ひとりブレストとは?簡単4ステップでできるアイデアの出し方【効果あり】

しかし、1人でアイデアを出す場合にはブレストを実施できません。その際に使えるのが「ひとりブレスト」です。本記事では、ひとりブレストの概要やメリット、具体的なやり方などを紹介します。アイデアが全く思いつかないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ひとりブレストとは?

ひとりブレストとは、1人でブレインストーミングをする行為のことを指します。本来チームでアイデアを出し合い、情報を共有しながら刺激を与え合うのがブレインストーミングです。

「1人では刺激を与えあえない」と考えるかたもいらっしゃるかもしれませんが、ひとりブレストにおけるさまざまな方法を活用すれば、1人でも通常のブレインストーミング同様、アイデアを出すための手助けとして役立ちます。

ひとりブレストのメリット

ひとりブレストを取り入れることで、思いつかないような斬新なアイデアが思いつくことがあります。アイデアを出すのが苦手という人が取り入れることで、脳を活性化させられ、アイデアマンになることも可能かもしれません。

ひとりブレストのやり方【4つの手順で簡単】

ひとりブレストはどのように行えばよいのでしょうか。ここでは、簡単4ステップでひとりブレストのやり方を紹介します。

手順①:ブレストテーマを決める

まずは、ブレストのテーマを決めましょう。何についてアイデアを出すか明確にしなければ、発想しづらく、後ほど情報をまとめる際にも難しくなってしまいます。

テーマを考える場合、主に以下のような内容を意識して制作するのが好ましいです。

・達成したい目標を設定する
・達成する目的を考える
・ブレストで出すアイデアのターゲットを設定する

これらの項目を埋めることで、ブレストが変な方向に進んでしまうことを防げます。

手順②:アイデアを出す

次に、テーマに沿って思いつくイメージをどんどん書き出していきます。その際のコツはとにかくイメージをたくさん出していくことです。大量の情報を出していきながら、偶然出てくる面白いアイデアを探っていきます。

その際、自分の頭の中のみで情報を出すのが難しい場合、インターネットで検索するなど、さまざまなツールを活用してアイデアを出していくことが重要です。

また、つまらないアイデアだと思っても大量に出していきましょう。

手順③:発想を広げる

次は、アイデアから連想するイメージを書き足していき、発想を広げていきます。この際、アイデアを連結させたり、1つのアイデアについて徹底的に調査を行ったりなど、自由な発想でイメージを膨らませていきます。

このステップで化学反応が起き、新しいアイデアを獲得できるケースが多いため、大量に深掘りを行うのがコツです。

手順④:アイデアを整理する

最後にアイデアを整理していきます。大量のアイデアをグループごとにまとめたり、優先順位の高いものから並べていったりすることで、求めるアイデアを探っていきます。

大量のアイデアの中から、自分がしっくりくるものを選んだり、テーゲットや達成したい目的からアイデアを選定したりしましょう。

ここで決まったアイデアを本採用するため、前項目で大量のデータを生み出すことが重要となるのです。

ひとりブレストを行う上で使える方法

ひとりブレストを行う上で使える方法は主に2つあります。ここでは、それぞれの方法の概要を紹介します。

マンダラート

マンダラートは、大谷翔平選手が使ったことで話題の発送法で、目的を達成する際に使える方法となります。非常にシンプルな81マスを埋めるだけで、アイデアを整理し、思考を深めていく効果があるようです。

マンダラートの詳細については後ほど詳しく紹介します。

SCAMPER法

SCAMPER法は、マンダラートよりも時間をかけずにアイデアを出すことができる思考方法です。米国の創造性開発の研究家ボブ・エマールによって考案されたSCAMPER法によれば、次の7つの質問に答えるだけで、アイデアを生み出せるようになるといいます。

新たな発想方法を生み出す際には、時間がなく妥協案を選んでしまいがちです。しかし、こちらのSCAMPER法を活用することで、より効率的に素早く解決策を導き出すことができるため、多忙なビジネスマンでも簡単にアイデアを思いつくことが可能です。

詳しいSCAMPER法のやり方は後ほど解説します。

マンダラートのやり方

マンダラートは、具体的には、次の3ステップでアイデアを出していくことになります。

3×3マスを9マス用意
中心のマスに考えるべきテーマを記載
周囲に関連項目を記載する

この方法でアイデアを記載することで、縦横のつながりが見え、自分の求める結果が出せるようになります。

また、マンダラートを行う場合は、考えすぎずに情報を埋めていくことが重要です。そういった直感的なアイデアが後ほどのアイデアに良い影響を与えるケースが多いためです。

つまり、リラックスした心で取り組むことで、より質の高いアイデアを生み出せるようになります。

SCAMPER法のやり方

SCAMPER法は、マンダラートよりも少し厳しいルールが設けられているため、こちらでは2つのステップに従って紹介します。

7つの問いかけを使ってアイデアを出す

まずは、SCAMPER法に記載されている7ついの問いかけを使ってアイデアを導き出します。

  1. Substitute (代える・代用する)
  2. Combine (組み合わせる)
  3. Adapt (応用させる)
  4. Modify (修正する)
  5. Put To Others Uses (他の使い道へ変える)
  6. Eliminate (省略する・除去する)
  7. Rearrange (再調整する)

出典:『creativity UNBOUND』

こちらには抜粋した7項目を紹介しましたが、本来のSCAMPER法では、1つの項目に対してサブ項目が設定されており、48項目全てをチェックすることでアイデアが出るようになります。

ひとりブレストのルールを決める

また、ひとりブレストでSCAMPER法を使う場合には、個人的なルールを設けることが重要です。具体的には「1つの質問は30秒以内」「TPOに合わせたアイデア思考法を取り入れる」などです。

こういったルールを設けることで、アイデアを生み出しやすくなり、効率的に作業を進められます。

まとめ

本記事では、ひとりブレストの概要やメリット、具体的なやり方などを紹介しました。アイデアが全く思いつかない場合には、ひとりブレストを取り入れることでより質の高いアイデアを生み出すことが可能です。本記事の内容も参考に、アイデアが思いつかない場合にはひとりブレストを取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる