パンダアップデートとは?必要な対策やGoogleに評価される記事の制作方法

Googleには様々なアップデートが存在し、低品質なコンテンツが上位表示されなくなりつつあります。中でも有名なアップデートが「パンダアップデート」ではないでしょうか。

とは言え、パンダアップデートの概要やSEOへの影響を理解していない人は多い印象です。本記事では、2012年に導入されたパンダアップデートの概要やSEOにおける影響、対象となるサイトの特徴などを紹介します。

本記事を最後まで読むことで、パンダアップデートの対策対象とならないブログに仕上げることが可能です。ぜひ参考にしてみてください。

目次

パンダアップデートとは?

パンダアップデートとは、低品質のコンテンツをGoogleのSerpsに表示させないため採用されたアップデートです。日本では2012に導入され、その影響で低品質なコンテンツは検索結果に表示されなくなりました。

パンダアップデートによるSEOへの影響

パンダアップデートによってSEOに影響を与えるのは、質の低いコンテンツです。そのため、質の高いコンテンツを制作しているブログにおいてはあまり関係のないアップデート内容ですが、Googleのさじ加減によって上位表示されなくなるケースもあるため、注意が必要となります。

ちなみに、パンダアップデートは2012年から度々行われており、毎年自動更新によってアップデートが繰り返されています。

パンダアップデートが導入された経緯

パンダアップデートはGoogleのエンジニアの「Navneet Panda氏」の名前から来ていると言われています。アップデートによって質の低いコンテンツを排除し、Googleのユーザーに価値を提供できるようにすると言う狙いでアップデートが導入されています。

また、白黒はっきりつけると言う意味で「パンダアップデート」が実施されたと言う逸話もあるようです。

パンダアップデートの対象となるサイトの特徴

パンダアップデートの対象となるサイトはどのような特徴があるでしょうか。ここでは、対策の対象となる4つの特徴を紹介します。

キーワードを詰め込んだページ

キーワードを詰め込んで記事を上位表示させる「ブラックハット」的なコンテンツはパンダアップデートの対象となる可能性が高いです。キーワードに頼らずユーザーのニーズを満たすコンテンツを制作する必要があるでしょう。

複製コンテンツ

コピーコンテンツもパンダアップデートの対象となります。他のブログ記事をそのままコピーした記事や、コンテンツ内容が同じで少しだけ表現を変えた記事などが対象となるようです。

自動生成されたコンテンツ

ツールなどを活用して機械的に作成されたコンテンツは質の低い記事として判断され、パンダアップデートの対象となりがちです。近年Googleクローラーの精度は高まっているため、現在対象となっていなくても、そういったコンテンツは今後アップデートの対象となるでしょう。

価値のないコンテンツ

商品を販売することを目的としたコンテンツは、読者に対して価値がありません。そういったコンテンツは順位が下がります。

パンダアップデートの対策

パンダアップデートにおいてSEO順位変動があることは理解いただけたと思います。それでは、どのように対策すれば、アップデートの対象にならないのでしょうか。ここでは3つの対策方法を紹介します。

検索意図を意識したコンテンツを制作する

まずはユーザーの検索意図を満たすコンテンツを制作することが最優先です。そもそも、現在のSEOで上位表示させるためには、競合分析によって得られた結果をもとに、質の高い情報を提供する必要があります。

詳しくは以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
PVを向上させるための施策とは?基礎知識から改善方法まで解説! 「記事をたくさん執筆したのに、全く読んでもらえない」と悩んでいませんか?100記事以上公開しているはずなのに思うようにPV数が向上しないと悩んでいる担当者の方は多...

E-A-Tを意識したコンテンツ制作

専門的な情報を活用したコンテンツ制作も重要となります。特に、Googleが評価する「E-A-T」を満たすことは今後のコンテンツ制作において特に重要となるでしょう。

具体的には、専門家に記事を依頼したり、監修者をつけるなどの対策が必要になります。詳しくは別記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
記事監修とは?依頼方法や注意点、メリットなどを網羅的に解説! ブログ記事を執筆する際に、信頼性の高い記事を確保する方法として「記事監修」があります。記事監修を依頼することでコンテンツの質が担保され、より上位表示しやすい...

ページエクスペリエンスを高める

ページエクスペリエンスとは、記事のURLをSSL化することを指します。SSL化したページはセキュリティ的に信用度が高くなるため、Googleで上位表示されやすくなるのです。

基本的なことですが、上位表示されているサイトでもSSL化されていないケースが多いため、再度確認を行いましょう。

高品質な記事を制作するための方法

最後に、パンダアップデートによって対策を受けない質の高いコンテンツを制作する方法について紹介します。

  1. ユーザーニーズを意識したコンテンツ制作
  2. 専門用語を多用しない
  3. 図解やリストなどを活用し視覚的にわかりやすい記事を作成する

それぞれ詳しく解説していきます。

ユーザーニーズを意識したコンテンツ制作

低品質なコンテンツを制作すると、検索順位が下がってしまいます。「低品質コンテンツ」の最も大きな要因としてあげられるのが 「ユーザーニーズを満たしていない記事」でしょう。

前述したように、プログラムで作成されたコンテンツや情報が薄いコンテンツもそうですが、検索意図を無視した情報を網羅的に紹介している記事も低品質コンテンツとして判断されてしまうため、注意が必要です。

専門用語を多用しない

専門用語を活用してコンテンツを制作することは肝心ですが、専門的な内容がわかりづらい状態で記事化されていると、質の低い記事として判断されてしまいます。

そのため、初心者や中学生でもわかるような表現を活用しながら、読者がストレスなく読める記事を制作するよう心がけましょう

図解やリストなどを活用し視覚的にわかりやすい記事を作成する

コンテンツを構成する要素は文章だけではありません。画像やリスト、表などを活用することで視覚的に見やすい記事が仕上がります。また、Googleクローラーの精度はアップデートによって上がっており、画像にalt属性を設定することの重要度が高まりつつあります。

そのため、Googleとユーザーにとって質の高いコンテンツだと判断されるよう、意識的に対策を講じる必要があるでしょう。

まとめ

本記事では、2012年に導入されたパンダアップデートの概要やSEOにおける影響、対象となるサイトの特徴などを紹介しました。パンダアップデートの対策を講じることで、記事が上位表示される可能性を高められます。

もちろん、アップデートにのみ対策を講じることだけが良いわけではありませんが、アップデートの内容を正しく認識しながら記事を設計していくことは重要になります。本記事の内容も参考に、コンテンツ制作のあり方を考えてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の執筆者

目次
閉じる