取材記事作成の流れとは?インタビューの方法や執筆時の注意点も紹介!

メディアで競合と差別化したい場合、有力な方法の1つが取材記事を作成することでしょう。取材した一次情報であれば、競合と差別化でき、メディアを盛り上げることが可能です。

とはいえ、「取材はできたけど、コンテンツが全然まとまらない」「記事が全然読みやすくならない」と悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか。

本記事では、取材記事作成における、記事作成の流れや作成時の注意点などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

取材記事とは?

そもそも材記事とは、インタビューした内容を後ほど文章にまとめ、コンテンツ化した記事のことを指します。インタビューした情報を記載できるため、競合よりもより信頼性の高い情報を獲得でき、より価値のあるコンテンツとして普及させられます。

また、取材先の方が名の知られている人であれば、一定のアクセスを増やせる点でも取材コンテンツには価値があります。

取材記事における3つの種類

一括りに「取材記事」と言いますが、取材記事には3つの種類があります。

ここでは、それぞれの概要について紹介します。

対談形式のコンテンツ

取材者と回答者の対談形式で進められるコンテンツです。この場合、実際に取材を行なっている時と同じようなコンテンツに仕上がるため、読者が新鮮な気持ちで読み進められるという特徴があります。

また、インタビュアーの質問に対して答える形でコンテンツが進んでいくため、読者の疑問を肩代わりし、すぐに知りたい情報を伝えられる点も魅力となっています。

ただし、インタビューの流れに沿ってコンテンツも進んでいくので、後で調査した事例を入れづらく、含まれる情報が薄くなってしまいがちというデメリットはあります。

一人称形式のコンテンツ

一人称形式のコンテンツは、回答者の意見のみを反映させているコンテンツのことです。取材担当者の姿を隠してコンテンツに反映させるため、読み手に対して問いかけているような雰囲気のコンテンツが出来上がるのが特徴となっています。

ただし、第三者の視点が介入しづらいという点で、コンテンツの幅が生まれづらいというデメリットもあります。良くも悪くも回答者の考え方のみがコンテンツに反映されてしまうため、ユーザーが求めていない情報が記事化されてしまう恐れがあるのです。

三人称形式のコンテンツ

取材者目線でコンテンツを書くのが三人称形式のコンテンツです。取材した内容を一度まとめてからさまざまな意見を盛り込んだコンテンツに仕上げられるため、より情報密度の高いコンテンツに仕上がりやすいです。

とはいえ、文章が固くなりがちで、取材者の想いや人格がうまく伝わらないというデメリットがあります。人柄を伝えたい場合には、この他の形式でコンテンツを作成した方が良いでしょう。

インタビュー記事作成の流れ

インタビュー形式で記事を作成する場合、主に以下5つのステップを踏んで作成する必要があります。

記事の内容を考える

取材コンテンツにおいては「取材をしてから内容を考えるもの」と思われがちですが、それでは良いコンテンツが生まれません。まずは、取材前にどのような内容のコンテンツを制作するかを考えておく必要があります。

具体的には、コンテンツに訪れる読者層がどのような内容を求めているのか考えることで企画を考えやすいです。例えば、人事担当者向けのコンテンツの場合は「人事として成功するためには」や「人事の辛いを乗り越えるために」などの記事を書くと良いことがわかります。

また、就職活動を進めている方向けの企画なら、社内の従業員に取材し、「入社してみた感想」「仕事内容」などの記事を執筆すれば良いとわかるでしょう。

このように、想定読者がどのようなコンテンツを求めているかを考えることは重要です。

想定読者の設定には「ペルソナ」への理解が必要となります。こちらで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

取材のアポを取る

コンテンツの概要が決まったら、取材する人を決め、アポイント(約束)を取ります。

アポ取りはメールやSNS、直接電話などでやり取りをすることが多いですが、取材を受ける側が最もコミュニケーションを取りやすいツールを活用して連絡するのが良いでしょう。

事前に取材内容をリサーチする

取材をする前に、事前に取材をする人の情報をリサーチしましょう。相手のことがあまり理解できていないと、意義のある質問を投げかけられません。また、場合によっては失礼に値することもあるため、注意深く調査しておくことが大切です。

・出版している書籍
・ブログ
・SNSの情報
・過去のインタビュー

などを一通り調査し、これまでに出ていない情報を聞けるように準備しておきましょう。

取材する

事前準備がしっかりと整ったら、取材を行います。取材の際はテープを回しながら聞き漏れがないように注意しておきましょう。

また、事前に聞く予定がなかった話でも、取材者が話してくれた場合には、脱線しても問題ありません。その脱線が興味深い情報を生み出してくれる可能性があるためです。

そのため、取材時間は予想よりも少し長めにとっておくことが望ましいでしょう。

テープの内容をもとに取材記事を作成する

最後に、テープの内容をもとにして、取材記事を制作します。基本的には取材をした人がコンテンツを作るべきで、そのほうがより良い情報を聞ける可能性が高いです。

とはいえ、コンテンツ制作が難しい場合には社内の他の方にコンテンツを依頼したり、記事制作会社に依頼するのも1つの方法です。

以下の記事では記事制作会社について紹介しているので、よろしければ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説! コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も...

取材記事を作成する際の注意点

取材記事は一般的なSEOコンテンツを制作するよりも難易度が高くなっています。そのため、注意点を踏まえて取材記事作成に臨む必要があります。ここでは、3つの注意点を紹介します。

取材内容を覚えている間に記事化する

最も重要なことは、取材内容を覚えている間に記事を作成するということです。

インタビューした内容が新鮮なうちにコンテンツを作成した方が、読者にとってより良い内容になることもあるためです。また、インタビュー対象者が記事を待ち望んでいることもあるため、素早く記事を制作するのがおすすめです。

取材では謝礼が発生することも

取材対象が有名人・著名人の場合は謝礼の用意が必要なケースもあります。そのため、取材前のアポイントで謝礼をどのくらい用意すべきかを相談することも重要となります。

また、その際には銀行振込が良いか、現金手渡しが良いかなどを確認した上で対応しましょう。

順番通りにコンテンツを制作する必要はない

コンテンツを制作する際に、インタビューの時系列ごとにコンテンツを制作しなければならないと考える方もいますが、順番を変更しても問題ありません。

あくまで、読者にとってメリットがある順番で記事を制作するのが大原則となります。

インタビュー記事を外注するのも1つの方法

自社リソースでインタビュー記事を制作するのが難しい場合には、外注するのも1つの方法です。外注することでより専門的な知識を保有したライターがインタビューから記事執筆までを行ってくれるため、より質の高いコンテンツが生み出される可能性も高まります。

インタビュー記事を外注するメリット

インタビュー記事を外注するメリットは主に3つあります。

インタビューの工数がかからない

インタビュー記事を制作する場合、社内リソースをフルに使って制作する必要があります。例えば、取材者を用意したり、カメラマンを用意したり、場合によってはコンテンツ制作者、編集者が必要になるケースもあるでしょう。

しかし、外注会社に任せることでそれらの工数を大幅に削減できます。結果として自社の仕事に集中しながらコンテンツを増やすことが可能です。

質の高い記事が出来上がる

専門のライターが記事を執筆してくれるため、自社のリソースを使うよりも質の高い記事が出来上がりやすいです。

また、自社でライターを育てるためには大幅なコストがかかりますが、それらのコストを一切かけずに質の高い記事を獲得できます。

プロの取材によってコンテンツが作成される

外注することで、プロの取材を使ったコンテンツが作成できます。初心者では聞き出せないような情報を取得できるケースもあるため、外注会社に任せた方が質の高いものが出来上がる可能性が高いです。

まとめ

本記事では、取材記事の作成方法について紹介しました。取材記事は一般的なSEO記事と比べて多くの準備が必要になります。また、徹底して準備しなければ失礼にあたることもあるため、時間をかけて準備することをおすすめします。その際はぜひ本記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる