コンテンツSEOを外注するメリットは?知っておきたいポイントや選び方を紹介!

コンテンツSEOに取り組む上で、何から始めていいのかわからないことも多いですよね。

コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った担当者がいないから、外部アドバイザーが欲しいことも。コンテンツSEOに取り組み、インバウンドのお問合せを増やしていきましょう。

また、良質なコンテンツを制作する方法の1つが、SEO会社に外注するという方法です。とはいえ、どのような外注先を選べば良いか、外注することでどのようなメリットがあるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、コンテンツSEOを外注するメリットやコンテンツSEO外注先の選び方などについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツSEOの無料相談を実施しています。
SEOディレクターが直接相談会に出席して、SEOについて詳しくご提案をさせていただきます。

下記からお気軽にご相談ください。
https://support-menu.jp/seo-free-consulting-service/

目次

はじめに結論!コンテンツSEOを外注する場合、月に30万円程度かかる

コンテンツ制作は1本あたり最低でも3万円程度が相場です。
毎月、コンテンツを10本制作するなど長期的な取り組みになるでしょう。

結論として、コンテンツ制作では記事1本当たり3万円〜6万円程度です。料金はSEO会社によって変動し、文字数によっても変動します。

コンテンツSEOを月に10本外注するとして、3万円✖️10本となるので30万円程度投資することが多いでしょう。また、単月だけでなく継続的にコンテンツ制作を実施する必要があるため、半年間続けるとすると、180万円程度の費用がかかるでしょう。

コンテンツSEOは1記事あたり、3万円〜6万円程度かかる
SEO対策の観点から、最低でも60本程度制作する必要があり、月10本制作を半年継続するなどが一般的な取り組み方

コンテンツSEOの記事単価に含まれる内容・プラン

コンテンツSEOを実施する場合、下記内容も標準は含まれています。

ここでは、コンテンツ1本あたりの制作プロセスについて記載します。

調査レポートでは、コンテンツSEOは60本程度制作することで、成果が出やすいと報告された

AIアナリストの調査では、情報提供型コンテンツを59本以上制作することで成果が安定して出せるとまとめています。

参考:https://webtan.impress.co.jp/n/2019/07/09/33295

また、いわゆるコンテンツSEOでは通常のブログ系コンテンツと比較して、CV率も高まる傾向があります。コンテンツSEOに取り組むことで長期的に安定したユーザー獲得が可能となるでしょう

参考:https://webtan.impress.co.jp/n/2019/07/09/33295

コンテンツSEOの外注は、コンサルについでSEO会社にとって粗利が高い

コンテンツSEOで1本あたり6万円程度、かかる場合がありますが、原価は高くても2万円もないでしょう。一般的に1万円前後が相場です。さらに格安記事制作会社であれば、1記事あたり5000円程度で制作することもよくあります。

1記事5000円で制作されるコンテンツだと、そもそも日本語が不自由な場合も多いでしょう。そのため、原価を加味して、適正な価格は1本あたり3万円〜4万円程度が妥当であり、品質は担保されていることが多いでしょう。

SEOディレクターがキーワード選定、記事構成作成、執筆をライターへ外注、納品の流れが一般的です。コンテンツSEOの料金には基本的にこの流れの全ての料金が含まれています。

コンテンツSEOの無料相談を実施しています。
SEOディレクターが直接相談会に出席して、SEOについて詳しくご提案をさせていただきます。

下記からお気軽にご相談ください。
https://support-menu.jp/seo-free-consulting-service/

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、質の高いコンテンツを公開することで読者を獲得し、検索エンジンからの集客を狙う方法です。

コンテンツSEOにおいては広告で収益を確保することもでき、自社商品を販売することでも売り上げをつけれます。そのため、ジャンル問わず多くの企業が参入しています。

サイト内にコンテンツを書くことで、キーワードで上位表示させ、潜在ニーズを持つユーザーをサイトに呼び込見ます。

コンテンツSEOにおいて最も重要なことは、ユーザーの求める情報を理解するということです。想定した読者に必要な情報を網羅的に紹介できれば、より質の高いコンテンツが生まれます。多くの企業は読者を理解し、より良質なコンテンツを公開できるようコストをかけているのです。

専門家が語る、コンテンツSEOの落とし穴

コンテンツSEOに取り組めば、インバウンドのお問合せ(顧客からの問い合わせ)が勝手に増えると思ってはいないでしょうか。

コンテンツSEOは、知識がない状態で実施しても、なかなか成果に繋がらないのが近年のトレンドです。それはコンテンツSEOはその名の通り、コンテンツとSEO対策の両方の観点で専門性を持って実施しなければなりません。

コンテンツでユーザーや訪問者にどのような情報を伝えれば、満足度が高く問い合わせに繋げてもらえるか、SEO対策の最新のトレンドに合わせて上位表示するにはどうすればいいのか考えながら実施する必要があります。

そのためには、最低限のSEO対策に関する知識は必須と言って過言ではなく、コアアップデートが頻繁に行われるGoogle検索エンジンを理解する必要があります。

コンテンツSEOでは、「コンテンツ」と「SEO」両方の知識が必要

Googleコアアップデートに対応できるSEO対策の専門性も必要になる

コンテンツSEO外注先における3つのタイプ

コンテンツSEOを外注する場合、様々な依頼先があります。ここでは、主な3タイプの外注先を紹介します。


SEO対策専門のSEO会社に依頼することが一般的でしょう。中には、内製化するために個人に依頼することがありますが、社内にSEOの専門知識がある担当者がいない場合は、ほとんどの場合で、遠回りに終わってしまいます。内製化を前提として、SEO会社に依頼することが良いでしょう。

社内に知見がない場合は、内製を前提として、SEO会社に依頼することもおすすめです。

SEO会社

SEO会社は、ライティングとSEO戦略構築までを行う会社です。個人やライティング代行会社と比較して費用は高くなりがちですが、その分高品質で効果のある記事を確保しやすいです。

また、コンテンツ設計からブログ運用までのコンサルティングを行ってくれることも多いので、中長期的に効果を出しやすいでしょう。

こちらでもWebマーケティング代行会社の活用法などを紹介しています。

あわせて読みたい
Webマーケティングの代行サービスをうまく活用するには?選び方やメリットを解説! Web集客を成功させるために必要なのが、マーケティングの知識です。また、知識を保有しただけではWebマーケティングを成功させることはできず、施策の考案、実行、修正...

個人(クラウドソーシング)

クラウドソーシングなどを活用し、個人にコンテンツ制作を依頼する方法があります。こちらの場合、1案件などから対応してくれることもあり、費用を抑えられる点が魅力となっています。

ただし、1人に対して大量の記事を任せられない点や、品質にばらつきがでてしまう点には注意が必要です。

ライティング代行会社

ライティング代行会社は、多種多様ななライターを抱えています。また、ライターに執筆してもらった記事を編集しているため、ある一定の品質の記事を確保することが可能です。

ただし、キーワード選定は自社で行わなければならないことが多く、少し工数がかかってしまうのはデメリットです。

ライティング代行サービスに関しては、以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説! コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も...

コンテンツSEOの外注でできること

コンテンツSEOを行う1つの方法がSEO会社に外注する方法です。ここでは、外注することでできる2つの対策について紹介します。
コンテンツSEOを外注する場合では、コンテンツ制作とともに内部施策の考慮して制作する必要があります。

内部SEO対策

内部SEO対策とは、HTMLタグの最適化やサイト構造の最適化、サイトマップを作成するなど、ブログ内部の対策を行うことを指します。SEO会社に依頼することで、ブログの内部構造をよりすっきりとさせ、読者ファーストなコンテンツを生み出せるようになります。

コンテンツSEOの場合は、特に「タイトルタグ」「見出しタグ」などは徹底的に最適化する必要があるでしょう。そのほかにも、監修者情報の追記や執筆者の紹介、構造化データの設定などによりコンテンツ品質を向上しましょう。

内部施策については下記を参考にしてください。

あわせて読みたい
SEO内部施策とは?|3つの基本施策と15の効果的手法まとめ 【SEOの内部施策とは】 SEOには内部施策と外部施策の2種類があり、内部施策とは主にタグやサイト構造、リンク整備など、自社で行えるものを言います。 内部施策がきちん...

外部SEO対策

外部SEO対策とは、外部のサイトから自社サイトを認めてもらうための対策のことです。外部を対策するのは困難なことで、内部対策よりも難易度が高いと言われています。

具体的には、中古ドメインによるサテライトサイトから、上位表示させたいコンテンツやサイトにリンクを設置するなどテクニカルな対策が必要です。グレーな施策ですが、現在のSEO対策では、外部施策も再び重要視されているトレンドがあります。しかしながら、大手や多くのSEO対策会社では、パンダアップデートでグレー視されていたので、ブランディングの観点から、外部施策は実施しないと公言している企業も多いです。

また、外部施策は、現在重要視されているEATの観点とも深く関係があります。EATの高いサイトや関連サイトからの被ドメイン数を増やすことで、検索順位増加が見込まれます。被リンク数を増やすことで、DR(ドメインパワー)が上昇して検索順位が上がりやすくなります。

DRについては以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【DR】ドメインパワーの目安とは?DRを上げる方法や計測方法、オーソリティについて解説 Webサイトの運営は、成果が出るまで時間がかかります。 成果を出せるようになるまで、このやり方でいいのか、サイトは成長しているのだろうかと不安になる方も多いので...

外部SEO対策は、SEO会社によって可否が分かれるため、コンテンツSEOを外注する場合に、どこまで対象範囲か確認しましょう。

あわせて読みたい
SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 【】 被リンクとは、自分のサイトが他のページでリンクとして紹介または引用されていることを指しま...

コンテンツSEOを外注するメリット

コンテンツSEOは内製することも可能です。とはいえ、外注するメリットも存在します。ここでは、コンテンツSEOを外注するメリットにを3つ紹介します。コンテンツSEOを短期間や長期的に安定して増やすためには、外部パートナーと協力することは必須と言って良いでしょう。

大手企業のHubspotでも、コンテンツ制作をパートナー企業と提携して制作しています。

コンテンツ制作の時間をカットできる

最も大きなメリットは、コンテンツを自社で制作する必要がなくなるということです。自社で内製する場合は、制作に大幅なコストと時間がかかります。また、自社のコンテンツ制作に携わったことのないスタッフを起用した場合、1記事制作するのに3〜4時間かかることも少なくありません。

しかし、外注すれば、膨大な量の記事をリソースを割かずに作成できます。社内リソースは企画開発や本来行わなければならない業務に割くことが可能なので、業務効率化にもつながるはずです。

コンテンツを作るには、キーワード選定から記事構成の作成、執筆、校閲、入稿作業と作業工数が多くかかります。また、コンテンツの順位を加味してリライト作業なども必須になるでしょう。コンテンツSEOは他の内部施策などと比較して時間がかかりますが、アクセスアップに長結する施策になり、インパクトは大きいです。

コンテンツSEOは最適でも60本程度制作しなければ、効果が出ないとも言われているので、初期断機では品質とともに本数もKPIにおきましょう。コンテンツ制作の時間を外部に委託することで、大幅に削減することが期待できます。

質の高いコンテンツを生み出せる

コンテンツ制作のプロに依頼すれば、高品質な記事が納品されるでしょう。特にWeb上のコンテンツは誌面と異なる書き方をします。また、SEOやセールスライティングなどの専門知識が必要となります。

質の高いコンテンツを制作するためにはまず知識を習得することが大切です。その後でコンテンツ制作を行う必要があるのです。時間的コストのことを考えれば外注した方が早く良いコンテンツを制作できるのではないでしょうか。

専門知識がある会社にコンテンツ制作を依頼することで、質の高いコンテンツを制作できます。SEO対策の専門知識がないと上位表示がされにくい現在、専門知識のあるSEO会社に依頼することは、メリットが大きいでしょう。

コンテンツSEOの無料相談を実施しています。
SEOディレクターが直接相談会に出席して、SEOについて詳しくご提案をさせていただきます。

下記からお気軽にご相談ください。
https://support-menu.jp/seo-free-consulting-service/

コンテンツを制作しながら長期的な戦略を立てられる

コンテンツSEOを自社で行う場合、更新に時間と労力がかかります。そのため、分析までは手が及ばないケースもあるでしょう。

ところが、コンテンツSEOを外注すれば、中長期的な戦略も立てられます。専門家に任せることでより大きな効果が出せるケースもあるでしょう。コンテンツを制作してもアクセスに繋がらない、検索順位が思ったより伸びていなことはよく発生します。これはSEO会社の技術というよりも、現在のSEO対策のトレンドで、リライト前提でコンテンツ制作が必要になります。

コンテンツ制作で終わらず、順位を確認しながらリライトすることが重要と言えます。

リライトの考え方については、下記記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
記事作成でリライトの方法とは?SEO効果と記事の選び方を紹介! 自社メディアのコンテンツが充実してきた時にすべきなのが「リライト」です。リライトすることで、記事の質が上がり、アクセスを増やせるケースもあります。とはいえ、...

コンテンツSEOを外注するデメリット

外注することで大きなメリットを得られます。一方で、コンテンツSEOを外注するデメリットも存在します。ここでは2つのデメリットを見ていきましょう。コンテンツSEOを外注することでもちろん外注費は発生します。費用と期待できる効果について考慮して、どれくらいの予算で外注するのか考えてみましょう。

コンテンツ制作に費用がかかる

格安でコンテンツ制作ができる会社もありますが
SEOで上位表示できないなどトラブルが多いです。

自社のリソースを使えば発生しないコンテンツ制作費がかかります。もちろん、コンテンツの量を増やすほど外注費は膨らんでいきます。

コンテンツ制作にどのくらいの費用をかけられるのか、事前に計算した上で定期的にコストと照らし合わせながら運営していくことが大切です。コンテンツ制作費用はおよそ1本あたり3万円〜6万円程度かかります。文字数やSEO会社の実績に応じて、費用が変わります。

毎月コンテンツを10本制作するとすれば、月額30万円程度、コンテンツに投資することになります。しかしながら、広告に30万円かけるのであれば、コンテンツに同じ金額を投資して、企業のマーケティング資産を創る意味では中長期的な戦略で非常に有効です。

一方で、コンテンツSEOを1記事当たり1万円前後で外注できる会社もありますが、SEOの分析をしっかりとされずに記事が納品されることが多いので、相場に合わせた価格が安心できます。

格安記事では、1記事1000円程度で未経験のライターが執筆していることが多く、記事品質の観点でも良いものは作れません。その場合は自社で担当者が修正するコストが発生するので、少なくとも3万円程度であれば、記事品質とSEOの観点で良いものが納品されるでしょう。

最低でも60本程度制作する必要があり、長期的な施策になる

コンテンツSEOで成果を出すには中長期的に継続して運用する必要があります。検索エンジンにサイトが評価されるにはどうしても時間がかかってしまうためです。

そのため、コンテンツSEOを始める前にまとまった製作費を用意して、長期的にコストをかけながら成長させていく必要があります。コンテンツ制作本数は最低でも60本〜100本程度必要であり、ある程度記事を書かないとGoogleに専門性を認識されづらくなります。

まずはコンテンツの本数を増やして、評価される土俵に乗せて、次に品質をよりリライトなどを通して高めていくといった施策が効率が良いでしょう。また、コンテンツ同士の内部リンクを設定して、EATを高めることも合わせて重要になります。

コンテンツSEO外注先の選び方

コンテンツSEOを外注する場合、様々な依頼先があります。ここでは、こんてんつSEOを外注する際の選び方についてみていきます。

サービス内容を確認する

会社によって対策してくれる内容が異なります。例えば、A社は内部対策専門で、B社は総合的にコンテンツSEOをフォローしてくれるなどです。まずは、自社が求めているコンテンツSEOの戦略と選ぶべきサービス内容がマッチしているかをしっかりと確認しましょう。

サービス内容を確認することで、コンテンツ制作の他に何ができるのか確認しておきましょう。

得意分野を確認する

コンテンツマーケティングの得意分野は外注先によっても異なります。コンテンツ制作においてはキーワード選定、競合・市場調査、記事作成など様々な業務があります。

そのため、自社リソースでどこまでを担当するのか、コンテンツSEOにおいてどの部分で頼りたいのかなどを明確に決めてから外注する必要があるでしょう。ジャンルによっては対応できないこともあります。

例えば、クレジットカードなどの金融関係や薬機法が関連するキーワードなど「YMYL」と呼ばれるジャンルは、対応不可の会社も多いです。監修費用が発生する場合は、記事制作に加えて追加で2~3 万円程度かかることが一般的でしょう。

最後に、コンテンツSEOについてよくある質問(FAQ)

記事の最後に、コンテンツSEOについてよくある質問をピックアップして回答します。

コンテンツSEOで成果が出るまで、どれくらいかかりますか?

一般的には、最短で4ヶ月〜はかかると言われています。また、ビックキーワードを狙う場合は、コンテンツに加えてドメインの強さ(DR)も必要になるため、集中して運用しても、最短で2年程度は要すると言われています。

まずは100記事書けと言われましたが、コンテンツは何本ぐらい書けば良いでしょうか?

100記事はライティングに慣れるための目安とも言われており、過去にまずは100記事書くというのが言われていました。SEO視点でもインデックスボリュームは最低で60本程度は必須(AIアナリスト調査を参照)と言われています。

コンテンツSEOの費用相場はどれくらいですか?

1本あたり3万円〜4万円程度が相場です。最低記事本数10本以上など設けている会社も多いため、ミニマムでも30万円以上は必要です。成果を出すには60本程度を目安として、180万円程度が相場となります。

まとめ

本記事では、コンテンツSEOを外注するメリットやコンテンツSEO外注先の選び方などについて紹介しました。コンテンツSEOを外注することで、より質の高いコンテンツを生み出せるようになります。

費用はかかりますが、全く知識のない場合は自社でコンテンツSEOをやるよりも成果を出しやすいでしょう。

コンテンツSEOの無料相談を実施しています。
SEOディレクターが直接相談会に出席して、SEOについて詳しくご提案をさせていただきます。

下記からお気軽にご相談ください。
https://support-menu.jp/seo-free-consulting-service/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる