SEO対策に効果的な画像とは?3つのポイントやalt属性の書き方を紹介!

SEO対策おいて、コンテンツに質を上げることや、キーワードを盛り込むことは多くの企業が実施しているのではないでしょうか。同時に、魅力的な画像をコンテンツに含めることでより質の高いコンテンツにすることが可能です。とはいえ、その重要性に気づいていない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、SEOにおける画像の重要性や画像を使用することで得られるメリット、画像を使用したSEO対策を行うポイントなどを紹介します。「SEO対策で画像を意識していなかった」という方はぜひ参考にしてみてください。

目次

SEO対策における画像の重要性

そもそも、なぜ画像がSEOにおいて重要なのでしょうか。基本的には以下2つの理由で重要視されています。

1つ目の理由は、画像検索で表示できる可能性があるということです。画像検索でヒットするということは、検索流入数が増える可能性があるということ。つまり、間口を広める意味で効果があることになります。

2つ目の理由はコンテンツとの兼ね合いでSXO効果が期待できるということです。SXO効果があればユーザーにとって読みやすい記事となり、滞在率が高くなります。

以上2つの理由があり、画像はSEO対策で重要視されているのです。

SXOに関しては以下の記事でも詳しく紹介します。

あわせて読みたい
SXO対策とは?SEOとの違いや実施のメリット、具体的な方法を解説! SEO対策をしなければならないという話はよく耳にしますが、近年はSXOという言葉もよく耳にします。SEOは「Search Engine Optimization」検索エンジン最適化に対し、SXO...

画像を使用することで得られるSEO的なメリット

画像を使用することでユーザーと検索エンジン両方にメリットを与えることができます。ここでは、それぞれに分けてメリットを紹介していきます。

ユーザーにおけるメリット

読みやすい文章もそうですが、画像が含められていた方が、視覚的にもわかりやすくなります。例えば、ブログ内に状況を紹介する「図解」が含まれているコンテンツは読者の理解度が高まるでしょう。

その結果、ブログ全体の認知度が高まったり、コンテンツに対して信頼度が上がるというメリットもあります。

検索エンジンにおけるメリット

検索エンジンにおいては、Googleがコンテンツの内容を理解しやすいというメリットがあります。Googleは画像に含められている「alt属性」を使用して画像を読み取っているため、画像とコンテンツの相性が良ければ、「読者にとってメリットを与える記事だ」と判断するでしょう。その結果、上位表示できる可能性が高まるというメリットがあります。

画像を使用したSEO対策を行うポイント

画像を使用したSEO対策を行う場合、意識したいポイントが主に3つあります。ここでは、3つのポイントを詳しく紹介します。

オリジナル画像を使用する

SEOにおいては「独自コンテンツ」が上位表示される傾向にあるため、オリジナルな画像を使用した方が良いでしょう。具体的には、自身で撮影した画像やフリー画像にテロップをつけて読者の理解度を高めるような画像です。

こちらはGoogleの検索品質評価ガイドラインにおいて明記されている項目ですので、可能であればオリジナル画像を使用しましょう。

alt属性を使用する

画像に「alt」属性をつけることでコンテンツの質が上がります。ユーザー的なメリットは、電波が悪く画像が表示されなかったときにalt属性が表示されるということです。画像が表示されなくてもどのような画像が添付されているか理解できるため、満足度が高まります。

また、検索エンジン的にはインデックスしやすくなるメリットがあります。alt属性を読み取ってコンテンツの内容を把握しているため、コンテンツを読み取ってもらいやすくなるのです。

上記のようなメリットがあるため、alt属性の設定は重要です。

シンプルな画像形式を使用する

Googleが望む画像は、次のようなものです。

・名前が複雑ではない
・画質は横幅1,024px程度
・ファイルサイズは100kb〜200kb程度

このようなシンプルな画像形式にすれば、Googleからもユーザーからも信頼されるコンテンツになります。

alt属性の正しい書き方

alt属性に関して、「どのように記載すればよいかわからない」という声も多いようです。ここでは、alt属性の2つの書き方について紹介します。

画像を的確に表現する

まずは画像の内容を的確に表現することが大切です。例えば、「文章を書く会社員」や「道路を走る赤い車」というようなシンプルで的確な表現を意識してalt属性を設定しましょう。

適切な長さの文言にする

例えば、前述した例を悪く表現すると、「文章を木目調の机の上でコツコツ描いている35歳会社員の左側」「高速道路沿いの夕日をバックにポルシェの赤い車が走っている」となります。人間が読む分にはこちらの方が情景が伝わりやすいですが検索エンジンのことを考えると、「ただの読み取りづらい情報」となってしまいます。

そのため、10文字前後のシンプルな内容を記載するよう心がけましょう。

画像を使用するSEOの注意点

画像を使用するSEOでは2つの注意点があります。それぞれ詳しく紹介します。

画像の容量に注意する

画像の容量が大きすぎると、うまく表示されない可能性があるため、注意しましょう。また、ページ表示速度が下がる可能性もあります。

「2021年以降はページの表示速度がランキング要因になる」とGoogleが正式に発表している事実もありますので、1枚あたりの画像容量は抑えるよう心がけましょう。

モバイルファーストを意識する

Googleが無料で提供する「モバイルフレンドリーテスト」を使用すればモバイルに最適かどうかを確認できます。現在はモバイルで検索する人の方が多いため、モバイルファーストなサイトを目指しましょう。

画像のSEO対策でよくある質問

最後に、画像のSEOにおいてよくある質問を紹介します。これらに関して意識することで競合と差別化できるかもしれません。3つ紹介します。

オリジナルな画像を作成するメリットは?

独自性のある画像はGoogleによって評価されやすいというメリットがあります。また、ユーザーからの信頼度を上げることにつながる可能性もあるため、効果があります。

画像の枚数は多い方がいい?

ユーザーにとってメリットのある画像が多数あるなら、効果的でしょう。とはいえ、ほぼ画像だけで構成されているページはサイト速度が遅くなる、コンテンツとして評価されないなどのデメリットがあるため、注意が必要です。

挿入する画像は高画質であるべき?

高画質な画像はユーザーの目を惹きます。ただし、表示されなければ意味がなくなってしまうため、適切な画質のものを採用するのがおすすめです。

まとめ

本記事では、SEOにおける画像の重要性や画像を使用することで得られるメリット、画像を使用したSEO対策を行うポイントなどを紹介しました。SEO対策においてはコンテンツの質を重視しがちですが、画像による効果は大きいです。ぜひ本記事の内容も参考に、画像の重要性も確認してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる