コンテンツ企画の制作手順|記事作成は外注すべき?内製がいい?

コンテンツ企画はコンテンツマーケティングを成功に導く重要なポイントです。コンテンツ制作においては目的設定が重要ですが、どのように設定すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。また、外注すべきか、自社のリソースを活用すべきか迷う方も多いです。

本記事では、コンテンツ企画の製作の流れやポイント、自社と外注するメリット・デメリットについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

コンテンツ企画とは?

コンテンツ企画とは、中身や内容を企画することを指します。どんな内容のコンテンツを制作すれば読者に受けるか、今求められているコンテンツはどのようなものかを考え、企画を考案します。

一般的には会社内の様々な人がコンテンツ制作に関わり、企画から公開までを行いますが、ベンチャーなど小規模の場合、企画から公開までを1人で賄うこともあります。

コンテンツ企画の制作の流れ

高い品質のコンテンツを制作するには、企画が重要です。ここでは、一般的なWebコンテンツの企画を具体例として、その流れを紹介します。

①:課題を洗い出す

Webコンテンツを制作する上でもっとも重要なのが課題を洗い出すことです。自社にとってどのような課題が存在しているかを考えることが大切です。具体的には、「自社の商品が思うように普及していない」「サービスの価値を高めたい」などの課題を出しましょう。

「自社の商品が思うように普及しないため、コンテンツ制作を行い、認知度を高める。」というように抱えている課題とコンテンツを制作する理由を明確にしてから企画に映ることが大切です。

②:目的を設定する

Webコンテンツを制作する主な目標として、以下の3つが挙げられるでしょう。

・ブランディング、自社の認知度をあげたい
・顧客満足度を向上させたい
・新規顧客を獲得したい

このような目的が定まれば、コンテンツを制作する上で何を意識すべきかが明確になります。コンテンツのゴールや目標が定まらないと、思うような結果が得られないことにもつながりますので、注意しましょう。

③:コンテンツ企画の概要を決める

事前準備を終えたら、実際のコンテンツ企画に移ります。Webコンテンツ制作における企画とは、次のようなものを指します。

・サイト全体のデザインはどうするか
・Webコンテンツのターゲットは誰か
・採用するキーワードはどのようなものか

このようなコンテンツ制作に関わる大枠の部分を決めます。大枠をしっかりと固めておけば、コンテンツ制作で失敗することは少なくなるでしょう。

④:コンテンツ企画の制作方法を決める

企画が出来上がってもコンテンツはできていきません。そのため、Webコンテンツをどのように制作していくかを決める必要があります。具体的には、以下の制作方法があります。

・外注してコンテンツを増やす
・自社で内製する

それぞれのメリット・デメリットについては後ほど解説しますが、費用対効果などを計算した上でどのように制作するのが良いかを考えて制作方法を決めましょう。

⑤:適宜分析・改善を繰り返す

特にWebコンテンツは制作して終わりではありません。Gogleサーチコンソールなどのツールを活用しながらPDCAサイクルを回していく必要があります。分析・改善を繰り返すことで競合よりも有利になり、コンテンツを上位表示しやすくなります。

コンテンツ企画を制作する上のポイント

コンテンツ企画を制作する上で、どのようなポイントに意識をおけば良いのでしょうか。ここでは3つのポイントを紹介します。

コンテンツの流れは正しいか

まずは、コンテンツの制作意図に沿っているかを考える必要があります。目標に対して正しい流れになっていなければ、コンテンツを通して何も伝わらなくなってしまいまうでしょう。

自社でコンテンツを制作する場合も外注する場合も、適切な流れを踏んでいるかしっかり確認することが大切です。

明確なターゲット設定がされているか

明確なターゲット設定ができているか、コンテンツを制作前と後でしっかりと確認しましょう。この部分が正しく設定されていないと、内容がユーザーに届かなかないケースや求めていないターゲットに伝わってしまうケースが生じます。年齢・性別
・仕事・役職・立場などペルソナの顔が明確に浮かぶまで設定し、コンテンツを制作しましょう。

独自性のあるコンテンツか

他社と似通った内容ばかりを公開していないか、確認することが大切です。競合と同様の内容を記載している場合、ネームバリューでコンテンツが上がってこない場合もあります。

独自性のある内容を記載できると、競合他社と差別化ができるため、上位表示される可能性が高まります。

自社でコンテンツ企画を進めるメリット

ここでは、自社でコンテンツ企画を進めるメリットについて紹介します。

独自のコンテンツが作りやすい

自社のサービスの詳細は、会社に所属している人が最も詳しいです。そのため、自社だからこその内容を記載できれば、競合に対して有利になれるでしょう。

また、GoogleのE-A-Tの観点からも独自コンテンツの方が有利です。

コストを削減できる

自社のリソースをうまく活用できれば、外注費用がかからないため、コストを削減できます。また、社内の人間で連携を取り合えば工数も減ります。加えて、コミュニケーションを取りやすい環境にあるため、社内で協力し合いながら良いコンテンツを制作できるでしょう。

自社でコンテンツ企画を進めるデメリット

一方、自社でコンテンツ企画を行うデメリットも存在します。ここでは、2つのデメリットを紹介します。

社内教育のコストがかかる

社内でリソースを確保できたとしても、コンテンツ企画に携わっている人は少ないでしょう。そのため、質の高いコンテンツを制作できる社内教育のコストがかかります。プロのライターは何年にもわたってコンテンツ制作を行っているため、おそらく社内で教育する場合、膨大な時間がかかることになるでしょう。

制作に時間がかかる

そもそも、コンテンツを制作するのには膨大な時間がかかります。全く初心者の方がコンテンツを制作した場合、3,000文字に8時間かかったという話も良く耳にするほど。制作において時間がかかる分、社内リソースが想定以上に減ってしまう可能性があるのです。

コンテンツ企画を外注するメリット

一方で、Webコンテンツの場合、コンテンツ制作を外注することもできます。ここでは、コンテンツ制作を外注するメリットについて紹介します。

素早くコンテンツを完成に導ける

コンテンツ制作を外注することで、素早くコンテンツを完成させられます。外注会社には多くのライターが在籍しており、複数の記事を任せることで、スピーディーにコンテンツを作成できます。

記事の品質が高い

外注会社はコンテンツ制作におけるノウハウを所有しています。そのため、任せることで高い品質の記事を獲得できるでしょう。また、社内の課題を丁寧にヒアリングした上で、コンテンツ企画と照らし合わせながら最適な記事を納品してくれます。

リソース不足に陥らない

自社でコンテンツを制作する場合、時間的リソースを確保するのは至難の技です。しかし、外注会社へ依頼すれば、社内のリソースを全く使うことなく記事を獲得できます。

コンテンツ企画を外注するデメリット

コンテンツ制作を外注することで、より簡単に素早くメディアを伸ばせるというメリットはありますが、外注においてデメリットも存在します。ここでは、2つのデメリットを詳しく紹介します。

外注コストがかかる

外注する場合、余分のコストがかかることは理解しておきましょう。1記事から任せられる外注会社もありますが、一般的にはまとめて数十万〜数百万のコストがかかることも。別途費用が発生するため、資金繰りが難しくなるケースもあるかもしれません。コストのことを考えた上で利用を検討すべきです。

想像していない内容のコンテンツが納品されることも

外注先とのコミュニケーションが不足した結果、想像しなかった内容のコンテンツが納品されることもあります。例えば、コンバージョンを目標にコンテンツ制作を行っていたのに、ブランディングを強化するコンテンツが納品されてくる場合もあります。いくらコンテンツを任せるとはいえ、目的が明確に伝わるように綿密なコミュニケーションを取る必要があります。

まとめ

本記事では、コンテンツ企画の製作の流れやポイント、自社と外注するメリット・デメリットについて紹介しました。コンテンツ企画においては、制作方法までしっかりと考えることが重要です。本記事の内容をもとに、コンテンツ企画を進めてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる