コンテンツディレクターとは?仕事内容や必要な能力などを紹介!

コンテンツを制作する場合、さまざまな方が関わることになります。その際に、コンテンツの質を管理したり、仕事を円滑に進めたりする役割があるのが「コンテンツディレクター」です。コンテンツディレクターがいなければ、コンテンツマーケティングを成功に導くことができないといっても過言ではないでしょう。

本記事では、コンテンツディレクターの仕事内容や必要な能力、コンテンツディレクターが仕事をする際に注意すべき点などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

コンテンツディレクターとは?

コンテンツディレクターとは、コンテンツ制作をチームで行う際の中心にいる人物のことです。企画担当者やライターなどとコミュニケーションをとりながらコンテンツ制作を進めていきます。

コンテンツを制作する場合、クライアントの問題を解決したり、売り上げ目標を達成したりすることが最終目標でしょう。目標を達成するためには「価値があるコンテンツ」を作る必要があるので、コンテンツディレクターの位置づけが重要になるのです。

コンテンツディレクターの管理体制や編集力などが高くなければ、高い品質のコンテンツを生み出すことは難しいでしょう。ですので、コンテンツ作りにはコンテンツディレクターが欠かせないのです。

コンテンツディレクターの仕事内容は3つ

コンテンツディレクターの主な仕事内容は3つあります。それぞれ詳しく解説していきます。

クライアントの問題解決

コンテンツディレクターの最初の仕事が「問題解決」です。クライアントの課題や問題が不明瞭なままコンテンツを制作してしまうと、求めているマーケットに正しく伝わりません。ですので、どのような問題を解決したいのかヒアリングをしながら問題を洗い出します。

また、コンテンツ制作の目標が明確になっている場合は、「コンテンツ作成の目標はどのようなものか」をしっかりと聞きます。

ヒアリングを終えた後は、目的に対して、そもそもコンテンツ制作の意図がマッチしているか、納期はいつまでか、コンテンツのボリュームはどのくらいか、どの層をターゲットにするかなどを相談し合いながら、決めていきます。

コンテンツディレクターの能力によって今後のコンテンツの幅が大きく変わってくるので、コンテンツディレクターにとって最も重要な仕事と言っても良いかもしれません。

プロジェクトの進行と管理

コンテンツが方向性が定まったら、実際にどのようにプロジェクトを進めていくか考えます。一般的には、コンテンツディレクターからライターに「レギュレーション」や「コンテンツの意図」などを伝え、意図に沿ったコンテンツを制作していきます。

その際に、コンテンツの意図をうまく伝えられなければ、予想していた品質のコンテンツが仕上がらないことにもつながるでしょう。そのため、コンテンツディレクターがクライアントから聞いた情報をうまく伝えられるコミュニケーション能力が必要となるのです。

また、コンテンツ制作においてはクライアントから納期が設定されることも多く、納期を守るスケジュール管理能力も欠かせません。

コンテンツの品質管理・編集

コンテンツの制作段階において、品質管理を徹底することは重要なのですが、仕上がったコンテンツに対して品質管理を施すことも重要です。

特に、Webコンテンツの場合、従来は良いとされていたコンテンツがGoogleコアアルゴリズムアップデート等の影響を受けて、順位落ちしてしまう可能性もあります。

そのため、コンテンツディレクターはSEOのトレンドを追ったり、完成したコンテンツの編集作業を行ったりする必要もあるでしょう

コンテンツディレクターに必要な能力

コンテンツディレクターにはどのようなスキルが必要になるのでしょうか。ここでは、必要な3つの能力を紹介します。

マーケティングスキル

コンテンツ制作においては、制作後ユーザーの目に触れる必要があります。また、コンテンツを最後まで読んでもらえなければ、コンテンツの価値は低いと言えるでしょう。特に、Web記事の場合は、閲覧数=収益と言っても過言ではないため、その傾向が顕著です。

そのため、コンテンツディレクターは、マーケティングスキルを身につける必要があります。読者はどのような層で、どういったコンテンツが受けるのか、仮説・検証品がら理解していく必要があるでしょう。

あわせて読みたい
コンテンツ企画の制作手順|記事作成は外注すべき?内製がいい? コンテンツ企画はコンテンツマーケティングを成功に導く重要なポイントです。コンテンツ制作においては目的設定が重要ですが、どのように設定すれば良いのかわからない...

論理的思考力

コンテンツディレクターはクライアント、ライター、その他担当者など様々な人と関わりを持ちます。そのため、万人に理解してもらえるわかりやすいコミュニケーションを取る必要があります。

その際に必要になるのが「論理的思考力」。簡潔な説明を積み立てていく論法が伝わらなければ、うまくコミュニケーションが図れません。

そのため、論理的に考えられることはコンテンツディレクターにとって必須の技術なのです。

コミュニケーション能力

コンテンツディレクターには様々なコミュニケーション能力が必要です。

・クライアントの目的を引き出せるヒアリング力
・ライターに対して理解しやすい発注内容を伝えられる力
・コンテンツの重要性をしっかりと伝えられる能力

こういった様々なコミュニケーションが重要となります。

頻繁にコミュニケーションをとる仕事ですので、相手のことを理解しながらコミュニケーションできる人がコンテンツディレクターとして成長できます。

コンテンツディレクターが気をつけるべきこと

コンテンツディレクターの役割を全うするためには、どのようなことを意識すれば良いでしょうか。ここでは、コンテンツディレクターが気をつけるべきことを3つ紹介します。

素早い連絡を心がける

コンテンツディレクターは素早い連絡を心がける必要があります。連絡がないと、チームやクライアントが不安を抱いてしまうかもしれません。

そのため、プロジェクトがどのように進んでいるのかは、逐一報告を入れるようにしましょう。また、コンテンツに関する質問が行われた場合は、すぐに報告できるよう、チャットなどは常に確認することが大切です。

相手の伝えたいことを理解できるよう努める

コンテンツディレクターは「コミュニケーションを取るのが仕事」というレベルで頻繁に連絡がきます。メッセージに対して何度もコミュニケーションを取ることがあれば、自身のリソースをすり減らしてしまうでしょう。

そのため、コンテンツディレクターは「相手が何を言いたいと考えているのか」をしっかりと理解した上で、どのような返答をすればコミュニケーションが素早く終わるのかを考えることが大切です。

結果として、コンテンツ制作が早くなり、効率的にコンテンツを成長させられます。

スケジュール管理を徹底する

コンテンツディレクターは複数の案件を管理することがあります。丁寧にスケジュール管理を行わなければ、納期に遅れてしまうリスクがあるでしょう。

スケジュール管理のツールは多数あるため、自身の使いやすいツールを探して、スケジュール管理を徹底することもコンテンツディレクターの仕事です。

コンテンツディレクターの難しいところ

コンテンツディレクターは、上記で紹介したような様々なスキルが求められます。また、様々な仕事を同時並行する必要が出てきます。

そのため、コンテンツディレクターは非常に難易度の高い職業と言われ、マルチタスクになりがちです。特に、新しくコンテンツディレクターになった方は慣れない作業の中、新たなコンテンツを伸ばす難しさに追われてしまうことでしょう。

業務効率化を目指しながら慣れない仕事にリソースを割く必要が出てくるのが、コンテンツディレクターの難しいところです。

コンテンツディレクターが業務を効率化する方法

コンテンツディレクターが業務を効率的に行う場合、記事制作会社に外注するのがおすすめです。記事制作代行を依頼することで、ライターに対してコミュニケーションを取ったり、コンテンツの編集作業を削減できたりします。

様々な仕事を抱えるコンテンツディレクターの悩みを解決できる可能性があるため、記事制作会社の利用を検討してみると良いでしょう。

あわせて読みたい
【記事外注で後悔しない!】制作会社を選ぶ方法や注意点など 「記事制作を進めていきたいけど、時間と人材が足りない」 そう考える企業において社内リソースを確保しながら記事数を増やす方法の1つが、記事制作の外注です。しかし...

まとめ

本記事では、コンテンツディレクターの仕事内容や必要な能力、コンテンツディレクターが仕事をする際に注意すべき点などを紹介しました。コンテンツディレクターは様々な仕事を並行して行う必要があります。そのため、仕事内容も煩雑になりがちです。

効率的に作業を進めるには何をすべきか考えた上で、対策を講じる必要があるでしょう。本記事の内容も参考に、コンテンツディレクターの仕事を効率化するには何が必要か、考えてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる