが持っているといい資格

SEOコンサルタントは以下2つの資格を取得していることが望ましいです。

SEOマーケティングアドバイザー

SEOマーケティングアドバイザーは、日本デザインプランナー協会が運営している資格です。在宅で試験を受けることができますが、実際のところ、資格難易度は非常に高くなっています。

そのため、等資格を保有しているSEOコンサルタントは優秀だと判断できるでしょう。

日本SEO協会のSEO検定

日本SEO協会が提供しているSEO検定は、Webマーケティングに関する資格です。SEO(検索エンジン最適化)に特化した内容が含められており、資格自体は1〜4級まであります。

全ての資格を合格し、課題を提出すれば、認定SEOコンサルタントになれるという点が特徴です。

まとめ

本記事では、SEOコンサルティング会社やSEOコンサルタントの仕事内容や、依頼するメリット、効果が出る選び方を紹介しました。SEO対策を実施したいと考えている場合、SEOコンサルタントに依頼するのがおすすめ。専門知識を活用して、SEO対策を進めてくれるはずです。SEOコンサルティング会社を選ぶ場合は、本記事の内容も参考に、より効果のあるSEOコンサルティング会社を選んでみてください。

また、当社でもSEOコンサルティングサービスを行なっているので、ぜひ利用してみてください。

あわせて読みたい
SEOコンサルティング 【SEOコンサルティングの特徴】 少数精鋭のSEOコンサルタント 採用ハードルの高い試験を突破した経験豊富な日本有数のSEOスペシャリストのみを揃えております。どの事業...
よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる