検索順位が下がる原因とは?対策や確認すべきポイントを解説!

自社サイトの検索順位が下った経験はありませんか。「しっかりとSEO対策したのに、急激に下がってしまった」と悩まれているメディア担当者の方も多いでしょう。

とはいえ、検索順位が下がってしまったのにはいくつか理由があるケースがほとんどです。本記事では、検索順位が下がる理由や、下がった理由の確認方、対処法について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

検索順位が下がる理由

そもそも、検索順位が下がる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。その主な理由として考えられるのは、「Webサイト自体の価値の低下」です。これは、相対的理由と絶対的理由があり、相対的理由は、他社のコンテンツがより上位に食い込んできたから。一方で絶対的理由はペナルティを受けた、サイトのUI・UXが変わったなどが挙げられます。

このような理由によってサイト自体の価値が下がってしまい、検索順位低下に陥ってしまったのです。

検索順位が下がった時は、なぜ落ちたかを確認すべき

検索順位が下がった時は、なぜ落ちたのかを確認すべきです。その理由がわかっていないと、対策のしようがないためです。ここでは、検索順位が落ちる理由として考えられる要因を4つ紹介します。

Googleのアルゴリズム変更があった

検索順位が下がったと考えられる要因として、Googleのコアアルゴリズムアップデートの影響を受けている可能性があります。このアップデートは年に3〜4回程度実施されるもので、アップデート後すぐに順位が落ちているなら、この理由を疑った方が良いでしょう。

とはいえ、アルゴリズム内容はGoogleユーザーが理解できるものではありません。また、ユーザーに対して価値の高いコンテンツを作成していけば、順位変動は落ち着くケースがほとんど。少し待つことも対策になるかもしれません。

ガイドライン違反がある

GoogleのWebマスター向けガイドラインに抵触している場合、検索順位が落ちることもあります。

主に、ガイドラインでは次のような事項が設定されています。

・自動生成されたコンテンツ
・リンク プログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・無断複製されたコンテンツ
・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
・構造化データのマークアップの悪用
・Google への自動化されたクエリの送信

これらの内容に抵触している場合は、順位変動が起こっても仕方のないこと。できる限り素早く対策する必要があります。

質の高いコンテンツが増えた

こちらは相対的な要因ですが、他のブログ記事が上位表示されたことによってメディアの順位が下がっているケースもあります。こればかりはWeb記事が毎日数百と増えていることを考えれば仕方のないことです。

とはいえ、対策が不可能なわけではなく、リライトや新記事作成などを行えば、取り戻すことが可能。記事代行サービスなどを活用しながらコンテンツを盛り上げていくのも良いでしょう。

あわせて読みたい
ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説! コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も...

サイトリニューアルが原因

サイトリニューアルによってユーザー的にUI・UXが使いづらいものになりクリック数が減った結果、順位が下がっているケースもあります。また、ページ削除によって内部リンク数が変わり、順位変動が起こるケースもあります。

こういったリニューアルが原因で順位変動が起こることがあるため、リニューアル後すぐの順位変動を感じた場合、どこに要因があるのかを確認する作業が必要になります。

検索順位が下がった時の対処法

順位変動が起こり、検索順位が下がった場合、どのような点を対処すれば良いでしょうか。ここでは、主な3つの対処法を紹介します。

アップデート情報を確認する

まずは、Googleのアップデートが直近で行われていないかを確認しましょう。もし、アップデートが行われているなら、少し期間を設けてみるのも1つの方法です。アップデート後2〜3週間程度は順位が変動しやすく、また上位に食い込んでくるケースがあるからです。

もし数週間経っても順位が下がったままなら、他の要因がありますので、他の観点からコンテンツを評価しましょう。

サーチコンソールでリクエストを送る

Googleのペナルティに抵触している可能性があった場合、Googleサーチコンソールの「手動による対策」からコンテンツの状況を把握できます。「手動による対策」が行われていた場合、コンテンツに大きな問題が生じているケースがあるので、記載されている内容をもとにコンテンツを修正していきましょう。

また、手動による対策を受けてしまっても再申請を送ることは可能です。再申請が受理されたら、コンテンツの順位が戻るケースもあります。

検索結果を確認する

自身のコンテンツが上位表示されなくなったということは、他のコンテンツが上位表示に食い込んでいる可能性があります。そのため、一度検索をかけてみて、今までなかったようなコンテンツが上位表示されていないかを確認してみましょう。

もし新規ドメインのコンテンツが表示されているなら「Googleハネムーン」などの一過性の影響が出ている可能性もあるため、そこまで順位変動に怯える心配はありません。一方で、より強そうなコンテンツが増えている場合には、しっかりと対策を講じる必要があります。

上位表示するためには競合を分析する必要がある

検索順位が下がってしまった場合、競合を分析してコンテンツの順位を上げるための対策を講じる必要があります。競合を分析して、コンテンツの価値が低下していると考えられる場合には、リライトしてブログ全体の価値を高めていくことが大切です。

以下ではリライトの方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
記事作成でリライトの方法とは?SEO効果と記事の選び方を紹介! 自社メディアのコンテンツが充実してきた時にすべきなのが「リライト」です。リライトすることで、記事の質が上がり、アクセスを増やせるケースもあります。とはいえ、...

コンテンツ内製の場合、外注会社に依頼することも検討すべき

コンテンツを内製している場合、外注会社にコンテンツ制作を依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。ブログの価値が下がっている場合は、より質の高い記事を増やしていくことで競合優位性を獲得できるケースがあります。

その際に外注会社に依頼することで、より多くの質の高いコンテンツを生産できます。コンテンツの順位が下がってしまった時こそ外注会社を利用してコンテンツを増やすのが効果的です。

外注会社へ依頼するメリット

ここでは、外注会社へコンテンツ制作を依頼するメリットについてみていきます。主に2つのメリットがあります。

質の高いコンテンツを量産できる

外注会社に依頼することで質の高いコンテンツを量産できます。自社リソースでコンテンツを増やす場合、どれだけコンテンツを増やしても1日2〜3 記事が限度でしょう。しかし、外注会社に依頼することで数百記事を一気に発注することも可能になるため、順位修正に役立ちます。

社内リソースを他の作業に使える

ブログの順位が低下したとしても、自社でやるべき業務は残っています。ブログコンテンツを増やしながら自社の業務を行っているとどちらかが疎かになり、結果成果を出せないことにもつながります。

外注会社に依頼することで、質の高いコンテンツを増やしながら自社の業務には集中することが可能。より効果を出しやすくなるのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、SEO対策をしているのにコンテンツの順位が下がってしまう理由や対処法について紹介してきました。コンテンツを制作していると、順位変動によって順位が下がるケースはあります。しかし、適切な対策を講じることで必ず順位は戻ってきます。ぜひ本記事の内容も参考に、順位変動の対策を講じてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる