MEO対策の7つのデメリットとは?成果の出やすさや費用について解説

MEO対策は集客をする上でとても重要です。うまくMEO対策をすることができれば、それまでよりも多くの人を店舗に引き込むことができるでしょう。集客力向上のために、これからMEO対策を始めようと考えている方も多いと思います。

しかし、MEO対策はメリットばかりではありません。デメリットもいくつか存在します。このデメリットを把握しないままMEO対策をするとかえって損をする可能性が高いです。効果を出すにはデメリットの把握もする必要があります。

この記事では、MEO対策のデメリットや注意点について紹介しているので、これからMEO対策を始めようと思っている方はぜひご覧ください。

目次

MEO対策の7つのデメリット

はじめに、MEO対策の7つのデメリットについて紹介します。これからMEO対策を始める人は必ず覚えておくようにしましょう。

手間がかかる

MEO対策をするには手間がかかります。Googleマイビジネスに登録し、店舗の説明文の記入や写真の掲載などをしなくてはいけません。MEO対策で効果を出すには、これらの店舗情報の充実に力を入れる必要があります。中途半端なやり方だと効果が出ません。

成果を確認できるまで時間がかかる

MEO対策の効果はすぐには出ません。効果を実感できるのは数か月後くらいになります。場合によっては1年以上かかることもあるので、効果を実感するまでに長い辛抱が必要です。

そのため、短期的に成果を出したい人にとってはMEO対策は役に立ちません。

業者に依頼する場合は費用がかかる

MEO対策は業者に委託することも可能ですが、その際には費用がかかります。中長期的に管理する必要があるので、その分費用も高くなります。

費用を払うことが出来ない場合は、自社でMEO対策をするしかありません。ただ、業者に委託しなくても効果があるMEO対策をすることは可能なので、企業・店舗によっては大した事のない問題かもしれません。

Googleのアルゴリズム・ガイドラインへの理解が必要

MEO対策はGoogleマップで上位表示させることが目的です。そのため、Googleのアルゴリズムやガイドラインを理解しておく必要があります。Googleのアルゴリズムを理解していないと、Googleマップで上位表示させることができません。

また、ガイドラインの理解はさらに重要です。ガイドライン違反をするとGoogleから不適切なアカウントと判定され、Googleマイビジネスの利用を停止させられます。こうなってしまうと、Googleマップの検索結果に表示されなくなってしまうので、大きな損失になるでしょう。

アカウントが停止された場合でも復旧の申請をすれば元通りになるかもしれませんが、申請が通らないこともあります。MEO対策をする時はガイドラインへの配慮も忘れてはいけません。

知名度が無いと効果が出にくい

Googleは上位表示させる基準の1つとして知名度を挙げています。そのため、MEO対策は知名度が無いと効果が出にくいです。SNSやネット掲示板などでの口コミが少ない場合はあまりMEO対策の効果は期待できないでしょう。

知名度が無い企業・店舗がMEO対策で効果を上げるには、まず周辺地域の人に知ってもらうことやWebサイト・SNS等での宣伝が必要です。

悪い口コミが付くと効果が出にくくなる

Googleはいい口コミが付いている店舗を上位表示させます。反対に、悪い口コミが多い店舗は上位表示されにくいです。サービス内容が悪く、低評価の口コミが付いてしまったらMEO対策は効果が出にくくなってしまいます。

悪い口コミは削除申請することもできますが、正当なレビューの場合は申請が通りません。いい口コミを期待できないならMEO対策はすべきでないでしょう。

アクセスが悪い店舗は効果が出にくい

Googleは上位表示させる基準の1つに「ユーザーが検索している場所からの近さ」を挙げています。そのため、ユーザーが検索した時に店舗が近くにいなければ上位表示されません。アクセスが悪い場所に店舗があるなら、MEO対策においてはかなり不利になります。

他に競合店舗が無ければ問題ないかもしれませんが、競合店舗がある場合その位置関係はMEO対策の効果に影響してきます。もし競合店舗の方がユーザーから近い位置にあれば、上位表示させるのは難しくなるでしょう。

効果が出やすいMEO対策をするには?

MEO対策にはデメリットが多いですが、しっかりと取り組めば集客力が上がることには間違いありません。ここからは、MEO対策で効果を出しやすくする方法について解説していきます。

店舗情報を詳細に記載する

Googleマイビジネスには店舗の情報を記載する必要があります。情報を詳細に記載して充実させておくことがMEO対策では大切です。

店舗情報を詳細に記載しておくことで、ユーザーが自分に合った店か判断できるようになったり、ユーザーの検索キーワードに関連しやすくなりします。

検索キーワードと関連性が高い語句を記載する

ユーザーの検索キーワードと関連する語句を店舗情報に記載しておけば、MEO対策の効果が出やすくなります。これはGoogleが上位表示する基準に「関連性」を入れているからです。

ユーザーが検索した時に使ったキーワードと同じ(もしくは関連している)単語が店舗の説明文に入っていると、上位表示されやすくなるという仕組みになっています。

顧客となり得る人がどんな語句で検索しているのかを推測し、その語句をなるべく店舗情報に入れておくことが大切です。ただ多くの情報を載せるだけでなく、ユーザーの検索キーワードを意識することも重要になります。

サイテーションを集める

サイテーションとは、直訳すると「引用」という意味ですが、MEOについて語られる時には「SNSや掲示板などで企業名・ブランド名・店舗名について言及してもらうこと」を指します。このサイテーションもMEO対策への影響が大きいです。

サイテーションの数が多い店舗・企業は、Googleに知名度が高いと認識されるようになります。そのため、SNSやWebサイトなどでの宣伝活動もMEO対策で効果を出すには重要になるでしょう。

質の高いサービスを提供し、いい口コミを集める

いい口コミが多い店舗は上位表示されやすくなります。そのため、いいサービスを提供して顧客に満足してもらうことが大切です。満足してくれた顧客に高評価のレビューをしてもらえれば、上位表示されやすくなって新規顧客を獲得を見込めるようになります。

デメリットの部分でも触れましたが、低評価の口コミが付いてしまうと上位表示する難易度が上がってしまいます。低評価の口コミを付けられないためにも、質の高いサービスを提供する意識はかなり重要です。

また、口コミに対して返信することも店舗のイメージアップにつながります。いい口コミに対して感謝の言葉を伝えることで、それを受けた人がリピーターになる可能性が上がります。

反対に、低評価の口コミに対しては、謝罪とサービス改善の旨を伝えればまた来てもらえるようになるかもしれません。その対応を他の人が見ることで、業務に対する本気度をアピールすることにもなります。

写真を多く載せる

Googleマイビジネスには店舗の風景やメニュー等の写真を載せることができます。写真が多くあるとユーザーがどんな店か想像しやすいので、MEO対策をする上でかなり重要です。

写真の数も大事ですが、キレイに写っているかどうかも忘れてはいけません。ユーザーに清潔なイメージを感じてもらうことができれば、店舗に足を運んでくれる人が増えるでしょう。写真の撮り方も意識してみてください。

競合店舗のMEO対策をリサーチする

競合店舗のMEO対策をリサーチすることで、「どのような検索キーワードを意識しているのか」を確認します。上位表示されている店舗の説明文を見れば、MEO対策の効果があるキーワードを大まかに把握できます。それを参考にしながら店舗情報を記入すれば効果が出やすいです。

また、リサーチによって競合店舗が対策できていないキーワードを発見することもあります。競合店舗が対策できていないキーワードを自社の店舗の説明文に取り入れれば、ユーザーを自社の店舗に引き入れやすくなります。

MEO対策をする時の注意点

MEO対策をする時にはいくつか注意点があります。この注意点を意識していないとガイドライン違反と扱われてしまう可能性があるので、しっかりと覚えておきましょう。

ビジネス名に不必要な情報を記載しない

Googleマイビジネスのビジネス名には余計な情報を加えてはいけません。基本的に「〇〇レストラン ××店」といったように、企業名と支店名しか記載してはいけないルールがあります。

以前、「人気度ナンバー1!」などの宣伝文句をビジネス名に付ける店舗が大量にありましたが、ガイドライン違反としてアカウント停止される事態となっていました。他社との差別化のためにビジネス名でアピールするのはやめましょう。

口コミを偽装しない

口コミを偽装することはガイドラインで禁止されています。こちらもアカウント停止を招くことになりますので、絶対にやめましょう。口コミを投稿してもらうためには、いいサービスを提供することが一番重要です。

また、顧客とのコミュニケーションもあればいい口コミをしてもらいやすくなります。コミュニケーションを取って店舗のイメージを上げられれば、店舗の良さを伝えるために口コミをしてくれる人が増えるでしょう。

誤解を招く内容を記載しない

いいイメージを持ってもらうために、実際の情報をごまかして書くのはやめましょう。誤解を招くような記載は不適切な内容だと判定されて、アカウント停止になってしまいます。

特に、値段をごまかすような書き方は絶対にやめてください。こういった行為は低評価レビューにもつながってしまうので、まったくやる意味がないです。

極端な広告を掲載しない

「今なら80%オフ!」などの広告を説明文や写真に掲載してはいけません。こちらもガイドラインで禁止されています。ユーザーの興味を引くような説明文にすることは大切ですが、極端な内容で関心を持ってもらうことはよくないです。

店舗の特徴を正しく示すことが大切になります。

まとめ

この記事ではMEO対策のデメリットを説明してきました。デメリットは主に以下の7つです。

  • 手間がかかる
  • 成果を確認するまで時間がかかる
  • 依頼する時は費用がかかる
  • アルゴリズム・ガイドラインの理解が必要
  • 知名度が無いと効果が出にくい
  • 悪い口コミが付くと効果が出にくい
  • アクセスが悪い店舗は不利

これからMEO対策に取り組むのであれば、この7つのデメリットを必ず覚えておきましょう。メリットとデメリットを天秤にかけて、メリットの方が大きいと判断するのならMEO対策に取り組んでみてください。

また、この記事ではMEO対策で効果を出しやすくする方法についても解説しました。MEO対策をする上での必須知識ですので、これから始める方は参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる