【最新】SEOキーワードの最適な入れ方とは?検索上位に上げるための設定方法

SEOキーワードの入れ方は?

この記事ではSEO対策で最も重要といっても過言ではない「キーワード」の効果的な入れ方について解説します。Google検索エンジンにサイトの情報を正しく読み込んでもらうにはキーワードを正しく設定する必要があります。さっそくキーワードの設定方法を見ていきましょう!

SEOとキーワードの重要性

SEOとキーワードの重要性は冒頭でもふれたとおり、「Google」のクローラーがサイト内情報を収集しランキングする上でキーワードを参考に順位を付けています。そのためキーワードが設定されていないページコンテンツでは上位表示が難しく、いくら内容が素晴らしいものでも上位表示は困難といえます。

上位表示を目指したいキーワードをページ内に表示することでランキング上位に入りやすくなるのです。

SEOキーワード入れる「H1」タグと「タイトル」タグ

SEOで上位表示させたいキーワードを入れる場所は主に「Hタグ」があります。Hタグは見出しタグとも呼ばれ、サイトの目次のようなものです。

目次に上位表示したいキーワードを設定しておくことで検索エンジンにページ情報をより正しく伝えることができます。また、HタグのなかでもH1タグ、H2タグ、H3タグ・・・があります。Hタグでは数字が小さいH1タグが最も重要と判断され、H1タグにキーワードが含まれているかどうかがランキングで大きな要因になります。

さらにH1タグに加えて検索結果面に表示されるタイトルタグがありますが、このタイトルタグにもキーワードが入っているかどうかはH1同様に重要になります。タイトルタグの場合はSEOの順位視点だけではなく、クリック率にも影響するため検索されるキーワードを含めてクリックを促すコピーを設定する必要があります。

メタディスクリプションにキーワードは不要

メタディスクリプションは検索結果面に表示されるページの概要を表すタグです。メタディスクリプションを設定することでこのページにどのような情報が書かれてあるのか伝えることができます。

しかしメタディスクリプションは直接的なSEO要因にはならないためキーワードを含めることで上位表示に寄与するかというとやや別物になります。※1ページ目に入ってクリック率を向上する視点では間接的にSEOに影響している説もあります。

メタキーワードにキーワードは不要

メタキーワードとはそのページが何について、なんのテーマについて書かれているのかキーワードを設定する事で検索エンジンに情報を伝えるタグです。以前はメタキーワードもランキング要因でしたが2021年以降の現在はメタキーワードは未設定でもランキングに影響を及ぼしません。

本文中のキーワードの入れ方

さて、ここまではタイトルやHタグのキーワードの入れ方を紹介してきましたが、記事本文にもキーワードの設定は必要になります。本文中のキーワードは「共起語」とも呼ばれ「SEO」で上位表示したい場合、「SEO 内部施策」「SEO PV増やす」などSEOに関連するワードを同時に入れていくことでページ全体がSEOに関する情報について書かれたものだと検索エンジンに判断させることができます。

他にも「ダイエット」で狙う場合は本文中に「ダイエット 効果的」「ダイエット おすすめ」など関連しやすいワードを同時に本文中に入れることで上位表示がされやすくなります。

メタキーワードにキーワードは不要

SEOでキーワードを入れる際にポイントとして2つあり、「不自然にキーワードを詰め込まない」「キーワード出現率はページの3%以内にする」があります。
それでは見ていきましょう。

メタキーワードにキーワードは不要

SEO対策を行う場合、不自然なほどキーワードを詰め込んでしまうと逆効果になることがあります。例えば「SEO」で上位表示したい場合、「SEO対策とは内部SEO、外部SEO、コンテンツSEOからなりSEO対策を行うことでSEOの上位表示が可能です!SEOを実施するメリットはSEO対策は資産効果が高く・・・」など文章として読みにくいほどキーワードを入れると不自然な詰め込み方になりユーザー視点でもエンゲージメントが下がります。Googleの公式見解でも不自然なキーワードの詰め込みは順位を下げる要因であると」発表しているため注意しましょう。

キーワード出現率は3%以内

一般に1ページで上位表示させたいキーワードの含有量を3%以内に収めることで上位表示されやすいと言われています。これはGoogleがキーワードの詰め込みを防止してユーザーの利便性を高める目的でどうゆうされていると推測できます。3%を超える不自然なキーワードの詰め込みは注意しましょう。

関連サジェストワードを意識してキーワードを入れる

関連サジェストとはキーワードを検索した際に表示される語句であり、そのキーワードを検索した際にほかのユーザーはこのようなキーワードで検索していますよと提案してくれる便利機能になっています。関連サジェストワードを意識してそのコンテンツテーマにマッチしたキーワードを含めていくことでページの情報の網羅性が上がります。

例えば「SEO」と検索した時に関連サジェストワードで「SEOとは」「SEOやり方」「SEO 費用」が出てきた場合はユーザーがSEOで検索した時他にもこのようなキーワードで検索していることが分かります。「SEOとは」「SEOやり方」といったキーワードをページ内に入れていくことでより検索エンジンがページ情報を認識する際の指標になるため積極的に入れていきましょう。ただし詰め込みは順位を下げる要因になります。

まとめ|SEOキーワードの入れ方は?

本記事ではSEOキーワードの入れ方について紹介させて頂きました。SEOキーワードはHタグやタイトルタグに設定することでランキング上位にはいりやすくなります。また本文中にもキーワードを共起語とともに設定するで検索エンジンに正しくページ情報を評価してもらうことが可能です。

是非、自分のブログでもSEOキーワードを設定してみてください!

おすすめの記事