効率的なオウンドメディアの運用方法|よくある悩みも解説!

様々な企業がオウンドメディアを運用しているという事実があります。その一方で、オウンドメディア運営に頭を抱えている担当者の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、オウンドメディアの概要や効率的なオウンドメディアの運用方法、オウンドメディアにおけるよくある悩みを紹介します。最後まで読むことで、オウンドメディア運営における悩みを解消できるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

目次

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、オウンド(自社が持つ)+メディア(媒体)という意味を持つ媒体です。広い意味ではWebメディアだけでなくSNSアカウントやホワイトペーパーなどもオウンドメディアに属しますが、多くの場合Webサイトやブログを指すことが多いです。

オウンドメディアを運用する目的

オウンドメディアの目的としては、主に次のようなものがあります。

  • ブランディング構築
  • サービス認知度上昇
  • 顧客獲得
  • 問い合わせ・資料請求などのリード獲得
  • 採用ブランディング

このように、オウンドメディアを運営する目的には様々なものがあるため、自社の求める目的によって運営方法を変える必要があるということです。

ホームページとオウンドメディアの違い

ホームページもオウンドメディアの一部ですが、厳密に考えると、オウンドメディアとは若干異なる特性があります。主な違いとして大きいのは対象とするユーザーの違い。オウンドメディアが不特定多数のユーザーに向けて発信するのに対して、ホームページは会社のことを知っている人しか訪れないという違いがあります。

また、オウンドメディアは日々更新しながらコンテンツを増やしていく必要がありますが、ホームページはほとんど更新が必要なく、固定ページが多いという違いもあります。

企業がオウンドメディア運用に携わるメリット

企業はオウンドメディアを運用することで大きなメリットがあると言われますが、実際のところどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、企業がオウンドメディアに携わる4つのメリットを紹介します。

コストパフォーマンス良く告知ができる

オウンドメディアは構築に費用がかかりますが、長期的に見れば非常にコストパフォーマンスの良いメディアです。記事が一般のユーザーを集めるたという特性があるからです。つまり、よく閲覧される記事を執筆できれば、集客効果が長続きするのです。

軌道に乗れば、広告出稿よりも少ないコストで運用できるでしょう。

企業の認知をUPさせる

オウンドメディアを運用すれば、企業の名前を知らない人が認知してくれる可能性が高まります。例えば、オウンドメディアの作り方を探している企業が本ブログに訪れれば、「SEO解体新書」を知らない人が認知してくれます。場合によっては、質の高い記事が公開されている本ブログを読んで、「この企業はどんなことをやっているんだろう」と疑問を持ってくれるかもしれません。

つまり、オウンドメディアは一般ユーザーを顧客化することに役立つのです。

長期にわたって集客が可能

ネット広告やSNS広告など様々な告知手段はありますが、一般的な媒体は出稿している期間内しか集客効果がありません。しかし、オウンドメディアの場合は、上位表示できればその分広告効果が持続します。

記事がストックされ続けるという点で、他の広告媒体よりも持続効果があるのです。

自社商品購買につながる

自社商品がある場合、オウンドメディアの記事内から告知すれば、商品が購入される可能性があります。質の高いコンテンツから「自社の商品を活用することで〇〇のメリットがある」と言えば、記事を訪れた数人はクリックし、商品の詳細を調べるでしょう。

運用することで自社の利益が上がる可能性もあるのです。

効率的なオウンドメディアの運用方法

オウンドメディアで効果を最大化するためには以下3つのポイントを踏まえて運用する必要があります。

  1. 定期的に記事を更新する
  2. まずはSEOコンテンツを作成する
  3. SNS等でコンテンツを拡散する

それぞれ詳しくみていきましょう。

オウンドメディアの立ち上げについては別記事で紹介しています。

あわせて読みたい
オウンドメディア立ち上げの方法とは?メリットや設計の流れを詳しく解説! メディアを立ち上げる際には、どのように進めるべきでしょうか?オウンドメディアを立ち上げたいと考えている企業担当者は多いですが、「立ち上げには時間がかかる」「...

定期的に記事を更新する

オウンドメディアで最も重要なのは定期的に記事を更新することです。メディア立ち上げ当初はほとんどアクセスがなく、モチベーションが下がってしまいがちですが、記事数が増えるほど上位表示できる可能性が高まり、やがて大きな効果を生み出すことがあります。大きな効果を得るためには定期的な記事更新が重要ですので、定期的な更新を意識しましょう。

まずはSEOコンテンツを作成する

自然検索流入を狙うにはSEOコンテンツを作成する必要があります。取り上げたいコンテンツだけを記事化していると、誰にもみられないブログが出来上がってしまいます。

まずはキーワード選定をしながら、どのようなコンテンツがSEO的に求められているのか、把握する必要があります。その上で書きたくない記事でもコンテンツ化していく必要があるでしょう。

SNS等でコンテンツを拡散する

記事を公開するだけでは素早くアクセスを増やすことが難しいです。なぜなら、記事がGoogleに登録され、ランキングが決まるのは公開から2〜3ヶ月程度経った後になるためです。素早くアクセスを増やしたいのならSNSを活用して拡散するなど、コンテンツを見てもらう工夫が必要となるでしょう。

また、SNSを活用することでどんなコンテンツが受けるのかを把握できるため、今後の分析にも役立てられます。

オウンドメディアにおけるよくある悩み

オウンドメディア運用においては、様々な悩みがつきものです。ここではよくある悩みを2つ紹介します。

コンテンツ制作のメリットをうまく伝えられない

昔ながらの方針で動いている会社で「オウンドメディアには可能性がある」といっても、「売上にならない」と評価されないケースがあります。また、オウンドメディアに時間がかかることを知らないメンバーがいれば「せっかく始めたのに全く成果が出ない」と理解されないケースもあるでしょう。

そのような場合、まずはオウンドメディアに時間がかかることを伝えた上で、成功している実例を示すのがおすすめです。そうすることでオウンドメディアの成長イメージが社内に共有され、コンテンツ制作に対する意識を変えてくれる可能性があります。

コンテンツ化するネタがない

業界に関するコンテンツを公開していると、「こんな情報誰でも知っているから価値がない」と感じることがあるでしょう。そういったことが原因で、コンテンツ化するネタがないことに悩むメディア担当者も多いです。

しかし、実際のところ、業界の慣習でも一般ユーザーには認知されていない情報はたくさんあります。「コンテンツ化するネタがない」という悩みは、認識を変えることで解決できるのではないでしょうか。

オウンドメディアの運用は代行会社に依頼するのもOK

オウンドメディアを運用したいけど社内リソースが確保できないという場合には、記事制作の代行依頼を出すのもおすすめです。制作代行を依頼すれば、質の高い記事を制作できます。また、社内リソースでは難しいほどの記事数を量産できるというメリットもあります。そのため、オウンドメディアの成長にブーストをかけられるでしょう。

あわせて読みたい
コンテンツSEOを外注するメリットは?知っておきたいポイントや選び方を紹介! コンテンツSEOに取り組む上で、何から始めていいのかわからないことも多いですよね。 コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った...

まとめ

本記事では、オウンドメディアの概要や効率的なオウンドメディアの運用方法、オウンドメディアにおけるよくある悩みを紹介しました。オウンドメディアを運用することで広告効果がある点や、コストを抑えられる点で、さまざまなメリットがあるのは事実です。本記事の内容をもとに、オウンドメディアを運用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる