Google関連キーワードとは?取得ツールやSEO対策で重要な理由

Google関連キーワードとは、検索されたキーワードとの関連性が高いキーワードのことを意味します。

つまり、ユーザーのニーズを知る手がかりになるため、SEO対策としてGoogle関連キーワードを知ることはとても重要です。

Webメディア初心者の会社員やブログを運営する個人にとっては必ず押さえておきたいテーマです。

しかし、SEO対策初心者にとって、以下のような悩みはありませんか?
・Google関連キーワードには具体的にどんな重要性があるのか?
・効率的な調査方法はないのか?
・コンテンツに反映させる際に気をつけるべきポイントは?

本記事では、これらについて解説していきます!
SEO対策のベースとなるテーマですので、ぜひ最後までお読みください!

目次

Google関連キーワードとは

Google関連キーワードとは、実際に検索されたキーワードとの関連性が高いキーワードのことで、検索結果画面の最下部に表示されます。

例えば、Googleで「クレジットカード」と検索すると、「クレジットカード 最強の2枚」「クレジットカード 作り方」「クレジットカード 還元率」「クレジットカード 学生」などといったキーワードが表示されます。

そのため、Google関連キーワードは検索したキーワードに付随した読者のニーズを知る重要な手がかりの1つです。

Google関連キーワードが表示される仕組み

関連キーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示される仕組みになっています。

詳細なアルゴリズムは公表されていないですが、主に検索者が過去に検索したキーワードや検索頻度、実際に参考にしたサイト、訪問したサイトにどの程度滞在していたかなど、あらゆる情報から判断して表示されています。

Googleのアルゴリズムも日々進化しているため、関連キーワードから読者のニーズをより一層深く知ることができるでしょう。

Google関連キーワードとサジェストキーワードとの違い

Google関連キーワードと混同されがちなものとして、サジェストキーワードというものがあります。

サジェストキーワードとは、Googleの検索窓にキーワードを入力した際に表示されるキーワードです。
検索したいキーワードと関連したキーワードをGoogleのアルゴリズムが予測し、提案しています。

両者の違いとしては、以下のようにGoogleのアルゴリズムが参考にする範囲が挙げられます。
・サジェストキーワードは、検索者本人の情報をもとに予測
・Google関連キーワードは、検索者本人だけでなく多くのユーザーの情報をもとに予測

そのため、以下のように理解しておくと良いでしょう。
・サジェストキーワードは、検索されたキーワードに対して、検索者1個人に最適化された潜在ニーズ
・Google関連キーワードは、検索されたキーワードに対して、多くのユーザーが持っている潜在ニーズ

Google関連キーワードの取得ツールおすすめ5選

Google関連キーワードの仕組みやSEO対策としての重要性がわかったと思います。
しかし、基本的にはwebメディアを運営する際には、多くの記事を作成しなければいけないと思います。

そのため、この章では、効率的にGoogle関連キーワードを調査する方法を解説します。
効率的な調査を助けてくれるのが、関連キーワード取得ツールになります。

さまざまなツールがありますが、今回は厳選しておすすめの5つを紹介します。
一部有料のものもありますが、無料で十分な機能が使えます。

どれも使用しているユーザーが多いため、自分の好みに合ったツールを使用してみてください。

キーワードプランナー

1つ目は、キーワードプランナーです。
Google広告のツールであり、検索したいキーワードに関連したキーワードを取得できます。

こちらは、Googleアカウントがあれば、無料で発行することができ、無料で利用することが可能です。

しかし、一部機能に制限があり、Google広告に入金することで機能の制限が解放されます。

例えば、機能の制限がある場合、キーワードの検索ボリュームが「1万〜10万」といった曖昧な範囲での数値でしか確認できません。

ラッコキーワード

2つ目は、キーワードプランナーです。
こちらは、完全無料で使用することが可能ですが、会員登録を行わないと1日に5回までの利用制限があります。会員登録を行えば、機能無制限で使用することが可能です。

また、以下のような無料とは思えないほど機能が豊富にあります。
・GoogleサジェストやYouTubeサジェスト、Amazonサジェストなどさまざまな媒体での関連するキーワードを取得することが可能
・検索されたキーワードをワンクリックでコピー可能
・CSVでのダウンロードが可能

Ubersuggest

3つ目は、Ubersuggestです。
こちらは、海外のツールですが、日本語にも対応しており、人気のツールの1つです。
一部機能は有料プランのみ使用可能ですが、無料で十分使用することが可能です。

また、chromeの拡張機能として導入することができるため、Googleで実際に検索するだけで、検索結果画面に、関連するキーワードやキーワードごとの検索ボリューム、クリック単価(CPC)が表示されます。

Keyword Tool

4つ目は、Keyword Toolです。
こちらは、Googleなどの検索エンジンの他に、TwitterやInstagramなどのSNSに関連するキーワードも取得可能です。

上記の機能も含めて無料で使用可能ですが、一部機能が有料になります。

例えば、
・検索ボリューム
・トレンド
・クリック単価(CPC)
などが挙げられます。

Kouho

5つ目は、Kouhoです。
こちらは完全無料で使用することが可能な関連キーワード取得ツールです。

Google、Amazonや楽天などの関連するキーワードを取得可能です。
また、テキストファイルでのダウンロードが可能になっています。

Google関連キーワードを用いてSEO効果を高める方法

Webメディアを運営する上で、SEOの効果をいかに高めるかは非常に重要です。
Google関連キーワードは多くのユーザーの情報をもとに予測された潜在ニーズでもあるので、SEO効果を高める上で、役立つ情報になるでしょう。

しかし、Google関連キーワードを実際のサイト内の記事にどのように落とし込めばSEO効果を高めることができるでしょうか?

ここでは、調査したGoogle関連キーワードを使ってSEO効果を高めるポイントについて解説します。

関連キーワードの選定

まず初めにやるべきことは、Google関連キーワードの選定です。
サイトのテーマを表すことばで、先ほど説明したツールを用いて関連キーワードを洗い出します。例えば、クレジットカードをメインに扱うのであれば「クレジットカード」のGoogle関連キーワードを洗い出します。

その際、さまざまな関連キーワードが出てきますが、むやみやたらに全ての関連キーワードを1つのコンテンツに入れ込むのはやめましょう。
なぜなら、読者にとってわかりやすく、サイトのコンセプトに沿った記事を作成するためです。
例えば、クレジットカードの専門的な内容を扱うサイトなのに、「クレジットカード イラスト」というキーワードが関連性が高いからといって扱うべきではありません。

なぜなら、このようなサイトを訪問する読者は「還元率が高いクレジットカードはどれか」「おすすめのブランドはどれか」などクレジットカードの実用的な情報を知りたいことが想定されるからです。

そのため、Google関連キーワードは以下のポイントを押さえて選定しましょう。
・検索ボリュームがある程度大きいか
・サイトのテーマとかけ離れすぎていないか

webページに反映するポイント

選定したキーワードをwebページに反映する際に以下のポイントを押さえましょう。
・選定したキーワードに関する顕在ニーズは冒頭で早めに回答する
・選定したキーワードに付随したい潜在ニーズを満たすような内容を加える

Google関連キーワードは、検索されたキーワードに付随する潜在ニーズを示しています。
そのため、現時点で、上位サイトの記事が関連キーワードに表示されているような潜在ニーズを満たしていないということになります。
読者から評価されるためにも、Googleから評価されるためにも、読者の検索意図を考慮したページを作成することが必要ですので、上記のポイントを押さえてコンテンツ作成を行いましょう。

本記事では、SEO効果を高める概要部分のみ説明しましたが、以下の記事でも、Google関連キーワードを用いてコンテンツのSEO効果を高める方法を解説しているので、こちらもご参考にしてください。

Google関連キーワードの削除について

Google関連キーワードには、検索者の潜在ニーズが隠れているため、SEO対策にとって重要な情報です。

しかし、時には運営する企業や個人にとって好ましくないキーワードが表示されることがあります。

例えば、「〇〇 最悪」「〇〇 過労死」「〇〇 パワハラ」「〇〇 詐欺」などといったキーワードです。

これらの内容が事実の場合は対策の使用がありませんが、事実無根の場合にはどうすればよいのでしょう?

この章では、このような場合における対策方法について説明します。

削除の申請方法

Googleでは、削除申請を行うことができます。
例えば、パワハラや倒産の事実もないのに、「〇〇 パワハラ」「〇〇 倒産」と関連キーワードで表示される場合、申請することができます。

削除申請には、Googleアカウントが必要ですが、比較的簡単に申請することができます。
申請後、Googleが審査したのち名誉毀損と認定された場合には、削除することが可能です。

削除される期間の目安

Googleに削除申請を行った場合、およそ1ヶ月以内に削除するかどうかの結果がメールで報告されます。

この際、削除できないとの回答が出た場合には、専門家に相談し、別の方法を検討しましょう。

まとめ

Google関連キーワードとは、検索結果画面の最下部に表示されるキーワードであり、以下のような内容を解説しました。

・Google関連キーワードは、検索したキーワードに付随した検索者の潜在ニーズが現れているため、SEO対策として重要
・Google関連キーワードを取得するツールを用いて効率的にキーワードを収集することができる
・キーワードを選定し、コンテンツに反映させることが重要

また、Google関連キーワードだけでなくSEO効果を高めるには様々な視点から考える必要があります。
以下の記事では、SEO効果を高めるコンテンツの作成方法について解説しているので、こちらもぜひご参考にしてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

山本 伸弥のアバター 山本 伸弥 SEOマーケター

新卒でSEOベンチャーに入社後、年間100社以上のSEO相談やコンサルティングを実施。メディア立ち上げからキーワード選定、記事制作まで上流から下流まで一気通貫で経験する。

現在は自社メディア「SEO解体新書」を立ち上げ、SEOやWebマーケティングのお役立ち情報を発信している。

目次
閉じる