ブログやコラムのネタ切れに困った場合…対策やテーマの探し方を紹介!

オウンドメディアや企業ブログを運営していると、コラムのネタ切れに陥りやすいです。「ブログが成長してきたのに新しくアップロードできる記事がない」と悩む担当者の方も多いでしょう。

本記事では、コラム記事がネタ切れになりやすい理由や、ネタを探すコツ、集客につながるコラムの探し方などについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

コラム記事がネタ切れになる理由

コラム記事がネタ切れになるのにはいくつか理由があります。ここでは、ネタ切れになる理由を3つ紹介します。

読者のニーズを理解していない

最も大きな理由が、「ユーザーのニーズを理解していない」という点です。コンテンツ制作においては、自社の得意分野の記事が並びがちですが、実際のところ、少しずれたジャンルを読者が求めている可能性があります。

ユーザーのニーズをうまく理解できれば、どのようなコンテンツが求められているのかを理解できるため、ネタがどんどん思い浮かび、ネタ切れにならなくなります。

潜在ニーズの把握とも関連する部分ですので、詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
潜在ニーズとは?把握できる6つの方法と注意点|顧客の満足度をUPさせるために! 「顕在ニーズと潜在ニーズの違いがわからない」「潜在ニーズを把握するメリットって何?」と疑問を抱えている方も多いでしょう。初心者が潜在ニーズを考えると、誤った...

流行をチェックしていない

ビジネスにおいては流行り廃りが急速に変動していきます。流行をチェックしていれば、そのとき話題になっているキーワードをコンテンツに反映できるため、おすすめです。

定期的に社内で会議を行い、話題性のあるテーマを挙げてみると、コンテンツ不足を解消できるでしょう。

打算的なコンテンツになっている

話題性やSNSでの拡散を目的とし、コンテンツを生産している場合、話題性を意識しすぎてコンテンツに対するハードルが高くなっている可能性もあります。

そのため、あまりハードルを上げすぎず、適度に普遍的なコンテンツを交えていくのも1つの方法。話題性を狙うコンテンツと一般的なコンテンツをうまいバランスで取り入れることでSEO的にも効果があります。

コラムのネタを探す3つのコツ

ブログでコラムのネタを探す際は、3つのコツを意識することが大切です。それぞれ詳しく紹介します。

明確なターゲットを設定する

まずは、明確なターゲットを設定し、ターゲットに対して刺さるコンテンツを制作する必要があります。記事群の軸がぶれてしまうと、ブログ自体があまり伝わらないものになってしまうため、注意しましょう。

想定読者を設定する際には「ペルソナ」を設定することが大切です。年齢・性別・居住地だけでなく、会社の位置付けや休日の過ごし方なども取り入れることで、より鮮明な読者像を設定できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

コンテンツで伝える目的を明確にする

ペルソナを設定したら、読者がどのような悩みを抱えているのかを想定することが大切です。コンテンツを制作する場合、誰かの悩みを解決する必要があり、自社メディアが伝えたいことを伝えるのではなく、あくまで読者ファーストのブログを設計する必要があるのです。

設定したペルソナから悩みを抽出し、どのようなコンテンツが必要かを意識してコンテンツを設計しましょう。

シンプルな情報を扱う

コンテンツに情報を盛り込みすぎると、かえって読者が読みづらくなってしまいます。そのため、1記事あたり1つのメッセージを伝えることをおっころがけましょう。

また、文章全体の構成に関してもしっかりと設定する必要があります。「前後で内容が重複しない」「わかりやすい順番を意識する」など起承転結を意識しながら、最もシンプルに伝わるようなコンテンツを作りましょう。

集客につながるコラムを作るために必要な心がけ

コンテンツを作る際、最終目標は「顧客を集客すること」だと思います。そういったコンテンツを作成するためにはどのような意識を持てば良いのでしょうか。ここでは、集客につながるコラムを作るために必要な心がけを2つ紹介します。

検索エンジンを理解する

コンテンツマーケティングにおいて最も重要なことは、「SEO対策」です。コンテンツを上位表示させるには検索エンジンをしっかりと理解する必要があり、逆に意識できていないと、検索上位表示を目指せません。

ちなみに、Googleではユーザーファーストを意識したコンテンツを上位表示させようとしています。そのため、SEO、SXOなどの意識も必要となるでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
SXO対策とは?SEOとの違いや実施のメリット、具体的な方法を解説! SEO対策をしなければならないという話はよく耳にしますが、近年はSXOという言葉もよく耳にします。SEOは「Search Engine Optimization」検索エンジン最適化に対し、SXO...

社内リソースだけで記事を作ろうとしない

コンテンツを制作する場合、膨大な時間がかかります。そのため、社内リソースが確保できない可能性も出てくるでしょう。コンテンツマーケティングにおいては定期的にコンテンツを公開する必要があるため、更新が止まったブログは不利になってしまいます。

つまり、社内リソース以外を活用してコンテンツを作る工夫が必要となるのです。

具体的なコラムネタの探し方

ここでは、具体的なコラムネタの探し方について紹介します。

ネット記事を参考にする

最も探しやすい方法は、ネット記事を参考にするということです。他の記事を参考にすることで、どのような記事が必要なのかを把握することができます。

もちろん、丸パクリのコンテンツを公開しては行けませんが、あくまで参考として必要な情報を把握する上では使えるでしょう。

顧客の悩みをヒアリングする

自社の顧客に対して悩みをヒアリングすることで、問題視していなかった問題が見つかることもあります。ヒアリングできる機会があるのなら、雑談程度に悩みを聞くことで、コンテンツに活かせる場合もあるでしょう。

お問合せ内容をコンテンツに反映する

ブログのお問い合わせに届いたメッセージをコンテンツに反映することも効果的です。一定期間ブログを公開していると、お問い合わせフォームから質問がくることもあります。

お問い合わせに追いつけるのなら、逐一反応することで顧客満足度を高めることにもつながります。

コラム作りに欠かせないトレンド・最新情報の追い方

コラムのトレンドを追う場合、以下のような内容にアンテナを貼っておくと、コンテンツに反映しやすくなります。

・季節的なネタ
・時事問題
・トレンドワード
・会社の紹介
・経営陣のメッセージ
・社内の雰囲気
・社内アンケート結果

特に、会社系のキーワードは独自コンテンツになりやすいため、ブログの価値を高めることにもつながります。積極的に取り入れてみると良いでしょう。

コラムの執筆がきついなら外注も検討すべき

ここまで、コラムのネタがない問題について紹介してきましたが、コンテンツ制作がきついなら、コラムを外注するのも1つの方法です。会社によってはコラムのネタ探しから対応してくれるところもあり、社内のリソースを保存したまま、コンテンツを盛り上げられる可能性があるでしょう。

まとめ

本記事では、コラム制作におけるネタ切れについて紹介してきました。コラムのネタ切れは、ユーザーのニーズをしっかりと理解することで解決できるケースが多いです。本記事の内容を参考に、コラムに使うキーワードを社内で話し合ってみてください。

また、社内リソースでコンテンツを作るのが難しい場合は外注する方法もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる