Googleが提唱した考え方「マイクロモーメント」とは?マーケティングへの活用方法を解説!

スマートフォンで情報を収集できるようになった現在、Googleから「マイクロモーメント」という言葉が提唱されるようになりました。マイクロモーメントはコンテンツマーケティングやSEO対策において近年重要な役割を示しています。

本記事では、マイクロモーメントの概要や重要な理由、マーケティングとの関連性などを紹介します。また、マイクロモーメントを意識してコンテンツw作成するメリットなどについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

マイクロモーメントとは?

マイクロモーメントとは、人々が何かを「知りたい」「行きたい」「したい」「買いたい」と感じた瞬間のことを指します。Googleで提唱された考え方で、実際には以下のようなコメントを残しています。

マイクロモーメント」とは、人々が「何かをしたい」と思い、反射的に目の前にあるデバイスで調べたり、購入したりという行動を起こす瞬間です。マイクロモーメントを的確に「見極め」、生活者が求めている情報を「届け」、そして効果を正しく「測定」すればモバイルが生み出す価値を最大化することができます。

参照:Google

つまり、どのような状況でマイクロモーメントが発生するのかを考えることは、近年のSEO対策において重要になりつつあるということです。

マイクロモーメントは4つに分類される

一括りに「マイクロモーメント」と呼びますが、細分化すると4つに分類することが可能です。

  • 知りたい
  • 行きたい
  • したい
  • 買いたい

それぞれのマイクロモーメントについて詳しくみていきましょう。

ちなみに、こちらの分類は以下の情報を参照しています。

参照:Google

知りたい

ユーザーが新しい情報を知りたいときに検索する瞬間のことです。もしくは、現実世界で必要な情報を再度調べ直すときもマイクロモーメントと呼びます。Googleによれば、66%ものスマホユーザーがTVCMで出てきた情報を再度スマートフォンで調べた経験があるようです。

行きたい

何かを購入するためにショップの住所を調べたり、食事をするために近くのレストランを検索する行為が「行きたい」です。Googleによれば、スマホユーザーの82%が周辺情報を調査しているといいます。ビジネスにおいては、周辺情報を収集したとき、自社の情報をGoogleに表示させる必要があります。

特に、地域でショップを開いている場合などには意識した方が良いマイクロモーメントとなります。

したい

「何かを始めたい」「方法が知りたい」といった欲求が発生した瞬間のことです。料理のレシピが知りたい、パソコンでエラーが起きたときの解消法が知りたい、今日の天気が知りたいなどはこちらに属します。Googleの調査によると、スマホユーザーの91%は、タスクを完了させるためにこれらの情報を収集しているといいます。

また、こういった状況は、ユーザーが情報を能動的に収集したいと考えていることになるため、コンテンツマーケティングに取り入れることでより効果を得られるようになるはずです。

買いたい

ユーザーが購入することを決めていて、何かを購入することにはなるが、どの商品を購入すべきかわからない時に発生するマイクロモーメントです。ちなみに、Googleによれば、店頭で商品を購入する前にスマートフォンで確認するというユーザーは約82%に上るようです。

マイクロモーメントの分析が重要な理由

マイクロモーメントの分析はなぜ重要なのでしょうか。ここでは、重要な理由を2つ紹介します。

インターネットショッピングが普及したことによるもの

インターネットショッピングが普及したことにより、商品を購入する際に場所・時間が不要となりました。もちろんその方がユーザーとしても利便性が高いため、どんどん普及してきたという事実があります。

とはいえ、商品が自宅から近いところにあればリアルで購入したいと考えるユーザーが多いのも事実です。そのため、ユーザーは「買いたい」「場所が知りたい」などより直感的な悩みを検索窓に入力するようになったのです。

このように、検索体験が多様になってきたため、マイクロモーメントを理解することが重要なのです。

デバイスがモバイルへと変化していった

マイクロモーメントが起こりやすくなった大きな要因として、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスが普及したことがります。現在はスマートフォンを保有していることが一般的で、すぐに取り出して検索を行えるようになりました。

その結果、検索エンジンを活用する労力が減り、マイクロモーメントが起こりやすくなったのです。

マイクロモーメントとマーケティングの関連性

マイクロモーメントを把握し、マーケティングに活かすことでより大きな効果が期待できるでしょう。ここでは、マイクロモーメントが活用できる3つの分野を紹介します。

Webコンテンツ制作

最もマイクロモーメントを活用しやすい場面は、Webコンテンツ制作です。マイクロモーメントを理解することで、読者の悩みを解決に導きやすくなるため、より質の高いコンテンツを制作できます。

実際に、Googleによれば、スマホユーザーの91%は、「情報が見つからない」「コンテンツが分かりづらい」などの理由で離脱してしまうそうです。マイクロモーメントを意識したコンテンツ制作を行うことで、そういったユーザーをしっかりと囲い込み、コンテンツ滞在時間を伸ばせるのではないでしょうか。

リスティング広告などのWeb広告

SEO効果のあるWeb広告などにマイクロモーメントを活用するのも効果的です。特定のユーザーに対して広告を継続的に表示させられる「リターゲティング広告」や、検索結果上部に表示される「リスティング広告」など、マイクロモーメントを理解することで効果を最大化できるものも多くなっています。

あわせて読みたい
Webマーケティングの代行サービスをうまく活用するには?選び方やメリットを解説! Web集客を成功させるために必要なのが、マーケティングの知識です。また、知識を保有しただけではWebマーケティングを成功させることはできず、施策の考案、実行、修正...

メールマーケティングへの応用

マイクロモーメントを把握することで、自社サイトに訪れるユーザーがどのようなニーズを持っているかを理解できます。そういった情報を取得しておけば、読者に対してどのようなメールが効果的か分かります。

つまり、読者の心に刺さるメール文を作りやすくなるのです。

マイクロモーメントを意識するメリット

マイクロモーメントを意識するメリットは次の2つです。

顧客満足度が高まる

マイクロモーメントを意識することで顧客満足度を高められます。なぜなら、読者がどのような情報を欲しているか理解できるためです。逆に言えば、顧客満足度を理解するなら、マイクロモーメントの把握が近道だということになります。

コンバージョン率を高められる

マイクロモーメントを理解すれば、読者の痒いところに手が届くコンテンツを制作できます。そのため、コンバージョン率が高まり、自社の紹介する商品が売れやすくなるでしょう。

また、コンバージョン率が上がるということは、読者が固定顧客になっているということなので、ブランディング力UPの効果もあります。

マイクロモーメントを活かしたコンテンツ制作は外注も検討

煩雑な業務の中でマイクロモーメントを意識したコンテンツ制作が難しいなら、外注を検討してみるのがおすすめです。記事制作代行サービスなどがあり、そういったサービスを利用すると、マイクロモーメントを意識した質の高いコンテンツを獲得できます。

もちろん、費用は発生しますが、コンテンツマーケティングを効果的に進めるなら、外注を検討してみるのが良いでしょう。

あわせて読みたい
コンテンツ企画の制作手順|記事作成は外注すべき?内製がいい? コンテンツ企画はコンテンツマーケティングを成功に導く重要なポイントです。コンテンツ制作においては目的設定が重要ですが、どのように設定すれば良いのかわからない...

まとめ

本記事では、マイクロモーメントの概要や重要な理由、マーケティングとの関連性などを紹介しました。マイクロモーメントを把握することでインターネット上のビジネスでは成果を出しやすくなります。

ユーザーのマイクロモーメントを意識し、自社コンテンツを強化していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる