記事監修とは?依頼方法や注意点、メリットなどを網羅的に解説!

ブログ記事を執筆する際に、信頼性の高い記事を確保する方法として「記事監修」があります。記事監修を依頼することでコンテンツの質が担保され、より上位表示しやすいブログ記事になるでしょう。

とはいえ、記事監修の方法がわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、記事監修の概要やメリット、依頼する方法などを詳しく紹介します。また、監修を依頼する際の注意点についてもみていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

記事監修とは?

記事監修とは、コンテンツの誤りや不確かな情報を確認し修正する作業のことを指します。専門的な知識を持っている人が監修者になり、コンテンツをチェックしてもらうという仕組みです。

記事監修を依頼する場合、記事をライターに任せて、その後監修してもらう方法と、記事制作自体から監修者に作成してもらうなどの方法があります。

これらの方法をうまく使い分けることで、より理想のコンテンツ制作に役立てられるでしょう。

記事監修が重要視されている理由

記事監修を行うことで、より質の高いコンテンツを生み出せるようになります。

例えば、YMYL(Your Money Your Life)といった、不動産、金融、美容、医師などのジャンルにおいては記事監修を依頼することが多いですが、これらの記事は専門知識が必要となります。

記事監修を依頼することでコンテンツの質が担保され、SEOについて評価される高品質の記事を確保できるのです。

記事監修をつけるメリット

専門家に記事監修を依頼することで、大きく2つのメリットがあります。ここでは、2つのメリットの詳細について詳しく解説します。

記事の信頼性を確保できる

専門家への記事監修依頼は、サイトの信頼性向上に役立ちます。専門家が記事をチェックすることで誤った情報を修正でき、正しい情報のみをユーザーに届けられるのです。

また、記事を監修していることで「権威性」も担保されるため、他の記事と差をつけてサイト全体の信頼性を向上させられるでしょう。

読者の離脱を防ぎ、SEO効果を発揮する

記事のSEO対策としても記事監修は役立ちます。専門家による記事監修によって、検索順位の向上が期待できるためです。

Googleでは、記事の順位を測るために、 E-A-Tと呼ばれる3つの指標を用意しています。

E :Expertise 専門性
A:Authoritativeness 権威性
T:Trustworthiness 信頼性

これらを一気に満たせるのが記事監修で、設立年数の低いサイトでも上位表示できる可能性が高まります。

記事監修の方法

記事監修の方法には主に2つあります。

専門家に執筆まで依頼する

専門家に執筆まで依頼し、高い品質の記事を生み出してもらう方法です。この場合、ライターが記事を制作する際に難しい内容を調べる必要がなく、効率的にコンテンツを増やしていけます。また、正しい状態のコンテンツのみが造られることになるので、記事管理者としても工数が少なくて済みます。

一方で、専門家が記事を執筆すると、工数がかかるというデメリットはあるでしょう。また、原稿を依頼する際も一般的なライターに支払う金額よりも高くなり、よりコストがかかる点も注意が必要です。

ライターの内容を確認してもらう

ライターに記事執筆を依頼し、その後監修者に確認してもらうと言う方法です。こちらの場合、費用を抑えることが可能で、より効率的にコンテンツを生み出せます。また、専門家に内容をチェックしてもらうだけなので、納期が早いという点も魅力です。

ただし、ライターが記事を執筆する際にさまざまな情報を調べていく必要があるため、一般的なSEOコンテンツよりも少し高い単価を出す必要がある点は注意が必要です。

記事監修を依頼する方法

どのように記事監修を依頼すれば良いのでしょうか。ここでは、記事監修の2つの方法を紹介します。

記事監修サービスに依頼する

最もスピーディーに記事監修者を探せるのは、「記事監修サービス」を活用する方法です。より素早く求める監修者を採用できるだけでなく、記事監修に慣れているプロが対応してくれるため、質の高い記事を生み出しやすいです。

直接専門家に依頼する

記事監修サービスを利用するよりもコストを抑えられるのが、専門家に直接依頼するという方法です。また、記事監修サービスのように、間に人が入らないため、より細かい内容を依頼することが可能です。

ただし、監修サービスのように、監修能力が均一に保たれていないため、依頼先によっては求めていないコンテンツが出来上がってしまう可能性もあります。また、管理工数がかかりやすいと言う点もデメリットとして挙げられます。

記事監修を依頼する際に注意したいポイント

記事監修を依頼する場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここでは、3つのポイントを紹介します。

どこまで依頼できるかを事前に確認する

せっかく監修してもらえるのに「匿名希望」と言うような場合、記事の信頼性を担保するのが難しくなってしまいます。そのため、事前にどこまで公開しても良いかを確認することが大切です。

最も良いのは「顔写真+肩書き+本名+経歴」などが含まれているケースです。これらのプロフィールが不十分の場合、記事監修を任せるのは難しいでしょう。後ほどトラブルに発展しないよう、事前に確認しておくことが大切です。

専門家の経歴を確認する

専門家の経歴を確認することは大切です。記事の内容と専門家の経歴がマッチしていない場合、コンテンツの質を担保するのが難しいですし、不得意な分野に対して監修を依頼することになってしまいます。

例えば、心理学に精通している監修者へ依頼する場合でも、「子供専門」「大人専門」と言うように専門性が分かれるでしょう。

この場合、子供の記事を書くのに、大人専門の監修者に依頼すると、信頼性を担保するコンテンツにはならない可能性があります。過去の専門家の監修記事などを参考にし、記事と専門家の得意不得意を見極めることが大切です。

専門家の信憑性を確認する

専門家の信頼性を担保するために、事前に経歴の信憑性を確認しておくことが大切です。例えば、監修者の学歴、資格などに虚偽の内容があった場合、監修者だけでなく採用した企業も責任を問われてしまいます。企業としてもリスクを負う可能性があるため、注意しておきましょう。

契約前に監修者の実績を証明する書類を提出してもらうなど、対策が必要となります。

まとめ

本記事では、記事監修の概要やメリット、依頼する方法、注意点などを詳しく解説してきました。記事監修を依頼することで、より品質の高いコンテンツを手にすることができます。ただし、監修者と記事がマッチするものでなければ、求めているコンテンツを獲得することは難しいでしょう。まずは記事監修者の経歴・専門分野などをチェックして記事監修を依頼することが大切です。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる