魅力的な記事タイトルをつけるには?ポイントや注意点を解説!

コンテンツマーケティングにおいて、「自身のある記事を公開しているのに読まれない」と悩んでいる企業が多いでしょう。そのような場合、コンテンツ自体に問題があると感じてしまいがちですが、実際のところはタイトルに問題があることが多いです。タイトルが魅力的なものではないから、なかなかクリックしてもらえないという可能性もあるのです。

本記事では、ブログ記事のタイトルの重要性や、付け方のポイント、記事タイトルを設定する4ステップなどを紹介します。また、タイトルをつける際の注意点なども紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ブログ記事タイトルの重要性とは?

ブログ記事のタイトルは記事の内容よりも重要だと言って良いでしょう。なぜなら、検索しているユーザーが記事を読むかどうかを判断する最も大きな部分だからです。「タイトルがパッとしないから、中身もそれほどだろう」というように記事を見ているのです。

タイトルを魅力的なものにすることで、クリックされる可能性が高まります。また、結果としてPV増加、コンバージョン率上昇などの効果が期待できます。

SEOにおけるブログ記事タイトルをつける際のポイント

ここでは、ブログ記事タイトルをつける際に意識すべきポイント3つ紹介します。これらのポイントを押さえてタイトルをつければ、クリック率向上を狙えるかもしれません。それぞれ詳しく見ていきます。

キーワードを左端(前半)に含める

最も重要なことはキーワードを前半に含めるということです。読者は左から右へ文字を読んでいくので、キーワードが前半にあった方が素早く問題解決できることをアピールできます。

また、前半に入れることでGoogleクローラーがキーワードを認識しやすくなり、SEO効果も期待できます。そのため、基本的にはキーワードが15文字以内に入るよう調整して見出しを作ることが重要です。

32文字以内に抑える

Googleの検索表示では、タイトルは32文字までしか表示されません。それ以降は「…」で表示されてしまいます。そのため、キーワードを含めた32文字以内で完結できれば、読者は記事のタイトルを全て確認できます。自分にとって必要な情報が記載されているかを確認しやすくなるため、ユーザーフレンドリーな記事になるのです。

ただし、どうしても32文字以内で収まらない場合には、無理して短縮する必要はありません。そのような場合、32文字でおおよその意味がわかるように設定すると良いでしょう。

ペルソナにとってメリットのある情報を記載する

ペルソナにとって「読む価値」があるタイトルをつけることが大切です。読者は膨大な記事の中から貴社のコンテンツを選びます。読むメリットが含まれていない平凡なタイトルの場合、コンテンツを読む意味がなく、他の記事を閲覧するでしょう。

そのような機会損失を防ぐためにも、ペルソナをしっかりと理解し、読む価値のあるタイトルをつけることが大切です。

ペルソナについてはこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

記事タイトルを設定するための4ステップ

ここでは、記事タイトルを設定する4つのステップを紹介します。以下の項目を意識して作成すると、魅力的なタイトルをつけられるはずです。

訴求ポイントを明確にする

まずは、どのような内容を読者に伝えたいのか考えましょう。例えば、「初心者向けに文章の書き方を簡単ステップで紹介する」などです。その際には、「何を伝えたいのか」を意識してタイトルをつけることが重要。読者がどのような姿になっているかを想定して見ましょう。

想定読者を設定する

ステップ1で「何を伝えるべきか」を把握しました。ステップ2では誰に読んでもらいたいかを決めます。具体的には、ペルソナや想定読者と呼ばれる読者像を設定することとなります。

例えば、先ほどの例だと「ブログを作りたいと考えている30代の主婦」や「学校で文章を書く学生」などのペルソナが当てはまるでしょう。このように「誰」に伝えるかによって記載すべき内容が異なってくるので、想定読者の想定は慎重に行いましょう。

キーワードを調査する

次は、想定読者がどのようなキーワードで検索を試みるかを考えましょう。基本的には2語以上の組み合わせでキーワードを選定します。先ほどの例でいえば、「文章 書き方」や「文章 コツ」などとなるでしょう。ここでキーワード選びを間違えてしまうと、検索エンジンに全く引っかからなくなります。後ほど紹介するツールなども活用しながらキーワードを徹底調査する必要があります。

キーワードから記事タイトルをつける

最後に、選定したキーワードから記事タイトルをつけます。前述した4つのポイントを踏まえた上で記事タイトルをつければ魅力的なタイトルがつけられるはずです。

キーワード探しに使えるおすすめのツール

自身の思考のみに頼ってキーワードを選定すると、検索意図からずれてしまう可能性があります。そこで活用すべきなのが、キーワード選定ツールです。ここでは、無料で利用できる2つのツールを紹介します。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは主要となるキーワード(1語)を入力することで、関連キーワードやサジェストキーワードを網羅的に調査できるツールです。表示されるキーワードはGoogleやYahoo!から取得しているため、実際の検索データに基づいたキーワードを選定できます。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、月間検索数を調査できるツールです。自身が狙っているキーワードに対してどのくらいの検索ボリュームがあるのか、競合サイトがどのくらいあるのかを調査d計ます。

場合によっては、検索数が多くて競合が少ないキーワードを発見できることもあるため、ラッコキーワードと併用しながら最適なキーワードを選ぶと良いでしょう。

記事タイトルをつける際の注意点

記事タイトルをつける際には注意点があります。これらを踏まえなければ、クリック数が増えたとしても読者の信頼を得ることはできず、最終的な目標から遠ざかってしまうでしょう。ここでは、2つの注意点を紹介します。

釣りタイトルにならないよう注意する

Webの記事においては、いわゆる釣りタイトルや煽り文句が記載されたものほどクリック数が上がる傾向にあります。しかし、コンテンツマーケティングにおいては逆効果となるケースもあります。

場合によっては読者の信頼を損ねてしまうこともあるため、釣りタイトルは避けるようにしましょう。

テクニックに頼って記事タイトルをつけない

本記事では、タイトルをつける際のテクニックについて紹介しましたが、それら全てを併用すれば良いタイトルが作れるわけでもありません。状況によってテクニックを使い分けるなど、記事ごとに最適なタイトルを設定する必要があります。

テクニックだけに頼らず、読者のことを最優先に考えたタイトルをつけるようにしましょう。

上位表示させるなら記事代行サービスを活用するのも1つの方法

コンテンツSEOにおいて記事を上位表示させ、クリック率を上げたいのであれば、記事代行サービスに依頼するのもおすすめです。代行サービスを利用することで、自社のリソースを割くことなく質の高い記事を確保できます。

コンテンツ制作に予算をかけられるのであれば、SEO代行会社に依頼することも検討してみてください。

あわせて読みたい
ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説! コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も...

まとめ

本記事では、ブログ記事のタイトルの重要性や、付け方のポイント、記事タイトルを設定する4ステップなどを紹介しました。コンテンツにおいてタイトルはまさに「顔」となる存在です。魅力的なものをつけなければ、中身まで読まれることは決してありません。

本記事の内容を参考に、魅力的な記事タイトルをつけるよう心がけてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる