面白い記事の書き方とは?記載すべき内容や必要なステップを紹介!

自社のブログで「面白い記事を書きたい」と考える方は多いでしょう。特に、企業のマーケティング担当者や、ブログ運営者は面白い記事がコンバージョン率UPにつながったり、検索順位UPに繋がったりすることを知っているため、なんとしてでも面白いコンテンツを作成したいと考えるでしょう。

本記事では、面白い記事の書き方や重要な心がけ、面白い記事を書くための注意点などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

面白い記事とは?どんな内容を記載するべき?

そもそも「面白い記事」とは、どのような内容が記載された記事のことを指すのでしょうか。ここでは、読者が面白いと感じる2つの特徴を紹介します。

必要な情報を網羅的に紹介する

interesting(興味深い)記事を「面白い記事」と言います。読者が知りたい情報に対して網羅的に解説していて、検索意図を満たしてくれる、そんなコンテンツを見た時面白いと感じるでしょう。

読者は記事を検索する際に、必ず「悩み」を抱えています。そういった悩みを解決できる記事が「面白い記事」なのです。

つまり、面白い記事を書くためには読者に必要な情報を網羅的に紹介する必要があるといえるでしょう。

読者が想定していない内容を記載する

読者が想定していない情報を記載しているコンテンツも、読者は面白いと感じます。独自性のある内容を記載しているコンテンツを読めば、気づきや発見を獲得できるため、新たな方法で問題を解決に導けます。

他のコンテンツには載っていない情報を記載できる、インタビューや取材記事などは興味深い内容が書かれていることが多く、面白い記事と捉えてもらえる可能性が高まるでしょう。

面白い記事を書くために必要なステップ

面白い記事を執筆するためには、どのようなステップを踏む必要があるのでしょうか。ここでは、面白い記事を執筆するための4つのステップを紹介します。

①ペルソナを設定する

最も重要なことは、ペルソナを設定するということです。読者に面白いと感じてもらいたいのであれば、どのような点が「面白い」のかを分析する必要があります。記事のターゲットがぶれてしまうと、記事の方向性がぶれたり、面白さが分散してしまうため、コンテンツとしては質の低いものになってしまいます。

そういった意味もあり、具体的な読者像を理解し、コンテンツの質を上げられるペルソナ設定が重要になるのです。詳しくは以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

②キーワードから検索意図を考える

ペルソナ設定が終わった後は、読者がどのような悩みを持っているのか、どういった内容を知りたいと考えているのか、キーワードから考えましょう。 まずは、キーワードの選定から始めます。キーワード選定には無料のラッコツールや、有料のahrefsなどがあります。これらのサービスを活用することでキーワードに関連した共起語なども検索できるため、コンテンツ制作に役立ちます。 検索ニーズを理解できれば、質が高く「面白い」記事を執筆できるため、しっかりとキーワードから読者の問題を理解してあげましょう。 以下の記事ではLSIキーワードや共起語についても紹介しています。

③読者に必要な情報を考える

読者に面白いと思ってもらう記事を書くためには、本当に読者に必要な情報だけを記載する必要があります。例えば、「文章 書き方」で検索している読者は「文章の書き方がわからず悩んでいる」と予想できます。

そのような読者に対して、「コンテンツとは」「とりあえず書けばいい」というような内容を記載していては、読者のニーズを理解していないことになります。読者の悩みを本質から解消できるよう、必要な情報だけをより密度高く記載する必要があるでしょう。

④自社にしか書けない独自の内容を考える

面白い記事を作るには、独自性も重要です。さまざまな情報が溢れるインターネットの中では、同じようなコンテンツが大量にあり、「この情報はどこかでみたことがある」と思われてしまいがちです。

しかし、似たような情報が記載されている中にインタビューなど独自の内容が盛り込まれていると、競合の記事と比較して差別化できます。

つまり、自社においてどうすれば独自性が出せるかを入念に考えることで、より質の高いコンテンツを生み出しやすくなるでしょう。

面白い記事を書くために必要な心がけ

面白い記事を書くためには、どのような点を意識すれば良いのでしょうか。ここでは、重要な3つの心がけを紹介します。

タイトルで惹きつける

最も重要なのは、タイトルで読者を惹きつけることです。コンテンツに素晴らしい内容が記載されていても、Googleの検索画面で惹きつけることができなければ、魅力的な内容を生み出すことはできません。

タイトルを魅力的なものにすることは面白い記事を作るために重要です。

具体的な事例を紹介する

文章内に具体的な事例を含めることも、コンテンツを面白くする1つの方法です。より具体的な事例を盛り込むことで説明がわかりやすくなるだけでなく、コンテンツに独自性が出ます。他の記事と全く同じことを言っていても、競合と差別化がしやすくなるというメリットもあるのです。

画像などを使用し視覚的に楽しませる

記事に必要なのは文章のクオリティだけではありません。文章以外の部分でも読者に興味を持ってもらう必要があります。

具体的には、文章だけで説明が難しいコンテンツに関しては図解で説明してあげたり、会社で制作した動画をコンテンツに含めるというのも良いでしょう。

面白い記事を書くメリット

ここまで、面白い記事を書く方法について紹介してきました。とはいえ、面白い記事を執筆することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、3つのメリットを紹介します。

検索順位が上がる

面白い記事は読者が読み進めてくれるため、検索エンジンからの評価が高くなります。具体的には、離脱率や直帰率、コンバージョン率が高くなるため、検索順位が上がりやすくなるのです。

ブログを収益化できる

企業ブログにおける収益化においては、アフィリエイト広告やコンテンツ販売などさまざまな方法を活用することができます。

PVを増やしていければ、収入源を確保できるようになるため、多くの企業がコンテンツ制作に取り組んでいます。

ブランディングに役立つ

ブログを所有している企業は、「役立つ情報を提供してくれている」というブランディングにもつながります。そのため、企業の信頼性を高めることが可能になるのです。

面白い記事を書く際の注意点

面白い記事を執筆する際には、いくつか注意点があります。ここでは、主な2つの注意点について紹介します。

あまり面白さを追求しない

ここまで「面白い記事を書く方法」について紹介してきましたが、意識しすぎて面白くなくなってしまうケースがあるため、注意が必要です。

質の高いコンテンツを制作している企業は、必ずしも面白い記事を書こうと思っているわけではありません。意識しすぎずに読者に対して何が必要なのかを理解しながら執筆することが重要だといえます。

嘘の情報を記載しない

コンテンツを盛り上げるために嘘の情報を記載するというのもよくありません。特にWeb記事の場合嘘であることが見抜けない読者もいます。コミュニケーションを取れば伝わることでも、情報がうまく伝わらないケースはあるため、注意しましょう。

面白い記事を書くなら外注も1つの方法

面白い記事を執筆したいのなら、外注も1つの方法です。Web記事代行会社に依頼することで、質の高い記事を自社リソースを必要とせず制作可能。Webマーケティングを熟知したライターが執筆してくれるため、記事確保には役立つでしょう。具体例を交えるのが苦手というデメリットはありますが、コンテンツを増やす際に役立つ方法です。一度活用してみると良いでしょう。

あわせて読みたい
【記事外注で後悔しない!】制作会社を選ぶ方法や注意点など 「記事制作を進めていきたいけど、時間と人材が足りない」 そう考える企業において社内リソースを確保しながら記事数を増やす方法の1つが、記事制作の外注です。しかし...

まとめ

本記事では、面白い記事の書き方や重要な心がけ、面白い記事を書くための注意点などを紹介しました。面白い記事を執筆するためには、質の高いコンテンツを作る心がけが重要です。本記事の内容をもとに、ぜひ自社のコンテンツを盛り上げてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる