ブログで使えるPREP法とは?わかりやすく文章を書く他フレームワークも解説!

記事を書く機会が多いオウンドメディア担当者の方は多いでしょう。しかし、「どのように記事を執筆すれば良いかわからない」「読者にしっかりと伝わっているのかがわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのような場合には、「PREP法」を活用することで素早くコンテンツ制作ができる上、読者に伝わりやすくなります。

本記事では、PREP法の概要やブログに最適な理由、活用する際の注意点などを紹介します。また、ブログに使えるPREP法以外のフレームワークについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

PREP法とは?

PREP法とは、以下の順番で文章を執筆するフレームワークのことです。

Point(要点)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(要点・結論)

それぞれの頭文字をとって「PREP」と呼ばれています。本来はビジネスにおけるプレゼンや会議、説明会などで使用されるフレームワークですが、文章を執筆する際にも活用しやすい型ということで、多くのブログではPREP法が活用されています。

PREP法がブログに最適な理由

PREP法がブログに最適なフレームワークということは理解いただけたかもしれません。とはいえ、なぜ、PREP法がブログに最適なのでしょうか。ここでは、ブログに最適だと言われる3つの理由を紹介します。

ユーザーが内容を理解しやすい

PREP法の最も大きなメリットは「文章構造のシンプルさ」にあります。要点→理由→具体例→結論というように、読者が知りたい情報を先に提示し、後から理由や具体例など説得力が増すような構造になっているため、理論的な文章を書くことができます。

また、Web媒体においては多くの読者が斜め読みをすることから、「結論ファースト」が最適だと言われています。この理論にもPREP法がマッチしているため、効果的に相手に伝わりやすいのです。

文章が書きやすい

PREP法を活用すると、文章が書きやすくなります。なぜなら、型に当てはめていくだけで文章が完成していくためです。文章が苦手な人は、「今何を買いているのか」「この順番で伝わるのか」など様々な疑問を抱えながら執筆活動を行なっているでしょう。

しかし、PREP法を活用しながら文章を執筆していけば、このような疑問を最小限に抑えられるため、スムーズに執筆ができるのです。

SEO効果も期待できる

PREP法はユーザーファーストな記事を書くのに特化したフレームワークです。そのため、SXO効果がある執筆方法となります。また、SXO効果があることは間接的にSEOに対する効果があり、上位表示できる可能性が高まることになります。

つまりPREP法を活用するだけで上位表示できる可能性が高まるということ。コンテンツマーケティングを取り入れている方は意識して執筆すると良いでしょう。

SEOとSXOについては以下の記事でも紹介します。

あわせて読みたい
SEO内部施策とは?|3つの基本施策と15の効果的手法まとめ 【SEOの内部施策とは】 SEOには内部施策と外部施策の2種類があり、内部施策とは主にタグやサイト構造、リンク整備など、自社で行えるものを言います。 内部施策がきちん...
あわせて読みたい
SXO対策とは?SEOとの違いや実施のメリット、具体的な方法を解説! SEO対策をしなければならないという話はよく耳にしますが、近年はSXOという言葉もよく耳にします。SEOは「Search Engine Optimization」検索エンジン最適化に対し、SXO...

PREP法を活用する際の注意点

PREP法をコンテンツに反映させる場合、注意したい点が3つあります。これらを意識しなければ、PREP法を効果的に活かすことは難しいでしょう。

全ての文章がPREP法に適しているわけではない
展開が単調になりやすい
押しが強い印象を与えてしまう

各項目について詳しくみていきましょう。

全ての文章がPREP法に適しているわけではない

まず知っておきたいのは、全ての文章がPREP法に対応しているわけではないということです。必ずしも要点→理由→具体例→結論という流れで執筆しなければならないわけではありません。

例えば、用語解説などをする場合には「理由」が不要となるケースもあります。PREP法を活用できないシーンも存在することを理解し、適材適所に活用することを心がけましょう。

展開が単調になりやすい

全ての文章をPREP法で執筆すると、どうしても単調な印象を与えてしまいます。読者からすれば「面白みのない文章」と判断されることもあるでしょう。場合によっては自社ブランディングに悪影響を与える恐れもあります。

そのため、PREP法以外のフレームワークも覚えながら、様々なパターンで文書を執筆することが重要となります。

押しが強い印象を与えてしまう

「なぜなら〜だからです。」という文章は、断言している印象を与えてしまいます。そのため、場合によってはセールス色の強い文章だと感じられる恐れがあります。

コンテンツマーケティングにおいては押しの強い文章は好まれません。柔らかい単語などを活用しながら、説得力が欠けないような工夫を施す必要があるでしょう。

PREP法以外の文章フレームワーク

PREP法以外にも文章で活用できるフレームワークが存在します。

PASONAの法則
SDS法
DESC法

これらを活用することで、文章にバリエーションを持たせられ、読者を飽きさせないコンテンツ作りができるでしょう。

PASONAの法則

PASONAの法則は、日本で活躍するマーケター、神田昌典氏が提唱するセールスライティングで活用できる型です。PASONAの法則同様に頭文字の単語をとった型となっています。

Problem(問題)
Agitation(煽り)
Solution(解決策)
Narrow down(絞り込み)
Action(行動喚起)

この流れで文章を執筆する型となります。こちらの流れを活用することで、読者の購買効果を高められます。多用すると逆効果になることもあるため、ここぞという時に活用するのがおすすめです。

SDS法

SDS法は、以下の流れで執筆する型です。

Summary(要点)
Details(詳細)
Summary(要点)

結論を再度繰り返すという意味ではPREP法と同様ですが、詳細パートでは理由や具体例を記載する必要がないという点で、若干PREP法とは活用シーンが異なります。より口語的な印象で、柔らかい文体になるのがSDS法の魅力ですので、適度に活用すると、PREP法の堅苦しさを緩和できるはずです。

DESC法

DESC法は以下のような流れで執筆する型です。

Describe(描写)
Express(表現)orExplain(説明)
Specify(提案)
Choose(選択)

読者の共感を得る際に使える文章のフレームワークで、商品を紹介する際によく使われる型となります。違和感なく商品購買を提案できると、コンバージョン率が高まるはずです。

PREP法の練習方法

PREP法を練習する場合は、結論を意識して文章を書き始めましょう。そうすることで自然に理由→具体例という流れで執筆ができるようになります。

とはいえ、最初の頃は「結論」がどの部分なのかわからない可能性も大いにあります。練習を続けながら手に染み込ませる勢いでPREP法を活用していきましょう。

型を崩しても問題ない

PREP法を練習する際に知っておきたいのは、「型を崩しても問題ない」ということです。PREP法の練習をしていると、型が崩れないようこだわる方がいますが、こだわりを持って文章を執筆すると、知らぬ間に「読者の読みづらい文章ができていた」というケースもあります。

そのため、あまりこだわりを持ちすぎず執筆ができるように努めましょう。

より効果のあるコンテンツを作りたいなら外注も可

コンテンツマーケティングにおいてより質の高い記事を作成したいなら、外注を検討するのも良いでしょう。記事代行サービスなどもあり、それらを活用することでより質の高い記事作成が可能となります。費用はかかりますが、長期にわたって効果を出し続けるコンテンツを作りたいのなら、投資と考えて利用してみるのがおすすめです。

まとめ

本記事では、PREP法の概要やブログに最適な理由、活用する際の注意点などを紹介しました。PREP法を活用することで文章を書くスピードが上がるとともに、読者に伝わりやすくなるなど大きなメリットがあります。

本記事の内容も参考に、PREP法を活用できるよう練習してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる