【記事外注で後悔しない!】制作会社を選ぶ方法や注意点など

「記事制作を進めていきたいけど、時間と人材が足りない」

そう考える企業において社内リソースを確保しながら記事数を増やす方法の1つが、記事制作の外注です。しかし、「外注するのはハードルが高い」と考えている担当者も少なくないでしょう。本記事では、記事制作を外注するメリット・デメリット、注意点を紹介します。また、記事制作の外注における業者選びについても解説しますので、記事制作の課題を解決できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

目次

記事制作は外注すべき?

そもそも、記事制作は外注すべきなのでしょうか。結論から言えば、オウンドメディアやブログ運営、アフィリエイトサイトにおいては外注した方が良いといえます。なぜなら、記事制作には期間とノウハウが必要で、自社で全て賄おうとしてしまうと、制作時間が取れず、他の業務に集中できなくなるためです。

事実、内製だけでは社内リソースを確保できず、コンテンツマーケティングが進まないという企業も多いです。社内リソースにさほど余裕がないのであれば、外注を依頼した方が良いでしょう。

記事制作を外注するメリット

記事制作を外注するメリットがなければ内製した方が良いと考えるでしょう。ここでは、記事制作を外注するメリットを紹介します。

メディアの成長スピードがアップする

ほとんどのメディアやブログでは、オーガニックサーチ(検索流入)が主な集客経路となります。実際のところ、Googleサーチコンソールなどを確認すると、成長しているブログは約8割がオーガニックサーチです。つまり、SEOに力を入れる必要があります。

とはいえ、SEOで重要なページランクをあげるには時間がかかります。また、10記事を制作する場合、1ヶ月に10本仕上げるのと、毎月1本更新で10ヶ月続けるのでは1ヶ月で仕上げた方が良いと言われており、スピード感が重要となるのです。

社内リソースを活用して複数記事をアップロードできるのであれば問題ないですが、より多くの記事を執筆する場合、やはり限界があるでしょう。そのような問題を抱えていても、外注サービスに依頼することで月間100本といった大量のアウトプットも可能となります。

高クオリティの記事を確保できる

記事を外注するメリットの2つ目は高クオリティの記事を確保できるという点です。プロのライターは読みやすさを意識しながら、読者が満足できる記事を執筆します。また、SEOやWebマーケティングに関する知識も身につけているため、質の高い記事を制作することが可能です。

社内リソースで記事制作を行うと、意味が全く伝わらない記事が仕上がったり、質の高い記事を執筆するのに膨大な時間がかかることもあるでしょう。外注することで、こういった記事制作の課題を感じることなく質の高いコンテンツを量産できます。

自社の業務に集中できる

Web担当者はホームページ運用だけでなく、SNSやWeb広告など様々な業務を請け負っています。リソースには制限があるにもかかわらず、時間のかかる記事制作業務を請け負うことは難しいのではないでしょうか。

実際、全く記事制作をしたことのない人が、3,000文字記事を執筆すると3〜5時間程度かかるというケースもよくあります。記事を外注することで、Web担当者は本来やるべき業務に集中できるため、会社としてもメリットの方が大きいのではないでしょうか。

記事制作を外注するデメリット

記事制作を外注する上で、費用面とノウハウ面のデメリットがあります。メリットと併せて確認しておきましょう。

外注費用が発生する

記事を外注する場合、費用がかかります。そのため、内製した方が良いと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、記事を内製する場合でも人件費がかかっていることになります。例えば、3,000文字の記事に5時間かかったとして、時給2,000円×5h=10,000円の費用がかかっています。加えて、その分社内リソースが減るため会社としての損失は大きいでしょう。

一方で、記事制作外注サービスを利用すると、社内リソースを減らすことなくプロのライターが執筆した記事を得られます。費用対効果を考えると、内製するより外注した方が安くなるケースも多いです。

メディア運営のノウハウは蓄積しない

記事制作を外注すると、メディア運営のスキルが身に付かないと悩まれる方もいらっしゃいます。しかし、実際のところ、メディア運営と記事の執筆は全く別物で、メディアを成長させるには「運営スキル」のみを磨いていけば良いのです。

つまり、記事の方向性や記事ルールなどを外注先と相談しながら、制作は任せてしまうというスタンスで取り組めば、メディア運営のノウハウはしっかりと身につきます。

記事制作を依頼する際の注意点

記事制作を依頼する際には、以下4つの注意点を踏まえて代行サービスを利用することが大切です。

記事を依頼する目的を明確にする

記事制作を明確にして代行サービスを利用しましょう。具体的には、商品のコンバージョン率をアップさせたい、Webサイトへの見込み客増加を狙いたい、会社の信頼性を上げたいなど。記事制作においては、企業ごとに様々な目的があるでしょう。

代行サービスを提供する側も、その部分がわからないとどんな記事を制作すれば良いかわからなくなります。明確に設定し共有することで質の高い記事を制作できます。

記事外注にかけられる予算を設定する

記事制作にどのくらいの予算がかけられるかを考えておくことは大切です。あらかじめ設定しておかないと、コンセプトやターゲットなどがすでに決まった後で、代行サービス活用を断念しねければなりません。

ただし、予算を考慮し安いサービスを利用すれば良いというわけではありません。予算内でより質の高い記事を制作できるサービスを選ぶのがおすすめです。

納期等スケジュールを確認する

記事制作代行サービスによっても、納期などのスケジュールが様々です。素早く納品してくれる会社もあれば、時間をかけて質の高いアウトプットをする会社もあります。

どのようなスケジュール感で記事を制作していくかはSEOにおいて重要です。自社の求めるスケジュール感と代行会社のスピードを照らし合わせながら、サービスを選定しましょう。

記事のレギュレーションを設定する

実際に代行会社に依頼する場合の注意点ですが、明確にレギュレーションを決めることが大切です。記事制作代行サービスは多数のライターを抱えており、記事の品質がばらけてしまう可能性があります。レギュレーションを整えておかなければ、自社の求める記事が納品されないことにつながるでしょう。

例えば、「体言止め禁止」「〇〇向けの記事制作」などを設定し、問題が生じるのを未然に防ぐべきです。

記事制作代行業者を選ぶポイント

記事制作代行業者はどのように選べば良いのでしょうか。ここでは、選ぶ3つのポイントを紹介します。

制作意図を理解してくれるか

まずは、制作意図を汲み取ってくれるかを把握することが大切です。代行サービスによっては1記事目無料など記事の品質を確認できる仕組みが整っているケースもあります。こういったサービスを活用し、自社の制作意図を満たす記事を執筆してくれるか確認することで、質の高い代行サービスを選べます。

記事の品質は保たれているか

実際に記事を本発注した上で、記事の品質が維持されているかを確認しましょう。品質が維持されていないと、コンテンツマーケティングで成果を出すことが難しいです。

まずは、何ヶ月か様子を確認し、本当に質の高い記事が仕上がっているかを確認することが大切です。

最小発注記事数を確認する

最小発注数も確認しておくことが大切です。会社によって様々ですが、1記事から対応できるところや50記事から、SEOコンサルと併用している企業の場合、月額利用料がかかることもあります。

「思ったよりも費用がかかってしまった」というケースもあるため、希望する条件でサービスを利用できるか、しっかりと確認しておきましょう。

記事制作を外注する方法

記事制作を代行する方法は様々ですが、主に以下3つの方法があります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、不特定多数の人々に仕事を依頼したり、仕事を受注したりできるサービスです。クラウドソーシングには様々なライターや代行会社が登録しており、代行会社を探したことのない人でも簡単に仕事を依頼できます。

ただし、クラウドソーシングに登録しているライターは初心者からプロまで様々なため、納品されるクオリティにばらつきがあるというデメリットはあります。

記事制作会社に依頼する

直接記事制作会社に依頼するのも1つの方法です。記事制作代行会社のHPを検索すると、依頼できるフォームが設けられているので、そちらからお問い合わせをすれば記事制作代行を依頼できるでしょう。

ただし、クラウドソーシングやライターに依頼するよりも費用がかかるというデメリットはあります。とはいえ、質の高い記事を制作できるため、高品質な記事をブログに入れたいと考えるなら、制作代行会社への依頼がおすすめです。

ライターに直接依頼する

ライターに直接依頼するという方法もあります。昨今はSNSやブログなどのフォームを設けているライターも多く、直接スカウトを送信することもできるでしょう。

高品質な記事を執筆できるライターが見つかれば、記事制作会社に依頼するよりも安く高品質な記事を手に入れられます。

まとめ

本記事では、記事制作を外注するメリット・デメリット、注意点を紹介しました。記事制作を依頼することで、社内リソースを使うことなく高品質な記事を手にすることができます。自社ブログを育てていきたいと考えている企業は、ぜひ記事制作代行サービスを活用してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる