オウンドメディア立ち上げの方法とは?メリットや設計の流れを詳しく解説!

メディアを立ち上げる際には、どのように進めるべきでしょうか?オウンドメディアを立ち上げたいと考えている企業担当者は多いですが、「立ち上げには時間がかかる」「どのように準備を進めればよいかわからない」と悩む方が多い印象です。

本記事では、オウンドメディアを立ち上げ流メリットや設計の方法、運用におけるポイントなどを紹介します。また、オウンドメディアの外注を検討している方に向けて、害虫のメリットなども解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

オウンドメディアとは?

そもそもオウンドメディアとは、インターネット上のブログやWebサイト、実物の広報誌やパンフレットなど企業からユーザーに対して情報を発信するメディアの総称です。英単語では「Own+Media」つまり、自社が所有しているメディアのことを意味します。

企業のオウンドメディアが増えている理由

企業のオウンドメディアが増えている理由は大きく2つあります。1つ目は自社情報を公開することでコンテンツが普及し、広告塔のような役割を担うことが理解されてきたからです。一般的には広告を1度出稿する際に数百万円といった費用がかかりますが、一方でオウンドメディアを運営すれば数十万円程度の費用で広告と同様の効果を実現できます。

つまり、より安いコストで広告ができるので、オウンドメディアを利用したコンテンツマーケティングが普及してきたのです。

2つ目は、ユーザーがテレビなどの媒体からスマホ・タブレットに移ったためです。以前はテレビ広告などが一般的でしたが、現在はWebメディアでのコンテンツマーケティングが主流になってきています。

つまり、オウンドメディアでコンテンツマーケティングを行うのは、時代にあった広告手法だと言えます。

コンテンツマーケティングに関してはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ここにコンテンツマーケティングの記事を公開後に添付

オウンドメディアの目標

オウンドメディアの最大の目標は、「コンテンツ(自社製品)を好きになってもらうこと」です。オウンドメディアに最初にに訪れたユーザーはコンテンツを消費するだけの人です。しかし、何度もコンテンツに訪れることで自ずとコンテンツのファンになるのです。

このように、コンテンツに対するファンが増えれば、企業価値、コンテンツの価値が高まり、商品へのイメージが良くなります。この効果を期待してコンテンツマーケティングのためにオウンドメディアを運営している企業が多いです。

オウンドメディアを立ち上げるメリット

オウンドメディアを運営しようと考えている企業の中には、「世間の流れに合わせてとりあえず作っておこう」と考えていることも少なくないでしょう。しかし、コンテンツマーケティングにおいては目標を設定してからコンテンツを作成することが重要になるため、コンテンつ作成のメリットを理解しておくことは肝心です。

ここでは。、オウンドメディアのメリットを2つ紹介します。

オウンドメディアが資産になる

オウンドメディアと広告の大きな違いですが、オウンドメディア自体は資産になります。一般的に広告を出稿する場合は1回につき費用を支払います。そのため、広告は消費するコンテンツであり、自社の魅力が残り続けることにはなりません。

ところが、オウンドメディアはコンテンツが残り続けます。一度書いた記事は半永久的に残り続けるため、消費コンテンツにはならないわけです。つまり、コンテンツをSEO上位表示できれば、効果を長期的に出せるということになります。

広告費を削減できる

オウンドメディアを運営することで広告費を削減できるというメリットがあります。前述したように、広告出稿においては1回につき費用がかかります。そのため、多くの広告を出稿するにつれ、コストが嵩んでしまいます。

一方で、オウンドメディアの場合は一度コンテンツを溜めてしまえば、後ほどかかる費用はサーバー料金やリライトにかかる費用のみになります。結果として広告よりも費用対効果の高い状態で自社の魅力を普及させられるのです。

オウンドメディア設計の方法

オウンドメディアの運営を開始する場合、さまざまな準備が必要になります。準備を怠ってしまうと、コンテンツがうまく普及せず、効果を出せないオウンドメディアになってしまうのです。

ここでは、オウンドメディアを運営する際に行うべき設計について紹介します。

オウンドメディア立ち上げの目標を設定する

最も重要なことは、オウンドメディア立ち上げの目標を設定することです。目標を設定しなければ、コンテンツが読者に全く刺さらず、意味のないオウンドメディアになってしまうからです。

具体的には「見込み顧客を増やす」「商品の再申し込み率を上げる」「自社のカラーをコンテンツに出す」などのより明確な目標を立てることが大切です。

このような目標を設定することで、最終的に自社の目的を満たすオウンドメディアが出来上がります。

コンテンツに訪れるペルソナを設定する

次に、コンテンツを消費するユーザー像を設定することが大切です。この時に役立つ考え方が「ペルソナ設定」です。詳しくは別記事で紹介しますが、ペルソナは「明確な読者像」のことを指す単語です。

実際にコンテンツに訪れたユーザーがどのような気持ちでコンテンツを読んでいるかを理解しなければ、読者に刺さるコンテンツは作れません。コンテンツ作成においては非常に重要なステップとなります。

以下の記事ではペルソナについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

カスタマージャーニーマップを作成する

カスタマージャーニーとは、消費者が商品を知り、行動するまでのプロセスのことを指します。この部分が明確になっていないと、オウンドメディアを運用する際にどうやって普及させていけばよいかがわからなくなり、オウンドメディア成長を止めてしまいます。

サイトの認知→情報収集→比較・検討→成約・購入といった流れを意識して、自社のサービスとどのようにマッチするのかを設定しましょう。

タッチポイントを設計する

タッチポイントとは、ターゲットが流入する入り口のことです。この入口が明確でなければ、どういったコンテンツを作成すべきかがわからなくなってしまいます。

タッチポイントとして、一般的には次のような流れがあります。

・SNS
・SEO
・メルマガ

どのタッチポイントを設定するかによってコンテンツの作り方が大きく変わります。自社サービスとの相性を理解した上で、どのタッチポイントを設定すべきか、コンテンツを制作する前に明確にしておきましょう。

成果達成の目標から逆算して戦略を立てる

最後に、成果達成の目標から計算して、どのようにコンテンツを進めていくか戦略をたてましょう。これまでの流れを踏まえてコンテンツを制作すれば、自ずと目標が明確になり、効果の出せるコンテンツが生まれるはずです。

オウンドメディア運用におけるポイント

オウンドメディアを運用する場合、どのようなポイントに着目すればよいのでしょうか。ここでは3つのポイントを紹介します。

短期間での成果は求めない

オウンドメディアのデメリットでもありますが、短期間での成果を出すことは難しいです。SEOなど時間がかかる要素が多数あるためです。そのため、長期を想定してコンテンツを制作することが重要になります。

コンテンツ運用の軸がずれないようにする

コンテンツ制作における軸がずれないように意識して運用することが大切です。その際には、コンテンツの設計を再度思い出せるように、マニュアルなどを用意しておくとよいでしょう。

ユーザーが求める情報を網羅的に紹介する

オウンドメディア全体においてですが、ユーザーが求める情報を網羅的に紹介できるよう努めることが大切です。オウンドメディアに訪れた読者が、全ての情報をそのメディアだけで獲得できるような状態が望ましいと言えるでしょう。

オウンドメディア立ち上げは外注も可能

オウンドメディアを立ち上げる際、自社のリソースを使うことも可能ですが、外注して立ち上げることも検討してみてはいかがでしょうか。特に、オウンドメディア立ち上げの業務は時間がかかります。自社リソースを使いすぎて本当にすべき業務に支障が出ては問題です。

外注を検討することでそのような問題を解消できるはずです。

オウンドメディア立ち上げを外注するメリット

オウンドメディア立ち上げを外注するメリットは主に3つあります。

社内リソースを減らさずにコンテンツが増える

先ほどもお伝えした通り、オウンドメディアを運営する場合、多くのリソースを要します。自社の業務を行いながらメディアを運営すること自体が厳しい場合もあるでしょう。

そのような時に外注すれば、自社のリソースを使わずにコンテンツを充実させられます。

質の高いコンテンツを獲得できる

自社リソースでコンテンツを制作する場合、メディアに対する知識が薄い従業員をコンテンツ制作に回すケースもあるでしょう。しかし、コンテンツマーケティングにおいては質の高いコンテンツを量産することが大切ですので、知識のない人をコンテンツ制作に回すと、効果が出ないケースもあります。

結果的にオウンドメディアの成長を止めてしまうことにもつながります。そのような時に外注を検討することで、より質の高いコンテンツを量産できるようになります。

立ち上げ時のスタートダッシュに役立つ

コンテンツ制作においては、立ち上げの際に多数のコンテンツを公開した方がよいと言われています。自社リソースで運用する場合、1日に公開できるコンテンツは2〜3程度が限界だと思いますので、スタートダッシュには向きません。

外注することで数10記事というコンテンツを同時に獲得できるケースもあるため、スタートダッシュに役立ちます。外注することで、より有利にコンテンツマーケティングを進められるでしょう。

まとめ

本記事では、オウンドメディア立ち上げの方法や運用時の流れなどを紹介してきました。コンテンツマーケティングは費用を抑えながら自社商品の魅力を伝えられるとして、非常に魅力的な方法です。自社リソースが足りない場合でも外注することでオウンドメディア作成はできるので、リソース的に厳しいと考えている方は外注を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる