企業ブログはどうやって運営する?成長しない理由や制作の方法を解説!

コンテンツマーケティングの重要性が世間に知れ渡り、ブログを開設する企業も増えてきました。とはいえ、コンテンツをどのようなターゲットに対して提示すれば良いのかわからず、悩んでいる担当者の方も多いです。

本記事では、企業ブログが増え続けている理由やブログを運営するメリット、企業ブログの作り方などを詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

企業ブログが増え続けている

専門的な知識がなくても企業ブログを運営することは可能です。そのため、多くの企業がブログを始めています。

実際、IT企業がブログを運営している事例は多く、これまでも多くの企業がブログに参入していました。ところが、現在は飲食・医療など様々な分野の企業がブログを始めているので、近年多くの業界がブログに参入しており、トレンドになっていると言えるでしょう。

企業ブログが増えている理由

企業がブログを運営してい最も大きな理由は、自社コンテンツを普及させられることにあります。コンテンツマーケティングと呼ばれる言葉が近年普及していることはご存知でしょうか。コンテンツで集客し、顧客に対して自社の商品を売るというマーケティング手法のことを指します。

コンテンツマーケティングは広告を出稿するよりも費用を抑えながら、大きな効果を出せるため、企業の商品を販売するにはもってこいの方法なのです。

また、ブログ型プラットフォームにおいては、インバウンドマーケティング(アクションを起こさなくても注文がくるマーケティング手法)にも最適なため、企業ブログが増え続けているのです。

企業ブログを運営するメリット

企業がブログを運営するメリットは様々です。ここでは、主な2つのメリットを紹介します。

多くの人に認知してもらえる

企業がブログを運営することで、多くの人に認知してもらいやすくなります。そのため、ブログを運営することで、商品を売りやすくなるのです。

また、潜在的な悩みを抱えた顧客を獲得できるケースもあるため、既存の集客方法より幅広い顧客を獲得できることもあるでしょう。

自社のサービスを半永久的に告知できる

ブログ記事はサーバーやドメインがなくならない限り半永久的に保存可能です。

広告を出稿した場合は一度きりの効果しかなく、長期的に効果が出続けるかはわかりません。しかし、ブログの場合、いわば資産として記事が残り続けるので、長期的に商品が売れるようになります。

企業ブログが成長しない理由

ブログを運営している企業は増え続けていますが、一方で成長できない企業も存在します。ここでは、企業のブログが成長しない理由について紹介します。

コンテンツを制作する目的がない

コンテンツを制作する目的が明確に定まっていなければ、どのようなコンテンツを増やせば良いかわからないため、成長が止まってしまうこともあります。

・自社の商品をブログから販売したい
・企業のブランドを高めたい
・SEOで上位表示したい

上記のような明確な目標を設定することで、コンテンツの方針が決まり、ブログを更新しやすくなります。また、コンテンツの成長速度も早くなるでしょう。

制作体制が整っていない

コンテンツの制作体制が整っていない場合、自社でコンテンツを増やしていくことが難しいです。特に社内リソースで記事を執筆する場合、1記事3〜4時間かかってしまうことも当たり前。コンテンツを作ったのち、思ったような結果を出すことにつながらず、コンテンツマーケティングを諦めてしまう企業も多いです。

そう言った場合、コンテンツを外注することで、社内リソースを使わずにコンテンツを増やし続けられます。詳しくは以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【記事外注で後悔しない!】制作会社を選ぶ方法や注意点など 「記事制作を進めていきたいけど、時間と人材が足りない」 そう考える企業において社内リソースを確保しながら記事数を増やす方法の1つが、記事制作の外注です。しかし...

ターゲットを明確に設定していない

ターゲットを明確に設定していない場合、誰にむけたコンテンツなのかがわからず成長しません。情報がぼやけてしまい、どう言った立ち位置でコンテンツを制作しているのか、わからなくなってしまうのです。

ブログを制作する場合、新サービスを発表するときと同様に「ペルソナ」を設定する必要があります。顧客に対してうまく届かないブログを作成していては、コンテンツが成長しないのも当たり前なので、しっかりとペルソナを設定することを心がけましょう。

そもそもブログ運営に向いていない会社

そもそも、ブログに向いていない企業も存在します。そう言った企業はブログ以外のマーケティングツールを活用した方が良いでしょう。

例えば、ブログの運営方針によっては競合他社の商品を紹介する必要が出てくることもあります。競合を取り上げることに抵抗感があるという企業も少なからずあり、そう言った企業はブログ運営を行うのが難しくなることでしょう。

企業ブログの作り方【ライティング】

企業ブログを作る際、「ライティング」への理解が必要となります。ここでは、記事のライティングに関するノウハウを紹介します。

構成を決めてからライティングに移る

まずは、記事の構成を先に決めましょう。構成を決めなければ、記事の内容がぶれてしまい、コンテンツがうまく伝わならなくなってしまうためです。

また、ライターに任せる際も相互の認識のずれが生じてしまい、コンテンツ作成で問題が生じることもあるでしょう。

そう言った問題を防ぐために、ライターに任せる場合は構成を作成して、一度確認した後、実際のライティングに移るというのがおすすめの方法です。

もしくは、社内リソースに少し余裕があるなら、記事の構成を社内で決めてからライターに投げるという方法でも問題ないでしょう。

文章の見直しや校正を行う

ライターから記事が上がったら、文章の見直しや校正を行いましょう。丁寧に文章を磨くことで、より効果のあるコンテンツに仕上げることが可能です。

「言い回しがおかしくないか」「内容に違和感がないか」「繋がりは適切か」などを確認した上で、自社が出せる最高のコンテンツかどうかを判断して公開しましょう。

画像や表など最適なものを選ぶ

コンテンツが制作できたら、画像や表など読者を飽きさせない工夫を施すことが大切です。コンテンツの読者はすぐに離脱してしまうため、文章だけでは質の低いコンテンツになってしまいます。

アイキャッチ画像、挿入画像、表、箇条書きなど、目に入るのが文章だけにならないよう気をつけることが大切です。

企業ブログの作り方【レイアウト】

企業ブログにおいては、顧客に信頼感を与えられるレイアウトを施すことが重要です。ここでは、企業ブログにおいてきれいなレイアウトを作る2つの方法を紹介します。

WordPressのテンプレートを使う

企業ブログを運営する際はWordPressを導入することが重要です。無料でブログを公開できる「はてなブログ」や「Livedoorブログ」などもありますが、無料で使える代わりに商用利用できない、広告が添付できないなどのデメリットも存在します。

ブログ運営においてかかるコストは年間で15,000円程度ですので、そこまで大きな出費にもならないでしょう。

自社CMSを開発する

独自のブログデザインを目指すなら、自社CMSを開発するのも1つの方法です。自社CMSを取り入れることで、WordPressにはできない複雑なデザインも取り入れることが可能。コンテンツの質を上げることにつながります。

ただし、CMSを開発するために初期費用として50〜100万円程度かかることも多いです。そのため、費用面での注意が必要です。

まとめ

本記事では、企業ブログが増え続けている理由やブログを運営するメリット、企業ブログの作り方などを詳しく紹介しました。企業でブログを運営する場合、ライティング、レイアウトなど様々な問題が発生します。また、コンテンツを作成する際のリソースはどこから出すのかなどの問題点もあるでしょう。

そのような場合には、ライティングサービスを活用することで社内リソースを確保した状態で記事を獲得できます。興味がある方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ここに公開後の「ライティング 代行」を添付

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる