効果が出る記事構成の作成方法とは?ポイントや注意点を詳しく解説!

記事構成とは、制作における方針のようなものです。記事制作においては1本の芯を作ることが重要となるため、非常に重要なステップとなります。とはいえ、記事構成の作成方法がわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、記事構成が重要な理由や、作り方、コツ、注意点などを紹介します。より成果の出るコンテンツ制作を意識したいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

目次

記事構成とは?

記事構成とは、記事を作成する際の設計図となるものです。記事構成を事前に制作しておくことで、どのような内容を記載すべきかが理解できるため、スムーズに記事執筆を行うことができます。

初心者の方ほど記事構成を作成せずに記事を書き進めてしまいがちですが、それでは一貫した内容を記載することが難しいです。また、プロだとしても記事構成がなければ一貫した記事を書くことは難しいでしょう。そのため記事構成は非常に重要なのです。

記事構成が重要な理由

ここでは、記事構成が重要な理由を3つ紹介します。

SEOで上位表示を狙うため

記事構成を作成することでSEOで上位表示が狙いやすくなります。なぜなら、SEOにおいて重要なキーワードを構成の中に盛り込むことができるからです。

構成ができていなければ、キーワードを含める際にどのような順番が良いのか理解できないでしょう。つまり、SEOキーワードを自然に含めるには記事構成を作成することが重要になるのです。

内容とテーマのズレを防ぐため

前述したとおり、記事構成を作成せずに記事を執筆してしまうと、テーマと内容がずれてしまいます。事前に記事構成を作成しておけば、ずれることはほとんどなくなります。

記事の全体像を理解するため

記事構成を作成しておけば、記事の全体像を掴むことが可能です。どのような内容をどの部分に記載すれば良いかがわかるため、ライティングがスムーズに進みやすくなるでしょう。

記事構成の作り方

ここでは、記事構成を作る3ステップを紹介します。

検索キーワードを設定する

記事構成を作成する場合、検索キーワードを事前に設定することが肝心です。SEOにおいてはキーワードに対して上位表示されることを意識して記事を書いていくため、事前に決めておく必要があるのです。

キーワード選定のコツについては以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
キーワード選定のコツとは?SEOで上位表示させる方法や使えるツールを紹介! SEO記事を執筆する際に、どのようにキーワードを選定しているでしょうか。正しいキーワード選定の方法を用いなければ、どれだけ質の高いコンテンツを制作しても読者の目...

ペルソナを理解する

次に、ペルソナを考えましょう。狙いたいキーワードを検索する人がどのような人かを考え、コンテンツの構成を考える準備を行います。

読者目線に立つためにはペルソナの理解が必要不可欠です。ペルソナ設定に関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

ペルソナにマッチする内容の構成を作る

最後に、ペルソナにマッチする内容の構成を作成します。上位表示されている記事を参照しながら、どのような内容を記載すると質の高い記事になるかを考えましょう。

見出しを設定する場合には、全ての記事に網羅的に表示されている情報を記載しつつ、他の記事に書かれていない独自の情報を記載する必要があります。

記事構成作成のコツ

記事構成の作成においては、3つのコツがあります。

  1. 関連キーワードやLSIキーワードを含める
  2. 見出しを見ただけでコンテンツの流れが理解できるようにする
  3. 見出しに対して1つの意味を意識する

それぞれ詳しく解説していきます。

関連キーワードやLSIキーワードを含める

記事構成を作成する場合は、関連キーワードやLSIキーワードを含めた方がSEO効果を高められます。そのため、意識的にこれらのキーワードを含めるよう心がけましょう。

関連キーワードとLSIキーワードについては別記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
LSIキーワードとは?共起語との違いやSEO効果、重要性を解説! 検索エンジンで上位表示を目指す際に「キーワードを盛り込む」や「結論ファースト」などの対策がありますが、そのほかにも「共起語」や「LSIキーワード」への理解が必要...

見出しを見ただけでコンテンツの流れが理解できるようにする

見出しで記事の概要を理解できるよう心がけましょう。例えば、文章の書き方をコンテンツにする場合、以下のような見出しはあまり効果的ではありません。

H2文章の書き方
H3ペルソナ
H3構成作成
H3執筆

一方で、このような構成の作成の方が質の高い記事になりやすいです。

H2文章の書き方
H3ペルソナを理解する
H3構成を作成する
H3構成に沿って記事執筆

このように要点をまとめ、記事全体を読まずともなんとなく理解できる見出しを作成することが重要となります。

見出しに対して1つの意味を意識する

見出しの内容を読者に伝えるためには、1見出しに対して1つの意味になるよう見出しを構成しましょう。

例えば、「記事構成を考えるメリットとデメリット」というような構成を作成してしまうと、1つの見出しに対して2つの意味が含まれることになります。

多用してしまうと、コンテンツがわかりづらくなってしまうため、1見出しに対して1意味を意識して制作しましょう。

記事構成を作成する際の注意点

記事構成を作成する場合、3つの注意点が存在します。

  1. ペルソナ想定が重要
  2. 不必要な情報は記載しない
  3. 1見出しに対して300文字以内を意識する

それぞれ詳しく解説します。

ペルソナ想定が重要

ペルソナ設定を飛ばしてしまう方が多いですが、非常に重要な項目であるため、飛ばさないようにしましょう。明確な読者が想像できると、どのような内容を求めているのかがわかり、記事の質が上がります。

逆にいえば質の高い記事を執筆するためにはペルソナ設定が必要不可欠であるため、事前にしっかりと固めておきましょう。

不必要な情報は記載しない

検索結果に不必要な情報を記載しているブログが存在しますが、そのようなブログは読み進めてみようと思われないため、構成に反映させないようにしましょう。

例えば、記事構成について知りたいのに、文章執筆のコツを紹介されてもあまりいい記事だとは思わないはず。とはいえ、そのようなブログは比較的多いので、情報を取捨選択してコンテンツを作成するようにしましょう。

1見出しに対して300文字以内を意識する

見出しを作成する場合は、本文のボリュームも考えて作成しましょう。具体的には、本文のボリュームが300文字を超える場合には、見出しを分けて記載した方が良いといえます。

記事構成作成から執筆までを外注するのも1つ

ここまで記事構成の作成方法などを紹介してきましたが、自社リソースで記事を制作するのが難しく、記事構成が疎かになってしまうケースはあります。そういった状態でコンテンツを制作していると、質の高い記事には仕上がらなくなってしまいます。

そこで、おすすめの方法が記事制作を外注するという方法です。SEOやマーケティングに強いライターが記事構成から作成するため、SEOで効果を出せる可能性が高くなります。

もちろん、依頼には費用がかかりますが、依頼した方が質の高いコンテンツを獲得できることもあるため、外注も検討してみて下さい。

まとめ

本記事では、記事構成が重要な理由や、作り方、コツ、注意点などを紹介しました。質を意識してコンテンツを制作するためには、質の高い記事構成が必要となります。

本記事の内容も参考に、ぜひ質の高い記事構成を作成してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる