強調スニペットとは?クリック率を高める対策として有効?

GoogleのSerpsには強調スニペットと呼ばれる機能が備わっています。「強調スニペットを狙って表示することは可能なのか?」と疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

強調スニペットは上位表示において重要な指標となります。そのため、あえて強調スニペットを狙ったコンテンツ制作を行っている方も多いです。

本記事では、強調スニペットの概要や利用するメリット・デメリット、具体的な対策について紹介します。本記事の内容をもとに記事を制作すれば、強調スニペットを見方にできるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

目次

強調スニペットとは?

そもそも、強調スニペットとは、Googleの検索画面(Serps)において最も上に表示される強調表示のことを指します。

関連性の高い情報を記載しているコンテンツから自動で抽出される部分となっているため、強調スニペットに対する対策を講じることで上位表示される可能性が高くなります。

ちなみに、Serpsの説明に関しては別記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
SERPsとは?概要や表示されるまでの流れ、必要な対策を紹介! SERPs(Search Engine Result Pages)とは、キーワードの検索結果を表示する画面のことです。SERPsを理解することで、上位表示を狙うために必要な事柄が多数理解できま...

強調スニペットのメリット

強調スニぺットに表示されることで、主に2つのメリットがあります。

  1. クリック率が向上する可能性がある
  2. ブログの認知度が高まる

ここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

クリック率が向上する可能性がある

強調スニペットに登録される最も大きなメリットは、クリック率が向上する可能性があると言う点です。

画像や太文字などと同時に表示される強調スニペットは、視覚的に目立つ状態で表示されます。そのため、ユーザーは参考になるサイトだと考え、クリックしてくれる可能性が高くなるのです。

ブログの認知度が高まる

強調スニペットに採用されたコンテンツが多く存在する場合、ブログの名前が多くの読者に認知されることとなります。

そのため、指名検索が増えたり、その他のキーワードで検索してくれる可能性が高くなるでしょう。指名検索については別記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【SEO対策にもなる】指名検索とは?増やすメリットや具体的な対策を紹介! 指名検索とは、本ブログで言う「SEO解体新書」などの検索方法のことです。SEO対策を実施してすぐの頃は指名検索を見ることはありませんが、しばらくすると、指名検索も...

強調スニペットのデメリット

強調スニペットの対策を講じることで、デメリットも存在します。主なデメリットは強調スニペットでクリック率が下がってしまう可能性があることです。

詳しくみていきましょう。

強調スニペットに満足しクリックしてもらえない可能性がある

強調スニペットには簡潔な回答が表示されることになります。つまり、その回答に満足してしまった読者はコンテンツに訪れることなく、検索体験を終わらせてしまうことになります。

つまり、PVやCVRには全く影響しないと言うことです。専門的に言えば「ゼロクリックリサーチ」が発生してしまうため、運営者としてはデメリットになることもあるのです。

強調スニペットを表示するための対策

強調スニペットは対策を講じれば必ず表示されると言うわけではありません。とはいえ、対策を行うことで強調スニペットが表示される可能性を高められます。

ここでは、強調スニペットを表示させる4つの対策について紹介します。

検索順位10位以内に入る

強調スニペットに表示されるコンテンツは検索結果で表示される1ページ目と決まっています。そのため、検索順位10位以内にランクインする必要があるのです。

上位表示ができていないコンテンツは強調スニペットに表示されないため、まずは10位以内にランクインするようSEO対策を講じましょう。

正しいHTML構造で作成する

強調スニペットとして表示させるためには、Googleクローラーに正しくHTML情報を伝える必要があります。

ページの構造が正しくないと、クローラーが巡回する際に時間がかかってしまい、表示されにくくなってしまうのです。

また、画像を使用している場合にはalt属性を正しく設定することは重要です。alt属性の設定方法などについては別記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
SEO対策に効果的な画像とは?3つのポイントやalt属性の書き方を紹介! SEO対策おいて、コンテンツに質を上げることや、キーワードを盛り込むことは多くの企業が実施しているのではないでしょうか。同時に、魅力的な画像をコンテンツに含める...

テーブルタグやリストタグを活用する

強調スニペットで魅力的なコンテンツを表示させるためには、リストやテーブルタグなどを活用する必要があります。

強調スニペットには<ol>が順序を表す情報として表示され、<ul>は箇条書きとして表示される仕組みです。サイト構造を整えるとともに、強調スニペットを表示させたいコンテンツにおいては図表などをしっかり活用しながら制作していきましょう。

端的な文章を書く

強調スニペットに長文は表示されません。そのため、簡潔にわかりやすい情報を記載しましょう。

〇〇は〜〜です。

と言うような「結論」を示す1文を掲載しておけば、より強調スニペットが表示されやすくなります。

強調スニペットを表示しない方法

強調スニペットのデメリットを理解している場合、表示しない方法も理解したいところでしょう。ここでは、表示しない方法を3つ紹介します。

こちらの「表示しない方法」を活用することで、確実に強調スニペットに表示されなくなります。

nosnippetタグを使う

nosnippetタグを設定したページは強調スニペットに表示されません。また、検索結果常に表示されるリッチリザルトなども非公開にできます。

つまり、メタディスクリプションなども表示されなくなるため、注意が必要な対策方法となります。

max-snippetタグを使う

max-snippetタグは文字数を指定できるnosnipetタグです。こちらをうまく活用することで、メタディスクリプションは表示させるが、検索結果の強調スニペットを表示しないと言う対策が可能となります。

上記の理由で対策を行う場合には、基本的にはメタディスクリプションの文字数を記載することで表示する文字数を設定できますが、設定値を0,-1にした場合は特別な挙動を示します。

0:スニペットが表示されない(nosnipetと同様)
-1:Googleが最適だと考えるスニペットの長さを設定する

<meta name=”robots” content=”max-snippet:〇”>

このような記載方法で「〇」の部分の数値を変更すれば、max-snipetが適用されます。

data-nosnippet属性を使う

data-nosnippetに記載された項目がスニペットに表示されなくなります。

<span data-nosnippet>〇〇</span>

〇〇にスニペット化したくない文字を入力すれば、非表示になります。

強調スニペットの確認方法

強調スニペットに表示されているかを確認する方法は主に2つあります。

検索エンジンで検索

最も手軽な方法が、検索エンジンで検索してみる方法です。とはいえ、1キーワードに対して強調スニペットを確認することしかできないため、網羅的に調査したい場合には、Googleサーチコンソールを活用しましょう。

Googleサーチコンソールで検索

強調スニペットによりアクセスされた項目は「#:~:text=」と言うURLがついています。Googleサーチコンソール上でこのようなURLを確認した場合には、強調スニペットが表示されると考えるのが良いでしょう。

まとめ

本記事では、強調スニペットの概要や利用するメリット・デメリット、具体的な対策について紹介しました。強調スニペットはコンテンツによって表示・非表示を使い分けたほうが良いでしょう。

対策を講じることで、よりコンテンツの価値を高められます。ぜひ、本記事の内容を参考に、強調スニペットの表示を設定してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる